おるがにすと・クロニクル Chronicle of an Organist

momokokubu.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

仙台での講演と演奏会

一日が午前0時に始まるとするならば、7月26日(木)は就寝前に入った温泉の中で始まりました。(いいなあこんな滞在!)
朝起きたら体は軽く、昨夜の食事にもかかわらずすっかり空腹になっていました。

朝ご飯はバイキング(いつも思うのですが、なぜここで海賊を思い浮かべながら獲物を探しに行く気分にならなければいけないのか)。

温泉卵、小さいいろんな焼き物に、「はっと汁(ニョッキみたいなのが野菜とともに入っている)」、菜っ葉ご飯。
昨夜は麦ごはんでしたが、きょうもお米、おいしい。
すべて、実においしかったです。朝からこれ全部きれいに食べました001.gif

e0203829_1922862.jpg


飲み物のカウンターには、陶器のカップの横に紙コップとフタも用意してあったので、ありがたくコーヒーを一杯お部屋に持って帰る。これから勉強、というときにこれがあるとやる気が出ます。同じカフェイン効果でもナポレオンの兵隊さんより楽だしなあ、とか、思いながら。

まず昨夜の練習の録音を聴く(聴くのにもやはり1時間半かかる)。こういうとき、はげしく独り言を言う。自分突っ込み。誰もいないからいいけど…

それから講演の準備。
プリントの内容は「ヨーロッパ音楽の歴史の中のベルギーとその音楽家の歴史」というものなので、カタカナの固有名詞の多いこと。手書きのノートでは、全部オリジナル表記で書いてあったのを日本語表記ではどう書くのか調べて要約し、プリント用に文章を整えていたのですが、それが未完成だったので締めくくる。あとは話すとき、どこでプリントの表から脱線するかを検討し、印を付ける。時間がなかったら寄り道しない件にも印をつける。ぱっと見てわかるように、手書きノートに色分けしてある固有名詞(個人名はブルー、年代は黄色、キーワードはピンク)を適当に見て、日本語で普通にちゃんと言えるか練習。。。これは瞬間芸なので、ゲーム感覚でぱぱぱっと出来るように、ウォーミングアップ。同時通訳のバイトを(むかーし)ちょっとやっていたころの「朝練」の要領…?

これが10分の1ぐらいに要約されて
e0203829_2291188.jpg


こうなる。でも脱線など、より細かく話すときはページ番号を見て上のノートに戻る。ここで正しい日本語の読み方がすぐ出てこないとかみかみになってしまう恐れ大。
e0203829_2304795.jpg


ちなみに文献は3つあり、

やや独断と偏見の気があるが大変おもしろい、
1。フランソワ=ジョゼフ・フェティス(François-Joseph Fétis)の「ベルギーの音楽家たち」
e0203829_2391329.jpg


出版物みたいによく網羅できている、
2。ジャン・フェラールのブリュッセル音楽院での授業資料、「オルガン音楽の歴史」
e0203829_2405059.jpg


そして日本語でよくまとめられている、
3。ベルギーの歴史。(このサイト、今、これを書くために確認したら、なんとベルギービールのサイトでした。ベルギーのオルガン音楽を知るためにベルギーの歴史を振り返るわたしたちと同じように、ベルギービールを知るためにベルギーの歴史を振り返る人たちもいる。素晴らしい。これは、ビールの歴史もちょっと読んでみたくなります。)

さて、講演上の注意を自分で心にメモ。
昔から「蚊のなくような声」なので、
・マイクは近めに。
早口なので、
・きちんとゆっくり喋る。
始まるとあっという間なので、
・たびたび時計を見る。

それから忘れ物がないかチェックし、荷物を用意し、徒歩で青葉荘教会へ。

あと必要なのは「水」ですが、ちゃんとお弁当とお茶を渡していただき、控え室で講演の練習の続き。オルガンで説明するのではなく、皆さんの前にただ座って講演をするのは初めてなので、どうも演奏会の練習と同じようにしか「練習」出来ないのですが、とにかく。

そういえば、着いたときに参加者が続々と集まりつつある受付で、
「国分です」
と言ったら「えええええっっ!」と驚かれました。
それから、
「国分先生ですか!失礼しました!」
とおっしゃったので、普通はもっと先生らしい方を招んでいらっしゃるのに違いない、と竹佐古ディレクターの英断に頭が下がる思いでした(この方はいったいひとり何役されているのか?!)。

そして、開会礼拝が1時からということを忘れていた私を控え室に呼びにきてくれた竹佐古秘書。この時も、ぎりぎりに渡したプリントをちゃんと印刷してくれたときも、さりげなくこちらの不備をカバーしてくれます。(「なにやってんですか」と言ったりはしない)

その数分後にはオルガンに上がって開会礼拝の前奏を始めた奏楽担当・竹佐古嬢。すごい。聴いたことのない面白い曲でした。わくわく感の盛り上がる選曲!それから詩編81の2節から6節を読み、仙台愛泉教会の上野和明牧師による「授けられた定め」という短い説教がありました。この詩編は、はじめこそ

・…力の神に向かって喜び歌い…喜びの叫びをあげよ。
・…琴と竪琴を美しく奏でよ。
・角笛を吹き鳴らせ、新月、満月、わたしたちの祭りの日に。

と、楽しく、詩編お約束の「音楽しなさい、の歌詞」になっていますが、
そのあと、

・…これはイスラエルに対する掟
・…ヨセフに授けられた定め。

「これは命令です。」というような有無をいわさぬ厳しい文句が続きます。

上野牧師は、これを鑑み、説教で「なぜ礼拝の最初と最後に歌を歌わなければいけないんだろう?」という根源的な疑問を提起し、キリストより更に古いギリシャの最初の教育機関で、ふたつの基本科目(『ことばを自由に操るための勉強』:国語と、『計り構築するための勉強』:算数)が必修になっていたことから、「ポエムで書き表し、数字でもあるところの音楽に乗せて総合的に表現できる」歌による教育的効果の大きさについて歴史的に話してくれました。

その重要性ゆえ、「掟」として歌い続けられている神への讃歌。

まあ、詩編も旧約聖書の世界、筆致が時として「野蛮」なため、新約の一番大事な掟、
「愛を持って…しなさい」
以外の掟はなんとなく額面通り受け止めないことも多い私。
講演の前に、教会音楽に携わる者すべてにとって根本的なお話を聞けて、初心に返れました。
皆さんの心もひとつになったところで講演の時間になったので、素晴らしい流れだったと思います。

(講演でも演奏会でも日常的には会議でも、お祈りや短い礼拝で開会すると、心が謙虚になり良い会になります。でもそうしたことを私はよく忘れているので、このことを心に刻みたい。)

さて、竹佐古司会者に紹介していただいて話し始めると、時間はあっという間にすぎ、予定していたピーター・コルネの名前までたどりついて、終了。咳も出ず、目にごみも入らず、途中で泣き出す赤ちゃんもいず(これは今回はあり得ないので冗談ですが)…感謝。

よし、きょうは、あとは弾くだけ!と心は快活になりました。

横浜からはるばる参加して下さったオルガニスト、末次かおりさんと再会を喜び合い、さっそく「明日の午後ふたりででかけない?」と訊いてみる。ホテルに帰ってシャワーを浴び、お弁当を頂き、寝て、着替える(こうして書くとあわただしいな)。

教会に戻って小一時間練習。最後の前奏曲とフーガ以外(長いので割愛)少しずつさらう。ここの音響に耳は慣れたと思う。しかしペダルが放射状!懐かしいイギリスのようだ!でもこのような楽器は太西洋のベルギー側には滅多にない。私の足には17年振りぐらいになるため、右足のソの音が迷子になりやすい。そして一番の問題は鍵盤が強い力で指を押し返してくること。ゆっくり入る装飾音を弾くとき、いつも通りに弾くと、可憐な感じにしたいのに、ちゃきちゃきの音が返ってくる。トリオでもアクセントを最小限にして弾きたいのだが、押し返しの強さに粘った指のままでは次の入りの音も重くなってしまいがちなので、音の入りは優しく、音の出は重めに、最後まで調整を重ねる。そういう葛藤をしているのは私だけかもしれないのですが、とにかく私が弾いたことのある楽器の中では、その点が普通と違う、特徴のある楽器でした。

というようなことも、7時少し前には全部忘れ、2分ほど水平になり肝臓を休ませました。これはむかしB型肝炎にかかって以来行っていることで、ただのジンクスです(だと思う)。肝臓が休まると心配事は全部消え去ります(のつもり)。

弾き始めると時間はあっという間にすぎ、…

(なんだか聞いたことのある…)

演奏会後にびっくりしたのは、カンバーランド長老教会で知り合いの奏楽者のひとり、鈴木千恵子さんの旦那様が、いきなり
「ナオさんですよ〜!」
と言いながら向こうから普通に歩いて来たことです。関東にいるはずの人が、と
「えっ!え〜!?どうして?」
と目をこすってしまいました。
話を聞けば、ひと月の間、あの隣の「エマオ」でボランティア活動中とか(前回の記事参照)。お年は65歳をこえてらっしゃるはずなのに、なんて活動的なのでしょうか。教会にはボランティアの方が多く宿泊されていることは聞いていたけれど!

それからわたしのCDを日本で流通して頂いている会社の仙台出張に合わせて、来てくれた岸さん。この日のCD販売は自宅のストックを持参したのですが、日本用の説明印刷文を無料で着けて、セロハン梱包してくれました。マーキュリーさん、チャリティー演奏会の意図に賛同してCDを購入して下さったみなさん、教会の皆さん、どうもありがとうございました。

いろいろ長くなったので、7月26日(木)後半は、次の記事でここで出会ったオルガニストの皆さんについて書きます。



にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村
[PR]
by momoyokokubu | 2012-08-11 02:49 | 鍵盤楽器

東北のオルガニスト(2)| Les organistes de Tohoku (2)

7月25日(水)、東京駅から昼前のやまびこ号に乗り込んで初めての仙台へ。
おべんとうは東京駅で買った「夏こまち」。

e0203829_1222966.jpg


しらすご飯に豚しゃぶの梅和え…。ご飯+6品…。

食べていたら携帯メッセージが来ていることに気づきました。
「改札のあとエスカレーターを下りて、右側に出ると白い車」が待っていてくれるという!
二日前に新宿で初対面した竹佐古真希さんは、今回の東北教区・礼拝と音楽研修会の「まとめ役」のような存在です。地図を携えて、教会までは自分で行くつもりにしていましたが、
「雨が降っていますから」
という優しい理由をつけてお迎えに来てくれました。

e0203829_1385492.jpg


e0203829_1395889.jpg




メッセージ通りに改札のあと下りて右側に出ても、「なぜか」会えない、という状況は「私の場合」よくありますが、短くも的確なメッセージのお陰でしっかり会えました。この時点で
「今回の旅行は大丈夫」
な予感が。
(注:「私が」大丈夫ということです)

車に乗り繁華街を通り抜けながら
「絶対に自力では教会まで行けなかったと思う…」
という確信が芽生えた。雨が降ってて良かった025.gif

教会での練習時間には早いのでホテルに荷物を預け、先にもうひとつの教会へ。
細い道を走って仙台北三番丁教会に着くとき、停めるところがあるかな?と思っていると教会の真横にちゃんと駐車場があった!小さい教会のように見えるのに、驚きました。更に外観もかわいらしいなと思っていると、竹佐古さんが
「結婚式を挙げた教会です」
とおっしゃる。牧師の娘にして牧師夫人なので教会で結婚されたのは当然のなりゆきと思われますが、わたしの頭の中にはメルヘンのような木立に囲まれた教会での楚々とした式の図が広がっていました。既に心を洗われたような気分で下駄箱に靴を入れます。

板張りの会堂内には懐かしいような木漏れ日が差し込んでいて、中も外も木に囲まれているような感じです。ポジティフオルガンのケースには手書きの注意書きが置いてあり(「パイプオルガンはビミョーです。触らないで下さい」)、竹佐古さんと大笑いして、「来たことのない場所にいる」という緊張が吹き飛びました。

そのあと交代で写真を撮りあいながらポジティフを試すと、ペダルのカップラーが湿気のためひっかかることがあり、なるほど「微妙」の理由がわかりました。


「レミラの上で」を試奏する、オルガニスト・竹佐古真希さん。
e0203829_1402491.jpg



さて時間になったのでまた車に乗って今度は演奏会の練習がある青葉荘教会へ。

e0203829_1452455.jpg


この教会は昨年行ったオランダのホフラーン・プロテスタント教会を彷彿とさせる、がっしりとした西洋建築!

そして、オルガンも後ろのバルコニーに設置してあって、まるでヨーロッパ。

e0203829_146178.jpg


仙台北三番丁教会からこの青葉荘教会に来るまでのあいだ、あちこちに教会の塔や、キリスト教会の看板が見えたので
「まるでブリュッセルみたい!」
と驚いていたのですが…仙台は想像以上の「クリスチャン大都市」だったみたいです!

音決めの練習を2時間して、竹佐古さんにレジストレーションを実際に弾いてもらいました。その作品を、そのテンポで弾いてもらえるとどんな音なのかはっきりイメージがつかめるので本当に助かりました。普段は夫が来て一緒にやる、というのに慣れているのですが、竹佐古さんはどの曲も初見をしてくれるし、「もっとおそめに」とかいうのもきいてくれる。そして明日は譜めくりもして下さる。このあたりから
「今回の旅行は大丈夫」
なだけではなく
「竹佐古さんのアテンド最高かも053.gifすっごくいい演奏会できちゃうかも060.gif
と期待が高まる。

休憩に近所のコンビニにでも、とコーヒーを買いに行こうとすると、
「出て右に行くとありますよ」
とさらっとひとことおっしゃって開会礼拝の伴奏練習に入る竹佐古さん。

出て右に行くと迷子になる予感を抱えつつも、降り出した雨を追い越すような勢いで角まで走ったらそこはコンビニだった。恐るべし、竹佐古さんの「短くも的確なメッセージ」!

おむすびとコーヒー、「仙台マップ」という小冊子を買って、コンビニで雨宿り。
しかし止まないので、黒い折り畳み傘も「日本製の傘」というだけで喜ぶ夫のお土産になるからいいか、と急遽購入して、教会へ帰る。道を渡って正面に進む代わりに右へ行く私。傘に隠れてひとしきり歩きふと見上げると、見覚えのないホテルがある。ちょうど通りかかった人に
「すみませ〜ん、青葉荘教会はどこですか?」
と訊くと、
「あ、知りません…じゃ、調べます!」
と、なんとその場でスマホ検索!ポケットから地図も出して来て3分後には
「ここですね!」
と教えて下さった。
なんと親切なお人であろう。
というより、
なんと親切な「お国柄」であろう、ということは、三日間を通じて感じたことです。

教えてくれながら
「しかし、何でしょうね、『エマオ』って…?」
と、地図の教会の隣に記載されたエマオを指してわたしに訊く。(リンクにあるように、東北教区被災者センターのことでした!)
恥ずかしながら、私もひとことで言っていったい何であるのか、その時はまだいまいち把握していなかったので、
「イエス様が復活したあと弟子たちに現れた町の名前で、なんたらかんたら」
とその名称の「由来」だけをしつこく説明して更に彼を拘束するのも怪しい行いのように感じ、
「うーん、何でしょうね…」
とことばを濁し(駄目ですね…)、お礼を言ってお別れすると、雨はすっかり止んでいた。

(結局2週間の日本滞在で、傘を使ったのはこの10分だけ)

今度は練習を録音しながら1時間半ほどオルガンを触らせてもらう間、竹佐古記者は既に練習風景をFBに載せておられた。さらに昔ミクシーでヴァーチャルな知り合いになった「セシリアさん」も間髪入れずにコメントを入れて下さり、「ベビーシッター確保できれば一緒に夕食できるかも」…などと、トントン拍子に話がまとまったようで、わたしが弾いているうちに宴会会場、決定。素早い!

ホテルにまた竹佐古運転手に送ってもらったあと、急いでシャワー。着替えてさっぱりしたところで、待って下さっていた車に乗ると、隠れ家的な和食屋さんに到着。

ここから先はめくるめく東北の美味の世界が待っていたのでした…


地元のセシリアさんと竹佐古部長がオーダーして下さるものなら、自分は何でもオーケーです状態になり、おいしいお酒を2種類もいただき、初めて「ほや」を見、触り、味わうという…

巨大な「がぜ」ウニをスプーンですくって食べるという…

e0203829_2425723.jpg



手作りのイカの塩からをほぼ一人で完食するという…

ブイヤベースもびっくりのあら煮を食するという…

e0203829_2432677.jpg



さて、板前さん(?)のお話によると、「ほや」は貝ではない!もともと白い小さな魚なのが、岩と出会ったあとそこに吸着して変体し、取り込み口と排出口以外見た目タコの吸盤のような、でもさわると案外レゴみたいな感触の丸みのあるとげとげを体中に発育させる…
e0203829_2415574.jpg


それが丁寧におろされて出てくると…
e0203829_2423166.jpg


写真だと薫製のカモのようにも見えますが、味はみずみずしく、きゅうりのような苦みのある、しかしお酒と塩をふりかけたのかと思うような…

最後に宮城産・メルヘンというかぼちゃの煮物、お水を入れずに炊いたお味はほとんどデザート…


…なんだかすべてのことばは「…」と、無に吸い込まれて行くかのような、述語が不必要なような、おいしいおいしい時間が2時間続いたのでした。

客人(まろうど)という青葉区春日町のお店です。(また行きたい)


この時点で、「今回の旅行は大丈夫」どころかわたしはもう満足して東京に帰ってもいい気分でしたが、竹佐古姉さんにはもちろんそうは言えず。それでは明日!と、セシリアさんとも旧知の仲のごとくお別れしました。

(「東北のオルガニスト」シリーズ、続く。予告…登場オルガニストは一挙に増えます060.gif






































にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村



035.gif

035.gif
[PR]
by momoyokokubu | 2012-08-09 03:04 | 鍵盤楽器