おるがにすと・クロニクル Chronicle of an Organist

momokokubu.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

現代作品のオルガン演奏会

ジャン=ピエール・ドゥルーズJean-Pierre Deleuzeの「4つの俳句によるエヴォカシオン」から抜粋の2曲を含むプログラムで、きょうのランディ・ドルグLundi d'Orgueコンサートを弾きました。

e0203829_0395288.jpg

e0203829_0382354.jpg


ベリギー人、ドゥルーズの「4つの俳句」は、札幌キタラホールの第6代専属オルガニストだった(やはりベルギー人の)ジャン=フィリップ・メルカルトさんが、2004年に委託し、キタラで世界初演された作品。

2007年にはQuatre Haïku : Évocations Poétiques pour Orgueという題で、ブリュッセルのCebedemから出版されましたが、こちらの第2曲目は当時の作品より長い新しいヴァージョンになっています。

昨年、私は印刷された版を持っていなかったので、手稿譜のオリジナル・ヴァージョンでその第2曲目を弾きました。その時は演奏会の数日前に「こっちが最終版なの。」と言われて印刷された版を渡されたけれどすぐには弾けず、今年、リベンジ。と思い練習していました。でも、先週になって、ドゥルーズ氏は今日の演奏会には来られないということになってしまいました。ところが、よく考えてみると、最終稿のヴァージョンは世界初演になります。作曲家が来てくれないと「お祝い」にならないので(折角なのにもったいないので)、第2曲は別の機会に弾くことになり、急遽第1曲と第3曲を弾くことにしました。

正岡子規の「鴛鴦(おしどり)の羽に薄雪つもる静けさよ」

与謝蕪村の「霜百里船中に我月を領す」
の2曲です。

プログラムのその他の作品は、現代曲を生かすために、不協和音が日常言語に聴こえるように組んでみようと決めていました。演奏会の最初は仙台でも弾いたベルギーのバロックの作曲家の作品なのですが(このシャコンヌ大好き)、内容が進むにつれ、「住んでいる世界が湾曲して時空が歪んでゆく」という流れのプログラム。

俳句が冬のものふたつになってしまったので、途中で「赤とんぼ」のテーマで即興することにしました。変ホ長調の、ゆうやけこやけのあかとんぼ。お客さんは「美しいメロディーねえ〜!」と感心していました。オルガンの様々なレジストレーションに載せて、この聞き慣れたはずの旋律を弾いていると、音楽としての可能性が随分あるなあ、とわかりました。こうすると決めていた訳ではないのですが、途中から即興がお祭り風になってきたりして、自分でも意外でした。

それにしても、「こやけ〜の」と「あかと」のところの音符、歌うのすっごく難しくないですか042.gifこれ子供たちも歌ってるんですよね!なんかすごい。

アルペジオみたいになったあげく、6度急降下。ペダルで主旋律を取ってみたら、飛ぶので思いがけず難しくてびっくりしてしまいました。日本の旋律を再発見…。

ドゥルーズさんも好きだと言うメシアンとラングレも、ルーツがわかるかな、と思って入れました。

ラングレでは、思いっきり半音階の和声で「へろへろ」な方向に行ってしまうのにも拘らず、フーガです。だから時間的な構築はしっかり規制されていて、不協和音も「普通の5−3の和音」を弾く手つきでをきゅっきゅっと入って行く。そういうアプローチだと、優しい普通のタッチなのに、どんどん不協和音という「(重いはずの)緞帳のひだひだの奥の方」まですううーっと開けて入って行けるような、不思議な力が与えられたような感じが味わえました。

最後は簡単に一息で終結する、軽いけれどメロディックなフレンチ・トッカータにしました。

チャレンジングで、楽しい、演奏会だったけれど、準備が大変でした。どうやって弾くか、まだ一般論がまったくない譜面。ある意味自由なのですが音の練習と曲想の模索が同時に続く。俳句の第2曲もひき続き練習したい(大祇の「白雨(ゆうだち)のすは来る音よ森の上」)。最後の第4曲(松尾芭蕉の「荒海や佐渡に横たふ天河」)も来年は弾きたいです。津波を彷彿とさせる、怖いような曲。

これからずっとピアノの上に置いておいて、ずっと練習していかないといけない、というか、もっとこれからも使って行ける、「お楽しみはこれから」な、楽譜。演奏会が終わっても、まだまだ私の中では終わらないタイプの演奏会、それが現代物を含む演奏会です。

(ドゥルーズさんは日本のテーマだけでなく、透明感のある不協和音の使い方のフランスの系譜。印象派が北斎にも影響を受けているのなら、日本の様式もある種の透明感に通じているのでしょうか。彼は、更に宗教的な感覚も入っています。この秋、演奏会ふたつで歌唱の作品を聴けるので、楽しみ。)







にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村



035.gif

035.gif
[PR]
by momoyokokubu | 2012-09-25 01:51 | 鍵盤楽器

オルガン演奏と体力の関係

7月27日(金)講習会第2日目(その1)

(のレポートを書こうとしているのですが、余談があまりに長いので題名変更しました)

6時半に起きて、何が嬉しいかというと7時にもう温泉に入れること。昨晩の猿の話ではないけれど、自分がおさるさんになったような気分でお風呂につかりました。サル年の自分にとって、一年に一回温泉に入れる年は幸せな年。

余談ですが、体重計があったので乗ってみたら、体重が普通と同じでした。

このことは実は不思議なことです。

演奏会の日のあとは1キロ減っているのが習慣。夜遅く食事しても、演奏会でちゃんと「ガソリンを消費」した証拠が出ます。なのに仙台では、初めてその記録を破った!

前日から宴会をして。
朝ご飯もお弁当も充実して。
その上で演奏会後の宴会、お酒も飲む。

この3日がかりの栄養補給で演奏会のエネルギーが「身を削らなくとも」供給できたのだ。

今まで国際コンクールに6回出場しながら、折角行った決勝で「もう家に帰りたい。」とやる気が持続しなかった自分。体内のアドレナリンが、準決勝で使い果たされてしまう。決勝の朝、「ええ〜弾きたくない」状態になる、あのいやな気分。2000年のマーストリヒト決勝で、ザットマリー先生には「準決勝良かったからせっかく奥さん呼んだのに〜」と言われてしまったぐらい、良い演奏が出来ない。このあと制限年齢にもなり、コンクールには出ていません。

30台のころにもう少し体のことを考えていれば、もうちょっとましなコンクール体験になったのかどうか?まあ、万全でも「与えられる結果」は変わらなかった、ということは大いにあり得ますが、自分の気持ちの満足するように最後まで弾ききれなかったのは、やはり貧血とか、体力温存の仕方がわかってなかったとか、いろいろあったのだと思います。

その後も、演奏会のあとには必ず体重が1キロ減る。それを1週間ぐらいでもとに戻す。というのが「普通」だと思っていたので「そんなにたくさん演奏会したら死ぬわ〜。」とどこかで感じていました。

でも、仙台の夜の演奏会は、実に会心の演奏だったではないですか(そうなんですよ)。
それで体重も減ってない。
このふたつのことにはなにか関連があるはずだ。

この件、実はこの夏1か月の間、随分ひっかかっていたのです。

オルガンコンクールをやっている皆さんにもぜひ一考してみてもらいたい。
やせてて体力の万全でない状態でコンクールをやるのは音楽のためにならないのではないか、ということを。

太れば良いということではないのですが、オルガンの問題は:

1。音がでかい。(耳も頭も消耗する)
2。本番直前の練習時間が死ぬほど凝縮している。(練習してあっても、鍵盤交代や音色、ストップ操作を整えるのに手間ひまかかり、3時間X2回の練習で1時間の演奏プログラムならぎりぎり)
3。本番も、鍵盤交代、ストップ操作を頭に入れつつ弾くので、恐ろしく集中する。(楽譜を暗譜してる人はそこで余裕が生まれますが、普通はオルガニストは譜面を見て弾く。レジストレーションを書き込むので)
4。知らない人と息を合わせながら弾くので気を使う。(アシスタントの方と密着しがちなので)
5。5声のフーガとか、複雑であったり、内容が重いことが多々ある。(受難節系の内容とか)

などがあります。本番前にも結構家から出掛けて教会に通いつつ練習するなど、なかなか活動的であることを要求される。教会に行けば(事情を知らない堂守などに怒られたり鍵がなかったり)まあいろいろ精神的にも厳しい。

ひとりで弾く楽器だし、自由で楽しい音楽生活のようですが、これは体力のいる楽器です。

パイプオルガンを始める人は腹筋体操(ベンチから落ちないため)と柔軟体操(足をつらせないため)を同時に薦められることが多いです。オルガンを弾き慣れてくると、そこまで準備体操は必要なくなってきますが、演奏会を控えている場合、練習しすぎたあとのストレッチと、三食きちんと食べる、これを私は提唱したい。三食食べる、ではなく、「きちんと食べる」です。

その重要性が今回、仙台で実証されたと思います。

ストレッチの件は、四十肩になって以来、ピラティスで改善したのを維持したいので、ブリュッセルから仙台に飛ぼうとも、ヨガマットは持参しました。トランクが小さいので半分に切ったけど、こういうのがあるとこまめにやりたくなるものです。
でも、

「食欲が出ないなあ〜」

ということの件についてはあまり深く考えてこなかった気がします。
練習すればするほど体力を使うのに、なぜか食欲は無くなって行きます。
純粋なスポーツと違って、わっとおなかがすかないというか、演奏のことばかりに頭が行って気もそぞろになるのだと思います。

ところが仙台では、よくある「はい、これがオルガンの鍵です。明日の一時の講習会でお会いしましょう」という待遇の真逆であった。(詳細は前日、前々日の記事参照)

知らない町で、ホテルは朝食込みでなく、「昼食、夕食も個人で食べておいて下さい」という場合、「わあーい一人旅!」という愉快さはもちろんありますが、演奏会には向かない、ということです。

どこで何がいくらぐらいで食べられるのか、練習時間が食事時間とかち合ってしまった場合、変な時間に食事出来るところはあるのか、…それが無理でお弁当を買って来たとしても教会の堂内ではさすがに食べられないから食べる場所がないけど、ホテルは遠い、など。そして、まあ、楽譜なんか読みながらもそもそ食べるから半分しか食べられなかったり。

20台のころはサンドイッチの立ち食いして、走ってそのまま練習に戻ってもピンピンしてましたが、折角演奏に深みの出てくる30台になってちゃんとごはんを食べられず良い演奏ができないとしたら本末転倒です。それでも、信仰をはき違えるというか、教会に携わっていると、食事も貧しくするのが良いとなんとなく思ったりして、ごはんを抜いても「駄目なんじゃない?」という心の声は案外聞こえてこない。

また、芸術なんて趣味の延長なんだから経済価値は低いのかもしれない、とどこかで感じてしまうために、寝食のことは祖末にあつかったり。

ただ、練習をそんなにしない季節もあって、その間はよく寝てよく食べられるのでしっかり肥えることもあります。しかし演奏会の季節にその体力をうまく流用できるかといえば違うみたいです。その日のエネルギーはその日供給する必要がある。このことも、貧血気味で、毎日鉄分を朝一番に飲む自分は実感できていたはずなのですが(毎日少量摂取しなければダメらしい)、仙台では毎日毎日心も充足したけれど食卓も素晴らしかった。そのお陰で演奏も1時間しっかり出来て体重も減らなかった。

これから、中年太りで体はどんどん「プヨプヨ」になって行くとは思うのですがそうした「見た目」のことは別として、どうやって健康で、良い演奏をしつづけていくのか、まじめに考えさせられた大きな体験となりました。

自分は未熟で良い演奏が「まだ」できない、と考えているオルガニストのみなさんに、「ちゃんとごはんたべてますか〜」と訊いてみたい。わたしも夜中の10時から録音し始めて、朝の6時にうまく弾けないときにはさすがに「自分はまだダメだなあ〜」とは思わなくなった(以前はあらゆることは「まだ」ダメなんだとつい思っていたと思う)。けれども自分が「自分の子供」だったら、どういう練習の一日を過ごさせるのが理想的か?と自分から少し離れて「重要な件として」考えてみたりすることも、無駄ではないと思います。

ただ、あまりに条件をつけすぎて、外から見て「演奏家は贅沢でわがままだなあ〜」と思われないようにしなければなりません。オルガニストはいかなるときもクールに、動揺、不満、哀しみを心に秘め、…

…このつづきは、知る人ぞ知るぐうたらオルガン入門を参照して下さい。(セシリアさんに紹介してもらって昨日初めて読みました。なかなか正しくて、最高に可笑しい。「名古屋オルガンぐうたら会議」も、この文献に基づく会議のことだったらしい。)

工夫して、心からの「良い演奏」をガソリン満タンで行うこと。
そして、皆様に
「そうかそうか、そのためのわがままであったか、それならばよしとしよう」
と納得していただく。

常にこれを目指し、これから頑張ってみようと思います。
と、いうわけで仙台講習会2日目のレポートは次回。

実は演奏会準備中なので、次いつ書けるかわからないのですが…
本当は仙台のこと全部書き終えてすっきりして練習行く予定だったんですが…
まあ、気がかりだった件について書けたので、納得できました(自分のために書いてるなあ)。

練習、行ってきま〜す!

にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村



035.gif

035.gif
[PR]
by momoyokokubu | 2012-09-19 19:40 | 鍵盤楽器

東北のオルガニスト(3)

7月26日(木)のできごと、そのつづき。

(現在は9月17日なので、夏にあったいろいろな出来事についてもようやく振り返れるかと思われる落ち着いた秋が到来。わたしもそこらへんでばたばたしていないで原稿に向かおうと思い立ったので、日記をひもときつつ、7月26日の暑い最中へ心は戻りたいと思います043.gif

演奏会が終わったあと明日の講演の続きの心配もあるのですが、まずはごはんを食べに。
再びセシリアさんの予約で自然派ワインと炭火ビストロの店Noteへ。

教会からお喋りしながら歩いて行ったのですが、ここで私もたくさんのオルガニストの方と自己紹介などできました。講演のあとグループにわかれてレッスンがあったのですが、そのアトリエを教えた先生たちと参加者の皆さん。

お店は道からテラスのような小さな中庭を通って中に入ります。
フレンチ、と聞いていたけれど、ノート、は覚え書きとか書き留めるためのノートとかの意味の他に「音符」と言う意味もあるので、ブルー・ノートのジャズの雰囲気も感じられるのかな、というのが第一印象でした。

席についたら、フランスのビストロみたいに「今の季節おいしいものだけがちゃんと揃っている」ということがわかり、食べる前から期待感でみんな盛り上がりました!

そして各種のパテ、野菜のチャツネ、酢漬け、ゆでいものつぶしたの…これは普通のポテトサラダのように見えるのですが、煮たタマネギでも加えたのか野菜の甘みが入っていて

「どうしてこれおいしいのかしら!」

と何回も口に運んでしまう不思議なおいしさでした。

e0203829_1235236.jpg


テーブルに座った9人のうち「飲みます!」と手を挙げた6人で、白を一本、赤を一本開けたのですが、白がすでに美味しくて変えるか変えないか迷うぐらいでした。ベルギーだったらきっと変えないでもう一本同じのを、という方向に進んでいたと思うのですが、ここはたまにしか来られない日本。わたしはお肉が出たところで「この店はどんな赤があるのか!」知りたいばかりに赤も一本頼むことにしたのです。

e0203829_1245730.jpg


おいしい料理とおいしいお酒のお陰で、知り合いになったオルガニストの皆さんのお名前を忘れてしまいました、ということのないように、手帳の一日ページに昔懐かしい「サイン帳」をみなさんに書いて下さい!と図々しくお願い出来たのも、酔っぱらっていたからでしょうか。

高瀬佳子さん。以前からセシリアさんの名前でヴァーチャルなおつきあいのみさせていただいていたのですが、こうしてお食事の席では隣に座っていろいろ話せました。子育てをしながらお仕事を持ちながらオルガンの勉強を続けていらっしゃいます。「またいらしてくださいね!」と書いてくれましたが、仙台のオルガン界の「お母さん」のような方にお見受けしました。

小野なおみさん。竹佐古さんが「可愛い方です」とおっしゃっていたとおり、お人形さんのようなかわいらしい風貌のオルガンの先生。「歌を感じるオルガンの演奏」と評していただきました。そんなこと言われたのは初めてだな012.gif嬉しい041.gif「サイン帳」を見ると自分の肉筆に似ています。もし住んでいるところが近かったら仲良くなりそうな気がしてしまいました(子供みたい)。どんな演奏されるのかな〜聴いてみたいです。

竹佐古真希さん。今回の講習会では、ひとり何役も淡々とこなし、弾くときは堂々、話すときは細い優しい小さな声。賛美歌と奏楽曲のスペシャリストでオルガンの先生。自分から自分のことを一切お話されない不思議な方なので、私から見た竹佐古さんの像はそんな感じです。Deepで楽しい日々であった、と書いていただきました。それはいったいどういう意味だったのでしょうか…彼女のブログでは「(桃代さんは)半分ベルギー人」という描写もありましたが…ふふふ…もっとお話したかったな…竹佐古さんの歩いている姿が私は好きです。

この3人の仙台のオルガニストの方たちにお会いして感じたのは、みなさん個性的ということです。ぜんぜん似ていない。でも柔和です。この柔和さは関東以西では得難いキャラクターか…(すみません)。オルガニストはたまに「美人だがキツそうな感じ」と評されるようです。それは東北には当てはまらない。という感慨を持ちました。皆さん「教会学校の元気な女教師」的な、はつらつとして、親しみやすい空気を醸し出していらっしゃいます。

だから私は楽しくてすっかり酔っぱらってしまったのではないか023.gif

ひとつ言えることは、東北のおいしいものを飲み食いするにはわたしはまだまだ修行が足りないということです。何の話だったのかは思い出せないのですが、私が

「自分は色だけは白いです!」

と叫んだら

「今は真っっ赤ですっ!!」

と大笑いされたのです(そうかな、と思って後ろにある鏡を見たら、私だけ猿のように真っ赤だった)。

この発言の主は加藤千加子さん。参加者の中で最もお肌の若々しい、見るからにひとまわり年齢の低そうな彼女。いったい何のせいだったのか、とにかく一晩中私が笑い転げたのは彼女の発言が可笑しすぎたからです。こんなに面白いオルガニストの方に出会えて幸せでした。つまり、よくありがちな、オルガニスト的なまじめさが(彼女は眼鏡をかけているし、特にニッコリ、ともしないのに)全く無くて、意外な方面から笑わせてくれるというか…。彼女は名古屋からの参加で、わたしの次に遠くからの参加でした(比較出来ないが!)。「ぐうたらオルガニスト会議」を提唱されてました。次は名古屋で開催と。参加したい。「ぐうたら」って…

末次かおりさん。セシリアさんと同じく、ヴァーチャルだったのが、数年前に初めてお会いして知り合いに。それはメシアン講習会と横浜の温泉でした。鳥の歌の次にはいきなり裸のおつきあいになり、今回は横浜から前日決定で参加されました。このつぎの日に仙台駅前でレンタカーを借りてくれ、わたしが行きたかった被災地へ連れて行ってくれ、帰りの新幹線の時間が迫っていた私を駅で落としてくれたことを思うと、本当の友人のように面倒を見てくれたと思います。彼女もオルガンの先生。大学卒業時の話、結婚当時の話…ドライブしながら初めていろいろな話を聞きました。本当の友人のように、と書きましたが、多分お会いしたのはこれでまだ3度目なのです。ひとことで言うと年齢不詳の方です。ぱっと見たときにふわっとカールした前髪の下の笑顔に吸い込まれます。子供のように可愛い笑顔の次の瞬間には、しゅぱ〜。とタバコの煙をくゆらせる、その不良的なかっこ良さも非オルガニスト的なのではないでしょうか。写真ではマスコットのくまちゃんで遊んでおられますが、この方もバッハを、フランクを弾くんだなあ〜と(お聴きしたいです)…。

川越聡子さん。この方も肉筆の字から想像すると…かなり仲良くなれそうな予感003.gifそれにしてもバイタリティーのありそうな、頼もしい感じのオルガニスト。宴会後半ではiPhoneに耳がくっつきっぱなしでかわいそうでした。所沢からわざわざ参加されていたのに、しっかり携帯にはSOSが着信しつづけているようでした。まるでうちの夫のようだとちょっと心はベルギーにさまよったぐらいです。合唱団のお世話や、教会で次々にある行事のお世話をしていると本当に一年はあっという間。そんな活動的な毎日を送られていると察しました。「演奏のテンポ、のりが、すごく自分の趣味と合うんです!」と言っていただきました。そういうコメントはとても珍しいです。「素敵」とか「素晴らしい」とか言っていただけると演奏家はもちろん嬉しいですけれど「この曲はこのテンポ、このノリしかない!」という風に、「ややかたくな」に煮詰めるタイプの自分は、どこで弾いても素敵もくそもなく「桃代節」。バッハ先生ごめんなさい…修行を重ね、自分を通り越してバッハが表面にガンと出る、そういう境地にいつか立つことを夢見ていますが、ロビヤール先生の「良いオルガニストはオルガンもヴァイオリンのように自在に扱えるんだ。」という教えを今はまだ追求中なので、曲想、曲の流れが自分の演奏の最大のポイントになっていると思います。その点を鋭く指摘してくれるのは、やはり同じ道の者。またおしゃべりしたいです。

この3人は東北のオルガニストではないながら、東北に縁故のあるらしいオルガニスト。

オルガニスト番外編、林巌先生。牧師先生は、厳密には「酒盛り」には参加されませんでしたが最後までおつきあいしていただき、「うちの10歳の男の子たちにももっと練習させます」と、サイン帳に書いてくれました。これはどこの男の子たちのことか?お訊きするまえにお別れしてしまいました。教会の男の子たちがオルガンかピアノを習っているのでしょうか?息子さんがいらっしゃるのでしょうか?10歳の男の子たちに練習させるのはとっても大変な仕事です。頑張っていろいろ励みになるような機会を与えてあげてください!オルガンの周辺で、大人が楽しくいろいろやっていれば、子供も音楽を糧に成長することでしょう。

番外編その2は江連紀子さん。この方はオルガンを演奏されるのかどうか訊きそびれてしまったのですが、ぱっと見たときに幼稚園の先生、のような印象を受けました。あとで、次の日の講習会が行われた北三番丁教会の牧師夫人、ということを聞きましたが、普通にされているお顔が「笑い顔」なのが素晴らしいなあ、と思いました。この方も柔和な方なのだと思います。ベルギーについて、わたしのブログを見て想像して下さっている、と書いてあります。私はベルギーというのはどういう国だと思っているのかなあ?と、自分を通したベルギーの姿を逆に想像してしまったコメントでした。ベルギーは私にとっては「保護してくれる国」。角がない。隣国の大きな国々、フランスやドイツ、イギリスやオランダに比べると「まあ、そういうこと言わなくてもいいんじゃないの〜」というノリで、批評を好まない国です。基本的に他人に干渉しない。かと言って、柔和か?というとそれはない。なんでそう原始的なの?と思う人がごろごろいます。勝手。堂々と、とんでもなくひとりよがりな。ベルギーがそうだとしたら、半分ベルギー人な私は何なんだ…と考え始めると話がまた長くなるのですが…

e0203829_361057.jpg


(宴会が始まる前に記念撮影)

この日、ホテルに帰ってから皆さんのサイン帳の書き込みを読ませてもらって、ここの教会オルガニストの方たちとつながっているような気持ちになれたのは、こうして講習会をもう31回も行って来た東北教区の方たちが、「つなげつづけて」来た歴史のお陰です。竹佐古さんも高校時代にこの講習会に出席したことがきっかけでオルガニストになったと言っていました。

温泉で始まった一日、こうして心もほかほかにしてもらって眠りについたのでした。
(みなさん今日は実名で登場していただきました。みんなプロだからいいよね?もし気になる方はご連絡くださいね)
























にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村



035.gif

035.gif
[PR]
by momoyokokubu | 2012-09-18 03:13 | 鍵盤楽器