おるがにすと・クロニクル Chronicle of an Organist

momokokubu.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

受難の作品

受難節が近づいてくると、演奏会が増えます。

「キリストの受難」のテーマで、カンタータやオラトリオ系の、合唱とオルガンという作品が数多く書かれているからです。過去形ではなく、あえて現在形で書いたのは、今年もそのテーマで新しい作品がたくさん生まれたから。新しい作品に加え、バロック時代からあまりに多くの素晴らしい作品が存在するため、演奏会をする口実には事欠かないし、毎年バッハの受難曲のうち、ヨハネかマタイのどちらかを聴かなければ春を迎えることはできない、という方も多いようです。

何故にこのような演奏会ラッシュがおこり、演奏家たちは飛び回っているのか。

それはやはり「教会」に需要があってたくさん書かせたものが毎年のように各地で増え、さらに古典となった作品もぜひまた演らなければ…的な、「今でないとダメなんです!」という、受難節特有の文化現象なのだと思います。

あえて「文化」現象と書きたくなるのは、たとえば私や家族がクリスチャンだから、受難節を「個人的」に大事に考えているという事とは別に、「普段は教会なんか行かない」という人たちも、そうした受難の主題の演奏会には大勢来るからです。そして信仰の心は持ち合わせていないけれど、音楽作品が素晴らしいから演奏したい、と引き受ける演奏家のみんな。

そのように、「音楽作品が素晴らしい」とみんなに伝わっているということは、作曲家たちは伝道をしているということになります。作曲するひとたちは聖書を理解していなければ作品を書くことができない。そして信仰の心がない作曲家は受難の作品を書くことはありません。

オランダ語の「俺、シモン。」という、キリストの弟子のひとり、シモンの目から見た受難の文章を、私の弾いている教会の教会員で、学校の先生をしている若いR君が書き上げ、そのあと彼が趣味で歌っている合唱団の指揮者でこちらも若き作曲家のペーター・スパーペン君がミニオラトリオに仕上げた作品を、わたしもオルガン奏者として今年は一緒に準備して3回公演します(今2回終わった所)。合唱で歌っている人たちも若く、ぜんぜん教会には行ってない。だけど一緒に新しい、「厳しい物語」を立ち上げるいばらの道を歩むことができました(細かい説明は抜きにしますが、まさしく「いばらの道」だったのです)。

受難の物語って、これ以上ひどい話はない、という話なんですよね(わかっちゃいるけど)。

それを、「これ以上大きい愛の物語はない」と言って表現するのですから悲劇なんだかハッピーエンドなんだかわからない。というところがあります。何しろ、復活劇、ではなく、受難劇、であるところがミソなのです。バッハの「マタイ受難曲」の最後が「あの」曲ではなくて、「キリストはよみがえりたもう!」の賛美歌だったりしたら、ここまで演奏会をやるかな?と思います。

イエスの十字架の物語は「まさか、そんなことになるなんて……とりかえしのつかないことをしてしまった」と、その場にいた人がみんな真っ青になった、その感情を忘れないことが主眼に置かれているように思われてなりません。

そのあとで、復活するイエスを順番にみんな目の当たりにするのですから、なんというどんでん返し。なんか怖い様な物語なのであります。

でも、復活してみんながびっくりしているのを見て、「最初から、復活する、って言っといたじゃん…」と、イエス様がなじるんだよね…などと思い出すと、毎年、受難の曲を演奏するたび、この2000年前とは思えないエピソードにばかみたいに感心してしまう私。

受難の作品を練習しながらも、同時にリハーサルが始まってもうすぐ演奏会が始まるのが、バッハの「モテット全6曲演奏会」。曲の最後に、アーメン、とか、ハレルヤ、という歌詞がついているのがありますが、歌ってる人たちは別にクリスチャンじゃない人も多い。まあ、書いてある歌詞がそうだから、「神を賛美します!」って言ってます、という感じでしょうか。ただ、曲の初めから終わりまで、その複雑なポリフォニーをひとつひとつ「落とさないように」、ずれないように、全員で紡いで行く作業がわたしたちの耳と心を研ぎすまし、ほとんど5感を統合せざるを得ない、さらにそれを超えた所に行かざるを得ないぐらいの集中と緊張を強いるので、最後にポリフォニーが止み、同時に「アーメン」や「ハレルヤ」の文節を完全にクリアな形で同時に発声するとき、

「癒された」

という思いにその場が満たされてしまうのです。

何かの前で、

「ああ。」

とみんな一緒に言葉も無くたちすくんでしまう、あの感じ。

そんなとき、宗教というのは、枠でしかないのかな、と思います。
枠でしかないとしても、この感じを表現するために、ここまでの枠組みを使っているんだ、という。
おおがかりな、宗教というもの。

しかし、さっき受難作品の作曲家はキリスト教伝道をしている、と書いたけれど、「伝道のため」に書いている訳ではないと思う。創作のエネルギーは、枠にあてはめるようには発揮されるものではない、とも思う。

音楽では、音程とリズムという言語で書き表された「誰かが確かにこう生きたのだという証」を、「キリストの受難」の物語に乗せてある。だから、わたしたちも(追)体験できる。


キリストの受難だけれど、みんなの受難であり、わたしたちはいつかみんなと「声を合わせたい」と思っているのだ、…という事を思い出させてくれる季節です。普段はつい、忘れて暮らしている事なのですが。





にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村



035.gif

035.gif
[PR]
by momoyokokubu | 2012-03-27 21:29 | 鍵盤楽器

コーヒー

わたしはコーヒーが好きです。

イギリスに住んでいたときは一日2リットルぐらい紅茶を飲んでいましたが(みんな飲んでるからというだけの理由で)、チョコとコーヒーのおいしいベルギーに来てからすこしずつコーヒーも隠れて飲むようになり(なんとなく健康に良くないイメージがあったから)、17年目の今では正々堂々と(なんだそれ)飲むようになりました。

しかし午後5時以降にコーヒーを飲むと夜中まで寝付けないことにも気がつき(紅茶だと平気なんですけどね〜どう違うんだカフェインとテイン。)、朝ご飯と昼ご飯の合間、午後4時半までの休憩のとき一日2回ぐらい飲みます。

e0203829_1754055.jpg


ベルギーのカフェに行くと、コーヒーにはクッキーかチョコが付いて来ます。
これはパリに行くと付いて来ないのですごくつまらない(食べるというほどでもない小さいおまけですが)。
ミラノに行ったらリストレットというエスプレッソの濃いものに、クッキーではなくて水が付いて来てびっくりした。
(苦いから?)
イタリアはどこもそうなのでしょうか。

そういえば、イギリスの丸いクッキーの広告で、「これなしじゃあ紅茶は水っぽすぎるよね!」
という謎のキャッチフレーズがあったけど。

熱い飲み物+クッキー
熱い飲み物+水

どっちが胃にはいいのかねえ。

いや、コーヒーのカフェインは、摂りすぎると体がミネラルを吸収するのを妨げるので良くないけれど、少量ならいろいろな働きをするものです。

と、歴史の本に書いてある014.gif

けれど、なぜコーヒーが好きか?

ときかれれば、それはもう

臭いと味が良いから

です。

香り、って書くべきでしたね063.gif

でもあの、缶に入った状態のコーヒーの粉を、カバンに入れておいて、いつでも開けてかげるようにしたいぐらい、いいにおい。(やってません)

そして夏になれば、アイスクリームは20ぐらいある味の中から選ぶのはどうしてもコーヒー味。

家で飲む時、5秒で入れられるマジミックスのネスプレッソマシンは本当に美味しいコーヒーが入りますが、あの、超近未来的な「カプセル」の、無駄に美しくまったくにおいがしない事と言ったら、どうしてもなじむ事ができない。

かっこよけりゃいいってもんじゃない。
便利ならいいってもんじゃない。
アロマが完璧に守られればいいってもんじゃない。

e0203829_1741864.jpg


って、これ全部ほめことばなんですけど。いまいち納得できない。結構高いし。

と、いうことで、実は、ほぼ日新聞の連載に載っている、カッパとウサギのコーヒー探し、隠れファンです。隠れてないんですけどね別に…このカッパさんの絵は独特で素敵だし…。

この夏、仙台に行く機会が与えられたので、気仙沼にも行って、このコーヒーを買いたくなります。そして、ドリップしてコーヒーを淹れる…飲む以前の楽しみもいっぱいな、コーヒー053.gif



にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村





035.gif

035.gif
[PR]
by momoyokokubu | 2012-03-22 17:06 | おいしいもの

e0203829_20175552.jpg


ブリュッセルに春が来た。

と、言い切れるような、

「本日午後18度」

の天気予報。
(午前中の現在ではまだ肌寒いですが)


高い壁に囲まれたうちの庭で、この冬の寒さの被害はどんなだったか、おそるおそる見に行ったのが今週の月曜日。錬金術という名前のバラだけ全く芽がついていない。だめになっちゃったかなあ(去年は大丈夫だったので油断していた)早く直植えしとけば良かった…007.gif


ひとしきり泣きながら(心の中で)じいいいいっと眺めたあと、庭中の植木の根元に腐葉土をどんどん置いて行き、枯れた葉や茎を取り除き、結局3時間も庭にいました。その間、学校の年末行事でやる歌のオーディションが次の日にあるとかで、ピアノの周りに5人も娘の友達が群れ集まって(そのうち男子2名)いぇいいぇい的な音楽がずっと聴こえていたので家に入れなかったこともある(庭にも聴こえていました071.gifいぇい〜。)。


まあ、庭掃除しなきゃいけなかったのでちょうどよかったのですが…。

この日はまだ寒いけどもう峠は越したかな、というぐらいの天気。冬の庭のあまりの寒々しかったのが、見た目は少し春らしくさっぱりしたのでした。


そして今日。
庭に出てみると、4日前「あ、出て来てるな」というぐらいだった緑が、

「のびのびすることに決めました!」

といわんばかりに、もっと大きく出て来ているではありませんか!

e0203829_20104021.jpg


わざわざ目をこらさなくても明らかに緑が増えていました。
うすーい黄緑、という感じだった新しく植えたアンコリーの苗も、ちゃんとした緑に変わりつつある。

e0203829_20164917.jpg



お陽様の力はすごい058.gif

そして再び、錬金術バラの前にひとしきりたたずんで「やっぱだめかな」と後悔する心づもりでいたら、1ミリぐらい赤い芽がついている、という、気がする…(毎日来て確かめるべし)のでした!!!!!わあああああい071.gifいぇ〜い071.gif

(最初の写真はカシスの低木の新芽。昨年は植えたばかりで収穫は10粒であった。今年は…021.gif




にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村



035.gif

035.gif
[PR]
by momoyokokubu | 2012-03-15 20:19 | 園芸

あけぼのの星



土曜日。
ブリュッセルを車で朝8時に出発し、昼前にパリに到着。
最初にレ・アルのパーキングに車を2時間停めて、ショッピングからスタート(演奏会に来ておいて我ながらいい度胸してるね!でもほかの買い物時間は取れなかったのだ)。
週末なので15才になったばかりの娘も一緒、最初に行く所は化粧品の「セフォラ」(リボリ通り)!!
「伸びるけどウォータープルーフのマスカラ欲しい、泣くからねあたしゃ…」
「洗顔用ジェル大瓶!!」
「香水詰め替え用ボトル、ラインストーンついてる〜」
と(日本語で)騒ぎながら(それぞれ誰のコメントかはご想像にお任せします)パリ到着1時間を経ずして、「お買い上げ、チーン、xxユーロ成り!」

そのあとは日本の本屋さん、ジュンク堂に直行。村上春樹が小沢征爾をインタビューした単行本、平積みの最後の一冊を店に入るなり走って行ってゲット(というか…この一冊は私を待っていてくれたのだ)。あとは漫画、「学園アリス」24巻。

(仏語では23巻までしか出ていない。ちなみに、この漫画の日本語の文章は娘には難しい。ところが、私が読んでも意味の分からない所を娘は理解できる。「丁寧語調の説明的文章」を私が簡単なことばにして、ふたりで朗読しあいながら解読するという、うちでは不思議な「教材」というか「娯楽」になっとります。しかしそれにしても登場人物の顔が似ててややこしい。批判じゃないです、みんな可愛いし…しかしそれにしても…顔のアップなんか誰が誰やら…ごにょごにょ)

ジュンク堂のあとは「とら屋」さんで季節なので桜餅、という計画だったのだけれどなぜかどこにお店があったかわからなくなって断念。和菓子を一年に一回ぐらいしか食べない人生になってみると、これはかなり悔やまれます。

車をパーキングから出してバスチーユ界隈の教会へ。近くまで来たとき、目の前で駐車していた車のテールランプが点いたので

「ラッキー!」

まだチェックイン出来ない時間なので、トランクには荷物を入れたまま駐車。セキュリティを考えて外からトランクの開閉をせずに、後部座席を倒して譜面などリハーサルに必要なものを出す。

教会には三々五々楽器を持った人が集まり、リハーサルを2時半に開始。
わきあいあい。
4時半に終わった時に
「もしかしてさあ。ママたちって知り合いじゃないの?」
と娘が訊く。
「あ、そりゃそうだよ!ここにいる人ではオルガニストのやすこさん以外、今日まで誰も知らなかったよ。」
するとおどろいて
「それでこうやって一緒にちゃんと弾けるんだ?!」
おおお。そんなことがわかるようになったか。15才よ。

「でもね。見た?さっきリハでアリアやった男の子ね。上手い子なんだろうけどあきらかにバロックの室内楽慣れてないよね。一回やってくびになっちゃったよ。」
(すいません表現…)
「なにそれ?どうするの?」
「慣れてる人が代役でこれから練習するみたいだよ。」

残念だけれど若い人にはまた次の機会があるし、きょうの明日で本番だから。
伴奏していてみんな冷や汗が出たので、代役になったのは仕方が無かったです。

そのときオルガンのやすこさんの娘さんがお母様に会いに来ていて、ちょこっとご挨拶する。きいてみると、これからモデルのショーに行くらしい。うちの娘は、さっきキオスクでしっかりヴォーグ3月号を買い込んで、わたしたちのリハの間中、現在進行中の「パリ、ファッション・ウィーク」を「どこでやってるのか」必死に探していたのだ。モデルエージェンシー関係でいらっしゃるという彼女を感激のまなこで見つめる娘。「今からだとチケットは入手困難だと思う、ごめんね」と言ってくれた優しい彼女。しかし、美しい彼女を見ただけで娘はかなり嬉しかったと思います。

そのあとすぐ近くの「一日アパート」へ。ここにはちいさなキッチンとちいさなシャワーが付いていて(トイレは別のところ)日本式に数えると7階(リフトなし)。階段を113段上り(ブリュッセルのカテドラルのオルガン台より多い)、ドアを開けたらほぼそのドアの幅しか床の幅がなかった。娘が驚愕してくれたのでなんか嬉しかった(「パリらしいアパートだよ!」自慢してもしょうがないか)。

e0203829_23541250.jpg


近所でお惣菜を調達し、キッチンで準備して、それぞれ新しい本を読みながら夕食。
(楽しい。だらだら。)
8時からわたしだけオルガンのソロの練習があるので徒歩で教会へ出かける。
たくさん中華のデリがあり、カフェも多いので、歩道は若い人であふれんばかりでした。
10時に戻ったらちゃんとソファがベッドにしてあって、すぐ寝られる様になっていた。とても嬉しかったけれど、こうなると部屋=ベッドという状態で、まさしく足の踏み場はなくなるのだ、とわかりました。すんごい部屋だね…

次の日の朝も、「ベッドで朝ご飯」。それ以外の選択肢が無い、という。
それから二人でいそいで交代でシャワーを浴び、身支度をし、ベッドを片付け、部屋をきれいにして、11時にチェックアウト。鍵を近くに返しに行き、車で移動しようとしたら完全なる渋滞に巻き込まれる。それもそこら中に紅白のひもが張ってあり、道が通行止めになっているのだ。お祭り?でもなんの?

結局、ハーフマラソンらしい、ということがわかったけれど、渋滞の中で1時間も行きたい所に到達出来ないままいったりきたりしてわかったので、「高くついた」。もっと情報を集めておくべきだった。再び車を止められるスペースを見つけるまでかなり右往左往したけれど教会の近くに停めて、徒歩で散策したら、4番区(と訳して良いのでしょうか…4e arrondissement)小さな素敵な店がたくさん開いていて(日曜日なのに)、楽しい散歩でした。帰りがけに中華のテイクアウェイをしてリハーサルの前に食べる。

3時から合わせ、通し練習。そのあと、チェンバロの調律とオルガンの調律をフレディさんにしてもらう(そのうえに一時間の演奏会の間中、オルガンのふいご作動を、もうひとりのオルガニスト、フレッド君とふたりでやってくれたのです!)。

e0203829_0325394.jpg




e0203829_2336583.jpg

人が集まりつつある、演奏会前。
演奏会は5時半から。

演奏会直前に、フレッド君が来て
「オルガンのモーター、消して下さいね〜。」
あは!そうか!当然の事ながら、変な感じ!!
ぱち(消す音)。ひゅうううううん(空気が抜ける音)。しーん(静かだわ〜)。

そして最初に
ブクステフーデの「うつくしきかな曙の星よ」をやすこ・ブヴァールさんの素敵な演奏で。
次はバッハの同名のカンタータ、BWV1。
最後にわたしが、バッハのトリオソナタ第2番。

終了後、割れる様な拍手に、ああ、この演奏会シリーズ、皆に愛されているんだなあ、としみじみ感謝しました。2000年の3月から、ちょうど12周年の日でもあったようです。しかしこの日は福島の原発事故のためのチャリティーで、皆さん募金をどうも有り難うございました!!弾いた者たちも、とても楽しい雰囲気の中で、素晴らしく集中した聴き手のお陰で良い演奏ができました!

それに人力のふいごは全く電力に劣らないばかりか、音の「満タン感」が高かったように思います。何か違う…不思議な感じです。より音楽的である、と言えます。ふいごを作動している人たちがうまく音楽に合わせながら(?)やってくれたことも大きいと思います。

そして、最後、さっきの渋滞のせいで見る事の出来なかった「シャンゼリゼ」を、「Paris by Night」ヴァージョンで見たい、という娘の希望により、荷物を全部積み込んだ車で、去り際にドライブ。雨の中イルミネーションが素晴らしかった。エッフェル塔もお星様のようなライトがいくつも点滅していました。

最後まできらきらと「あけぼのの星」の輝きにふさわしい、素敵な週末を過ごすことができました。パリって素敵だな(今さら)。バッハって素晴らしいな(今さら〜〜〜。)。

道のグラフィティも、パリですね。053.gif
e0203829_0331389.jpg



















にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村
[PR]
by momoyokokubu | 2012-03-07 00:33 | 鍵盤楽器

パリでバッハのカンタータ第1番 | Bach's Cantata no.1 in Paris

e0203829_8251951.jpg

(La photo du site du temple)

056.gifEn bas en Français 056.gif

来る3月3日(日)午後5時半より
パリの、“魂のよりどころ・プロテスタント教会”で、
バッハのカンタータの演奏会があります。
住所:Temple du Foyer de l’Âme
7 bis rue du Pasteur Wagner
75011 Paris
メトロ:Bastille 又は Bréguet Sabin


プログラム:
ブクステフーデのコラール前奏曲「美しきかな、あけぼのの星よ」BuxWV223
バッハのカンタータ第1番「美しきかな、あけぼのの星よ」BWV1
バッハのトリオソナタ第2番ハ短調BWV526


この教会では毎月第1日曜日にバッハのカンタータの演奏会を行っていて、最終的にはBWV1から200までを踏破する目標で「バッハのカンタータ全曲演奏会」と名付けられているものです。

毎月「バッハのカンタータが弾きたいよう!」という気分になった人はみんな参加できる(?)のかどうかよくわかりませんが、演奏料とかそういうめんどうくさいことはいいからただ集まって弾こう!!という雰囲気が最高に楽しい。と、言っても私は3年程前に一度弾かせていただいたことがあるだけです。今回はたまたま、

「3月のカンタータは、東北大震災1年目を前にして、再びチャリティーをするんだけど、折角だから全員日本人で弾いたら?」

という声を聞きつけて参加させてもらうものです。

結局、全部のパートが全員日本人というわけにはいかないようですが(もともとそんなふうに「やってみよう」と思いつくぐらい、パリには大勢の日本人古楽演奏家がいるということ?!)日本人もフランス人も一緒に、心を合わせてチャリティー演奏会です。下に添付した仏語の回覧メールに、演奏家の名前が書かれていますのでご参照下さい(正しい漢字表記が私には分からない方も多いので、日本語に訳さなくてすみません)。メールはフランス人から来たものなのに、最後にひらがなで「ありがとう」と書いてあったり、これまでに行き交ったメールには仏語の文体の中に「〜san」と、ローマ字の「さん付け」がいつのまにかお約束になったりしていました。

このメールの中では、

「東北大震災1年目」ではなく、

「原発事故1年目」となっています。

今の時点では、原発事故の収束のためのチャリティーである、という気持ちが強いのでしょうか。そして、それに関連して、なんと、エコロジカルな行為を促進しようと、


オルガンのふいごを人力で動かす!!!


と明記してあります!!


これはすごい。
改装された大オルガンで通奏低音を弾くようになっているのですが、改装時に旧式のふいご用人力ポンプも修復されたのです!!



さて、そのことも含めて個人的に、ちょっとすごい!と思っているポイントが4つ。

ひとつは、カンタータのチェンバロ通奏低音の他に、私がトリオソナタで演奏会のトリを取らせてもらうのです!いいのか!?トリオソナタで演奏会を締められるのか?!

ふたつめに、人力のふいごで上手くトリオを弾けるのか?!

みっつめに、最初の曲は、素晴らしい演奏家として知られている、やすこ・ブバール先生です(ミシェル・ブバール先生の奥様)!!演奏をお聴きしたことが今まで無かったのですが、一緒に弾かせてもらえるなどという機会は、このような企画以外ではあり得ないです。

よっつめに、何を差し置いても、これもすべてフレディさんのお陰。フレディ・エイシェルバーガーさんは日本でもおなじみのアルザス出身のオルガニスト。即興演奏や、ザ・ウィッチィズ(The Wiches)というバロック室内楽のグループで知られている人です。この人がこの教会のオルガニストの一人で、このカンタータ連続演奏会の立役者のひとりであり、また、ここの大オルガンの改修のアドヴァイザーでもあります。その人が、みずからせっせとふいごを「漕いで」、ふくらませてくれるというのですから、それだけでもちらしの呼び込み文句になるな〜!と思うのはわたしだけでしょうか!

と、いうように、弾く者としては、わくわくがたっぷりつまった、でもやや緊張!な演奏会になりそうです。もしお近くの方がいらっしゃったら、ぜひ足をお運び下さいね001.gif

決まった金額のチケットは出ません。
かわりに演奏会後に募金があります。

(以下、演奏会案内の回覧メール。仏語です)

056.gifLettre d'invitation par l'Organisateur056.gif

Bonjour,

Nous sommes heureux de vous annoncer le prochain concert des Cantates, intégrale des cantates de Bach à Paris

Dimanche 4 mars à 17h30

Choral Wie schön leuchtet der Morgenstern BuxWV 223 (Buxtehude)
Cantate Wie schön leuchtet der Morgenstern BWV 1
Sonate en trio n°2 BWV 526

Wie schön leuchtet der Morgenstern fut d’abord un hymne luthérien associé à l’Epiphanie. Bach en reprit le matériau pour une cantate à Leipzig, en 1725, la fête de l’Annonciation se cumulant cette année-là avec le premier dimanche des Rameaux, double incitation à la louange. La cantate requiert cors et hautbois pour l’occasion.
De notre côté, nous avions d’abord le souhait de rassembler -un jour- des musiciens japonais, parmi ceux, nombreux, qui jouent à Paris. L’occasion trouvée, il nous apparut que cette date marquait aussi le premier anniversaire de l’accident nucléaire de Fukushima. Nous avons choisi cette fois de verser la recette du concert à une association investie dans l’aide aux victimes de la catastrophe. Et nous avons décidé de faire de cette cantate un exemple d’écologie: nous pomperons l’orgue à la main: geste historique, symbolique, intriguant et très sérieux à la fois.

Voici les musiciens qui participent à ce concert:

Naoco Yamamura, Soanny Fay sopranos
Akiko Matsuo, Emilie Nicot altos
Mickaël Drouin, Jean-Marie Puissant ténors
Geoffroy Buffière, Florent Martin basses

Jean-Baptiste Lapierre, Kurumi Kudo cors
Timothée Oudinot, Claire Caron hautbois de chasse
Alexandre Salles basson

Satomi Watanabe, Guillaume Humbrecht
Matthieu Camilleri, Martin Reimann violons

Samantha Montgomery alto
Elena Andreyev violoncelle et coordination
Ludovic Coutineau contrebasse

Momoyo Deprez-Kokubu clavecin
Yasuko Bouvard orgue

どうもありがとう!


Temple du Foyer de l’Âme
7 bis rue du Pasteur Wagner
75011 Paris
m° Bastille et Bréguet Sabin
libre participation


にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村
[PR]
by momoyokokubu | 2012-03-02 08:09 | 鍵盤楽器