おるがにすと・クロニクル Chronicle of an Organist

momokokubu.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Merry Christmas

e0203829_182411.jpg



クリスマスおめでとうございます

Merry Christmas !!

Bonne Fête de Noël !!!

にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村



035.gif

035.gif
[PR]
by momoyokokubu | 2011-12-25 18:28 | 鍵盤楽器

Tournai(トゥルネー)

e0203829_1727337.jpg


ベルギーのトゥルネーはフランスの国境近くの街。
この九月から一年間、お休みを取っている先生の代理でオルガンと典礼を教えています。
グランプラスにはクリスマスマーケットが出始めていた、十二月初めの写真です。
トゥルネー大聖堂は五つの鐘の塔があるので有名です。(普通は二つぐらい)
「サンク・クロシェ」と言えば、トゥルネー、同名の名産品もいろいろあります(特に、コーヒー)。

先々週に行った時、学校近くの公園にまだバラが咲いていて、ちょっとびっくりしたので写真を撮りました。

Still in flowers, those roses in Tournai, in Beigium, near France, where I started to teach organ and liturgy, replacing a professor for a year.

e0203829_17225422.jpg


e0203829_17252247.jpg


e0203829_17255321.jpg


なんて名前のバラなのかなー。

ここからも五つの鐘塔が見えます。
"Cinq Clochers" (Five Towers) of the Tournai Cathedral can be seen from the little park near my school.

e0203829_1727277.jpg


レッスンのある学校は昔イエズス会の修道院があった建物の中にあります。
The school is in the ancient convent of Jesuit.

e0203829_17311366.jpg


ベルギー風というよりは、フランス風。当時ここはフランスだったから。
でもフランス革命で散会になってしまった。
でも建物は残り、キリスト教音楽の学校ができました。
オルガンは小さいけど三台あって、チャペルにも修復中のものが一台あり、オルガンの先生だけで3人います。小さいアカデミーなのにオルガン科は充実。

More French than Belgian, as it was France here, at the time of its construction.
Three organs and three organ teachers, in this not so big academy of church music.

ここがオルガン教室その1。

e0203829_17345616.jpg


今年もあと今日と来週でレッスンは終わり。
5時間で13人教えるのも少し慣れたけれど、「たまには休みの生徒がいるだろうし」と、きつきつのスケジュールを組んだら、全然お休みの人がいないので休憩なしになってしまい、のどが乾くったらありません。魔法瓶にお茶を持って行くようになりました。ちゃんとレッスンに来る皆さん、偉い。来年も頑張ろう。。。

Only twice to go this year for lessons.
Students have been working hard, they were very regular. I bring my hot drink with me as I teach 13 students, for five hours non-stop. Keep going for the next year...














にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村



035.gif

035.gif
[PR]
by momoyokokubu | 2011-12-15 17:43 | 鍵盤楽器

メロフォーン・サイト | MeloPhone site

035.gifIn English below035.gif

MeloPhone CDs & Scores、メロフォーン

というのが、うちで作ったCDなどにつけている名前です。
(MとPが大文字で、文字の間に隙間はない)

その名前は、そういう名前のオルガンのストップから来ています。
珍しい名前なので、オルガニストに聞いても
「それどんなストップなの?」
と訊かれてしまいます。

弦のようなしゃきっとした4フィート(つまりピアノの感覚で弾いたらその音より1オクターブ上の音が出る)で、倍音のなかには2フィートのようなきらきらした響きがあってちょっと振りかけたコショウみたいにスパイスを効かせています。

メロ、というとメロディーとか、メロドラマとか、カリメロ、とか、(は違うか)

melo はラテン語の
melesから来たと思われていてメレスはギリシャ語の
μῆλον (読み方は/ˈmɛːˌ.lon/ ということはメロン…?)から来ているらしい。

と、いうようなことは全く知らなかった025.gif
今調べて知りました…

それにしても!

ビックリしてしまったのは、
ラテン語のメレスの意味は、

その1:ひつじ

だということ、もっちろんぜんぜん知りませんでした。

羊って…

e0203829_2212568.jpg


うちに密かに生息しているひつじ!

学生時代、イギリスのシュロップシャーで、生まれて初めて生きている羊の赤ちゃんが大量にぴょんぴょん跳ねているイースター・ホリデーを過ごして以来、羊ファンクラブ会員となったのでした。(注:そんなものはありません←ないと思う…あるかな?英国ならクラブってなんでもありそうだし)また、羊は魚と同じで、英語だと複数形が単数形と同形なこととか、すっごく「どっちも聖書にひとのメタファーとして出てくるからかな?」という親近感があります。

羊に子守唄を歌ってもらいたいぐらい好きなので、友達が少しずつプレゼントしてくれた羊たちがこんなに集まったのを、まくらもとに並べています。
(羊の合唱団、うるさそう。)

そう思えば。

もしかして。

メレ〜〜〜〜〜

というのは

いとしい羊さんの歌声では?!?!?!?!

ちなみに、ラテン語メレスの意味その2は、
りんご
だそうです
(なんでや?)



039.gif



話が逸れまくってしまいました。
ただ、新しいサイトが二日前に開店(?)して、まだ1ページしかないけれどこの喜びをわかちあっていただこう、と筆を取ったのは良いが、
(筆はないが、)
メロ、ってなんのことだろう、と改めて調べてみて大変びっくりしてしまった次第です。

もとはといえば、初めてセザール・フランクのヴァイオリン・ソナタの録音をした年に、
「手弁当自費出版のCDにしたって、やっぱりラベルの名前なしじゃあねえ。」
と人に言われて、
「ではフィニステール教会で二人とも弾いているから、そこのオルガンの、珍しいストップから名前を借りよう。」
と安易に決めました。

あとでまた数枚CDが出たり、ピアノの小さな教本が出たり、

…………。

いきがかり上、いろいろ必要な時には「メロフォ−ンってつけとけ。」

と利用して来ました。

採算が取れないので法人ではなく、税金もメロフォーンとしては払っていないため、存在していない会社のようなものという気持ちですが、実は夫が作曲していたものがたまったので出版する運びとなり、それの発表もかねて、いつものCDのグラフィックをしてくれているオリヴィエさんがついにサイトの1ページ目を作成してくれた。

そうしたら、MeloPhone CDs & Scores という「店」が急に存在し始めたみたいにも思えます001.gif

この楽譜は自費出版ではないのですが、「編集・メロフォーン」になっています。

明日はこの楽譜のお披露目のトーク・コンサートなので、わたしは詩編137編の新曲を練習しました。わたしは伴奏するのですが、この一曲だけが、書き下ろし。

のこりの詩編の曲は、過去15年間に、ブリュッセルの聖ミシェル聖グデュル大聖堂の日曜日12時半の音楽ミサ、Messe Festivesで、その日に招かれた演奏家に合わせてグザヴィエが毎週のようにせっせと書いていた曲を集めています。家のピアノで「作っている」間中聴こえているので、日曜日にカテドラルのミサに出席したときには、私と娘はもう暗記できていたりしました。でも教会のみんなにとっては毎週のように新しい歌なので、覚えなければ歌えないわけで、会衆が歌うところのメロディーはほとんどの場合、すごく簡単になっています。そこに付く伴奏部分(オルガンパート)や、ソロのパートが複雑な作りになっています。

現在進行中のミサのプログラムはこちらで見られます(pdfなのでご注意)。

わーい!良かったねグザヴィエ!と喜んだのも束の間、

「楽譜を購入したい、という電話がきたけど、ぷちぷちの入った大きい頑丈な封筒ってどこで買うの??」
ばたばた郵便局に行ってしまった夫。

お店開いたのはいいけどうちは店員さんがいないからね。。。


にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村



035.gif

035.gif
[PR]
by momoyokokubu | 2011-12-02 22:30 | 鍵盤楽器