おるがにすと・クロニクル Chronicle of an Organist

momokokubu.exblog.jp
ブログトップ

モーツァルトのコンサートin Brussels

e0203829_18144783.jpg


レオポルド・モーツァルトはヴァイオリンの教本で知られています。現在でもオリジナル・ヴァージョン(仏語の手稿譜)が入手できるということは今でも需要があるということで、ヴァイオリニストの友達で娘のヴァイオリンの先生、アントワン・メゾンオート氏によると「基本中の基本。いつでもひもといて調べるべき教本」ということ。それも古楽器としてのヴァイオリンではなく、普通のモダン式のヴァイオリンで使うのだから、「ヴァイオリン演奏の現在」に向かって、バロックの基礎を集大成したようなものなのかな、と門外漢の私は理解しています。

細部もすみずみまで整えて演奏するという気構えが、内容からは伺えるのですが、

「この人が自分のパパだったら、…どうなの?」

という発想のもとに、

「う〜ん、パパ、なんて言ったらいいかしら Ah, vous direz-je Papa

と題して、モーツァルト一家の音楽旅行についてのナレーション付き、家族向けコンサートが来週の日曜日にブリュッセルであります。

地下鉄モンゴメリー駅近くの、聖パウルスというドイツ人教会の子供合唱団を中心に企画したものですが、数年前にバロックアンサンブルと一緒にチェンバロを弾いたご縁で企画に参加し、今度はピアノフォルテを弾かせてもらうことに。

昨年、ここでのファミリーコンサート第1弾は「アンナ・マグダレーナ・バッハの練習帳」を巡る、バッハ一家の物語、というでチェンバロ中心だったらしいので、こんどは時代もロココ・古典なので、楽器を変えてみよう、ということになったのです。

ドイツ人の親子連れがほとんどを占めることになるので、ナレーションも全てドイツ語…私は仏語で会話させてもらっていますが、喋れたらいいのになあ、と憧れます。

最初にロココという時代背景のナレーションがあったあと、オルガンでモーツァルト(アマデウス)の時計のためのアンダンテKV616。教会のオルガンで「触り」だけ弾きます。そのあとまたナレーションがあって、ヴァイオリンのアントワンが羽ペンを持って登場し、レオポルドのように作曲(の振り)。実際には、彼は現代ものを中心に演奏するカルテットの第1ヴァイオリンをやっているので、ふだんの譜面はすべてiPad。かつらこそかぶりませんが、ギャップを楽しめそうです…。

それから演奏会の「もじり題名」の出典になった、”Ah, vous direz-je Maman”のヴァリエーションKV264をピアノと合唱で。
これは、フォルテピアノで弾くと楽し〜〜〜いい!です058.gif
(「きらきら星変奏曲」です)

そして合唱とオルガンのあと、ヴァイオリン・ソナタホ短調KV304。全2楽章の小さな作品ですが、

「ああ、そういえば耳にしたことがある…」

と思う人も多いと思われる、有名な曲。
第2楽章はメニュエットなのですが、ロココ時代のメニュエットってどういう速さかな?バロックより遅くロマンティックより速いかな?などといろいろやっているとリハーサルの時間はあっという間に過ぎてしまいました(けんかの種にもなるんだなこういうのが一番…)。アントワンとモーツァルトを弾くのは初めてなので、レオポルドの教本をひもときつつ「トリルは上の音から?」などの話から、こまかく練習しました。

最後にはレオポルド作といわれてきた、「おもちゃ交響曲」の第1楽章。
わたしのピアノ生徒のこどもたちにも「おもちゃ打楽器」で登場してもらうことになっています。

(トライアングルは三角なので、写真で見るとフリーメイソンみたいですが…)

音楽部分はいろいろ楽しいものを用意しましたが、ナレーションの中で、当時の劣悪な旅の環境のことに言及したり、
「諸侯は可愛い髪飾りやお菓子こそ競ってプレゼントしたがったが、なかなか金銭を支払ってはくれず、子供ふたりと父の生活は困窮した…」
とか、
「一日に4つものサロンを回って演奏会をする日もあったが、幼いアマデウスはコンサートの途中にこっそりいなくなって、子供部屋でゆり木馬に乗っていた」
などの話を聞くと、モーツァルト家に生まれたことは幸運だったのか不運だったのか…と心が痛んでしまうのでした。

私たち演奏するオトナも、タイムマシーンに乗って新鮮な目で譜面を見直すことができる、こんな機会は貴重です。子供たちのためにこうしたコンサートを熱心に企画する人たちがいる環境に、感謝したい。

001.gif

ブリュッセルにいらっしゃる方、ご家族ご一緒の方、よろしかったら聴きにいらして下さいね!
小さな教会ですがまだ少し席があります。

e0203829_21131499.jpg


にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村
[PR]
# by momoyokokubu | 2013-05-28 21:15 | Concerts

レコード芸術6月号特選盤のニュース | Critique du Bach in d-Moll

056.gifTraduction de la critique en français en bas de la page↓

e0203829_6415469.jpg



悩みの多い今日この頃、ベルギーには梅雨はないはずなのにしとしと雨の降る中、d-MollのCDがレコード芸術6月号の特選盤に選出されたという素晴らしいニュースをお知らせ下さったマーキュリーのMさん、武蔵野の演奏会からずっとお世話になり、本当にありがとうございました。
演奏会に来て下さった皆さん、CDを購入して下さった皆さん、お祈りして下さっている皆さんにも、心からお礼を申し上げます。

人生の曲がり角に立って足がうまく動かない日々、このレコード評のことばが身に染みました。なぜ音楽をやっているのか…教えること、教会で弾くこと、全てのことに差し置いて私がやりたいことは、音符の羅列の前に自分を置いて、心に音を思い描きながら鍵盤に身を任せることです。

それが楽しいと思えないぐらい生活が立て込んでくるたびに、もういちど心を洗う時間を探さなければならない。子供の頃、6月の誕生日の季節はよく大雨が降り、ひざまで水につかりながら学校から帰りました。午後あるはずだった試験も延期。体操着を忘れた午後の授業もなしになって…私にとってはいろいろな「ぐちゃぐちゃ」が悪天候で「ちゃら」になるラッキーが6月には必要な人生…

このCDも可愛い可愛い音楽上の娘ですけれど、自分以上のコドモが生まれてくるはずもなく、「あいかわらずさらけだしてるなあ…」とあとから聴くと思います。そんな中で、私には

「このマグニフィカトをこのオルガンで、今の時期に弾かせてもらえて、人生にありがとう」

と思うことの出来た、ドリアン以外の調ではあり得ないBWV733。

最初にプログラミングしたときこの作品がこのCDの中心を締める役割になるとはわかっていませんでした。

カトリック教会におけるマリア像とは少し違う、バッハによる、「私の魂は神を賛美します。」と言ったマリアの姿。こんなにも共感できる音楽が一体今どこにあるのだろうか?

と、いうのは個人的な感想で、音楽はとにかく素晴らしいです。
(後半に違った流れを持っていった武蔵野の演奏会では弾けなかった作品ですが…)

評の中でそのことに少し触れられていたことが、ほんとうにほんとうに嬉しかったです。
そんなことが伝わるんだということが。
音楽で心が伝えられるのだということが。

(演奏家のくせにすみません)

e0203829_7165727.jpg

(少し大きく出来たでしょうか↑)



056.gifUn grand prix de recommandation dans le magazine Record Geijyutsu juin 2013

・Par Jiro Hamada
Les six sonates en trio sont considérées comme des chef-d'œuvre, et sont écrites dans les tonalités de Mib majeur, Do mineur, Do majeur, Ré mineur, Mi mineur et Sol majeur.
Le projet de Momoyo est de jouer les six sonates en choisissant un orgue qui convient particulièrement à chaque sonate. Ce projet, qui nous apparaît comme inaccessible, se réalise pour Momoyo, une organiste qui a de la chance et beaucoup d'enthousiasme.
Elle habite à Bruxelles, et fait une belle carrière en Europe. Elle a déjà réalisé deux CDs de ce projet (mi mineur et do mineur) et ce CD est le troisième.
Comme les deux précédents CDs, le programme, construit avec des œuvres de la tonalité titre du CD, est varié de quelques œuvres écrites dans les tons voisins.
Le CD commence par la pastorale en Fa majeur, et est suivie du concerto en ré mineur de Vivaldi arrangé par Bach. La sonate en trio est encadrée de deux petites pièces, puis viennent les très populaires petite fugue en sol mineur, et la toccata et fugue en ré mineur comme conclusion. Le choix des pièces est très bien ficelé, et son interprétation est un modèle dans le meilleur sens du terme : bien équilibrée, de la grande classe. Je le recommande de façon très sereine.

・Par Tsutomu Natsuda
Momoyo Kokubu est une organiste active en Europe, et habitant Bruxelles. Elle produit une série où chacune des six sonates en trio de Bach est mise en évidence, par un programme construit dans la même tonalité que la sonate.
Cette fois, il s'agit de la sonate no 3 en ré mineur.
Elle utilise chaque fois des orgues différents : cette fois-ci, il s'agit de l'orgue de Jurgen Arhend de San Simpliciano à Milan.
Arhend est un des meilleurs restaurateurs d'orgues historiques, et l'orgue en question a été construit neuf en 1991 avec tout son savoir-faire.
Ce n'est pas une copie d'un instrument précis, mais il est construit dans le style allemand baroque : la particularité de cet instrument est que la sonorité de chacune des parties de l'orgue (werk) est bien séparée, et le timbre est rafraîchissant.
Il semble que cet instrument de Milan fasse aussi l'objet d'un enregistrement de l'intégrale de l'œuvre de JS Bach (Deutsche Harmonia Mundi)par des différents organistes, mais est-ce terminé?
Pour en revenir à l'interprétation de Kokubu, le tempo est en général plutôt calme (est-ce à cause de la grande acoustique de l'église? Peut-être). Dans certaines pièces, il n'y a pas de virtuosité excessive ni de tension trop dramatique, mais elle traite l'orgue et la sonorité de chaque note avec un tel soin que le charme des œuvres et de l'instrument sont à l'honneur. En particulier, le Magnificat et les chorals sont joués avec un sentiment de prière profonde : c'est vraiment magnifique.
La sonate en trio no3 est jouée avec un tempo généralement plutôt lent et avec des registrations veloutées, et donnent l'impression de marcher sur un nuage.
Le CD réunit aussi la petite fugue en sol mineur et la célèbre toccata et fugue en ré mineur. C'est pourquoi je recommande ce CD aussi aux néophytes.

・Par Yoshiyuki Ishida
(Critique technique d'enregistrement)
Il s'agit d'un enregistrement par sessions en octobre 2011. L'acoustique est très riche et fait sentir le grand espace et l'air d'une église en pierre, mais malgré cela, la brillance de l'orgue est entendue sans être confuse. Cette ambiance naturelle de l'enregistrement a certainement été obtenue grâce à un décalage du temps bien dosé, qui sans doute fut réalisé par deux micros. On n'entend presque pas de bruits extérieurs, sauf dans les parties douces (bruits de soufflerie). Cote technique d'enregistrement : 90/100.
e0203829_6361732.jpg
e0203829_6343265.jpg


にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村
[PR]
# by momoyokokubu | 2013-05-21 07:07

脇役な午後

e0203829_03168.jpg



もし、日本に住んで、日本人の家族や友達に囲まれて生きていたら…

そんなことを今回の帰国のあと考えました。

(ホームシック?)

ブリュッセルに住んでいると、いつまでもいつまでも「旅行で来ているんだよね」的な気持ちが抜けないのは確かです(18年も住んでいても)。町が古めかしいせいなのか、旅行者がたくさんに町にいるので、心理的に同化してしまうのか、どうかわからないけれど。

フランス語が上手になったね、と人に言ってもらえるようになった昨今でも、家族が「まくしたてて」いるとなんのこっちゃわからん状態。

夫がまくしたてているのは、はっきり言って見たことがないので、もちろんまくしたてているのは娘ですが026.gif



きょうは、ランディドルグの演奏会のあと、教会のそばでランチせずにそのまま帰って来て家にいたら、「ウィンドショッピングの約束は〜?」と娘から携帯メッセージ。

約束したかなあ…?と思い出せず、でも謝って、学校のあと教会の方(繁華街なので、ショッピングもできる。)に行ってしまった娘に帰ってくるように言うと、そのあと夫の携帯にメッセージがあって、「今から帰るけど、ご飯食べてない」と(なぜか夫に)。

「オッケー!」と、そのまま夫はおつかいに行き、「いっぱい食べるからねえあの子は〜」と言いながらたくさんご飯を作っている(嬉しそうだな)。

ゆでたポテトに、大きなソーセージ二つに、お野菜…

娘が帰って来て、お皿いっぱいの昼ご飯をゆっくり食べながら、もう1時間位夫と喋っている。

私がいない日のふたりの生活みたいなものがかいま見れる会話を、脇で「ふうん」と思いながら見ていると、

「私ってやっぱり(お母さんだから?)心が狭いわね〜」

という感慨がわいてきました042.gif


娘の話すことに対する夫の応対や、話のひろがりかたが、なんといえばいいかわからないのですが随分違うし、途中で「?なんの話になったんだろう?」とわからなくなるような話にもなっていきます(言語的なこともあるけれど、つまり私にはついていけない流れというか)。



こういうふうに脇役として部屋のすみっこでネコと座っている時間、まあ、無視されて寂しいというわけではないので、口をはさまないというのも、まったく無責任にしていられて気持ち良いなあと思います。

家を切り盛りしている気持ちになると、責任がのしかかるというか、やはりせかせかして心が狭くなり、娘も小食になってしまう…?

いま娘ははっきりいって二人分ぐらいのごはんを全部食べ終わりました…

私いつもそんなにたくさん作ってあげてない…

「いるんだけどいない技」

行使中…
というか、

「お母さん業」

から脱皮しやすいかもしれない…、ベルギーでの、きょうこのごろ。











にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村



035.gif

035.gif
[PR]
# by momoyokokubu | 2013-05-13 23:19 | 家族生活

仕事部屋

e0203829_325584.jpg


音楽の仕事部屋=「音楽室」なので、ここでの仕事部屋は「ただの事務部屋」のこと。

机があって、本類・紙類が、たくさんあるところ。

そう言う場所が今までは楽器の真横とかだったのですが、それだと練習している人がいるとうるさいしお互い困るので、紙類の部屋を別に分けました。

楽譜の引っ越しは大変でしたが、ようやく本棚も出来て、片付いてきたこのごろです(やりはじめてもう6ヶ月)。

その部屋の隅に、おりたたんだ布団を置いて、「くつろぎコーナー」を作ったのは、ただ気分的な満足のためだった、ということに、いまさらながら気づきました。

この6ヶ月で1回しか座らなかった…。

机に向かってメールを書いたり、譜面を集めたり、紙類をさばいているとそのコーナーが目の隅に認められて、あ、終わったらそこに行ってすわろう、と思うこともあるのに、そんな時間はいつまでたっても訪れず。

で、きょうは、ネコがしっかり利用していたので、

「その場所は、ねこのために準備したんじゃない。ねこが起きたら、今日はそこにすわろう。」

と決めました。


そこに座って何をするかと言うと、いろいろ将来の企画などが部屋中に充満している場所でもあるし、何かこれからやりたいこと、の箇条書きとか、してみようかなと思います。地面に座り込むと気持ちがゆったりしそうです。机に向かう時は、不思議な感じの「人間工学椅子(?)」という膝を載せるところがついていて背もたれのない椅子なのでどうしても「さっさか」仕事をしてしまうし…

埋蔵されていた心を発掘するような、わくわく感が盛り上がってきました。
期限のないこともたまには思い描きたい060.gif








にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村



035.gif

035.gif
[PR]
# by momoyokokubu | 2013-05-01 04:46 | 家族生活

普通の毎日

日本に15日滞在して、そのうち8日間は、それぞれ離れた地域で3回演奏会があり、少しずつ違うプログラムを演奏し、懐かしく心がじわっと来るような再会や、メールのみでやりとりのあった方たちとの初めての嬉しい出会いがありました。

その中で、実家の家族にもお世話になりつつ毎日一緒に暮らし、久しぶりの教会も練習で何度も通わせてもらい、親しみのある人たちとはぎゅっと凝縮した時間を過ごして、一番時間をかけて企画した自主演奏会が終了した次の日にはブリュッセルに舞い戻ってしまったので、なんだか、すべては夢の中のようでした。

次の演奏会の準備をしつつ、奏楽の仕事もピアノとオルガンのレッスンも再開して、また普通の生活が始まりました。初めの1週間は時差ぼけ的ボケもかましつつ(教会でミサを弾いているとき、グローリアのページが見つからなくて見事飛ばしたり。←神父さんはあきらめて朗読してました)。

私の次の演奏会は月曜日の昼、フィニステール教会でメンデルスゾーンのプログラムです。

夫は明日からドイツで、月曜日の夜、ジョンゲンのプログラムです。

今日は、わたしの「名付け子」で、パーカッションを習っているJ君(12歳)が泊まりに来たので、早速6月2日の演奏会の「おもちゃ交響曲」一楽章をみんなでさらいました。ドイツ語圏の子供向けに、「モーツァルト父子の旅」というナレーション付きのコンサートを企画していて、私はピアノフォルテという昔のピアノを弾きますが、「おもちゃ交響曲」(実は、レオポルド・モーツァルトの作ではないのですが)では太鼓とか、トライアングルとか、おもちゃっぽい楽器が「ちゃっちゃっ」と合いの手を入れるのを、私の周辺の子供たち5人(ピアノの生徒とか、…)に弾いてもらうため、その曲の打楽器類パートはわたしがウラで仕切るのです(そういうのを「指揮」とも言うが、私のやっているのはもっと「こどもだまし」なもの。だまされて弾いてくれる子供たち、可愛い。)

みんなで楽器を持ってピアノの周りに集まり、楽譜を肩を寄せ合って読んで行くと(第一ヴァイオリンはプロの人なので今日の「下練習」は来ず、夫がピアノで足りないパートを弾いていた)、私も老眼が始まったことが顕著にわかります(子供たちは見えるのに私は見えん!)。

それにしてもトライアングル、2小節の間つづけてなめらかに弾くのとかって、難しいのね。

第2ヴァイオリンパートの娘は、練習のあと、ひとりずっとメンデルスゾーンの協奏曲の「いいとこ」(のみ。ダイジェスト?!)を弾いていた。先週は日本でバッハとかバロックものにどっぷり浸っていたのに、いま家の中にはロマンティックもの(モーツァルトはクラシックだけど…)の音がずっと聴こえている。

自分のうちで良いことがあるとしたら、隣近所との暗黙の了解で、朝9時ー夜10時の音出しでは壁を叩かれないとわかっているという状況の中で、鍵盤楽器が家の中には3台あって、最悪の場合でも家が縦に細長いため3つの階で同時に練習できること。

そして、練習の合間に、好きなときに食べたり飲んだり出来ることだなあ、としみじみ思いました。

これ以上の環境を望めば、ばちが、あたりますね。

(それはそうと「ばち」、って何のことでしょう?
昔、弟が「バッチが当たるの?」と訊いたっけ。
たいこの「ばち」だったら、痛そうだわ〜。)

でも、バチ当たりなことに、

(…今自動変換で、バチ当たり=罰当たり、って出ました!バツのことだったんですね〜)

私たちには「小さいパイプオルガンと一緒に住みたい」という夢もあるんですけど…

それはいますぐの夢ではないし、やっと初夏ともいえる季節に入りつつあり、教会に出掛けて練習するのも楽しい今日この頃です。

私たちには、

音楽室と
台所と
教会

があれば、普通の生活が営める


ということです。


演奏会で旅をするのが非日常なら、そこには音楽室の代わりになる場所と、台所の代わりになる場所と、中に入れてもらえる教会が、確かにあった。これからの季節、よそに演奏しに行く機会は増えますが、普段からこの3つを意識的に「大事」にしたいです。

そういえば、だいじ、っておおきいこと、という字なんですね…。


小さい熟れたアボカドを、朝ご飯のトーストに載せて食べるのが幸せな、普通の初夏の日。

e0203829_431266.jpg

(普通感を出したかったので「そのまんま」な写真で失礼します…)


にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村



035.gif

035.gif
[PR]
# by momoyokokubu | 2013-04-27 05:17 | ひとりごと