おるがにすと・クロニクル Chronicle of an Organist

momokokubu.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

絵日記1日目 | The 1st day in Japan

035.gifIn English below035.gif

e0203829_08568.jpg


6月29日(水)
ブリュッセル=曇り。
服装:半袖に麻のパンタロン。コットンのコート。あったかい靴下にジョギングシューズ。

朝6時に起きて、まだあまり人のいない道を車でうまく進み、飛行場には30分で到着。荷物ぎりぎりで重量パス。チェックインして朝ご飯。夫と別れて娘とふたりで「あの」めんどくさい、身体&持ち物検査へ。時間通りにミラノ・リナーテ空港到着。実はミラノはミラノでも成田行きの飛行場が違う。なんと荷物も自分たちでチェック・アウトしなければいけないということを朝、聞いたので(ブリュッセルー成田の便で購入したのに!)トランクを全部取り直し、教えられた通り、ミラノ・マルペンサ空港への「無料」「ダイレクト・リムジン」乗り場を探しに行く。

しかし少なからぬ疑いを持って臨んだせいか、「ダイレクト」は時間が合わず(2時間に1本しかない)、2本のバスに分けて乗り継ぐ事にする。まずミラノ市内行きのバスのチケットを、もちろん「無料ではない」ので買い、トランクを積み込んで、乗る。奇跡的に(?)時間通りミラノ中央駅に到着、2分の乗り換え時間に間に合って、100メートルほど先の乗り場で待っているリムジンに走り寄り、チケットを買い、トランクを積み、乗り換えてマルペンサ空港へ向かう。

マルペンサ空港にチェックインに間に合って着いた時は、もう東京に着いたかと思うぐらいほっとした。なんでこんなチケットだってことに気がつかなかったんだろう002.gif

何回もパスポートを出したりしまったりチケットを出したりバスのチケットを買ったり、やりながら一番気をつけていたのは娘のヴァイオリンをどっかに置き忘れない事039.gif

ふたりだけで荷物も多かったので、すぐに買い替えられないこういうものだけは失うまいと、最低の注意事項でなんとか乗り切ったが、更に忘れてはいけないのは最後にゲートに入る前にピザレストランに飛び込んでピッツァ・マルガリータをテイクアウトすること。娘は良い子だが、最大の欠点は機内食を見るとゾンビになってしまうことです。11時間何も食べないのも辛いので「飛行機、乗る前に食べさせる」は一家の原則になっている。しかし14歳にもなると、搭乗の列に並びながらピザを食べているというのはさすがに恥ずかしいらしく、わたしの後ろに隠れながら食べていた、その時。

リヨンでお世話になったことのある、オルガニストの伊藤順子さん一家がそこに並んでいるではないですか。16年振りに再会して、順子さんは昔のままなのに、まわりに背も大きい男の子たちや可愛い娘さんが囲んでいる様子は驚きでした。旦那様がサントリー・ホールなどで演奏されるそうで、行けたらいいな、と思う。

機内に入ったら、大きなボーイング777の中で私の席だけ映画がつかなかったので「つけて。」とスチュワードさんに言ったら、「つかない。そこだけ。どうしてだろう?」と逆に聞かれたので困った。たたみかけるように「たくさん乗客がいるんだから誰か観たくない人に変わってもらって下さい」と言われたが、もう乗って3時間ぐらいになるのにそんな変えてとか頼めないです。

そこまで映画も観たくなかったし到着が朝だから、寝よう。と決め、夕方17時を差している腕時計を朝の1時に早まらせる。それを見たら「ああああ〜」とあくびが出て、29日が終わった。


にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村


035.gif

The Wednesday, 29 June
Grey weather in Brussels.
Wearing: short sleeves with a linen pants. A cotton coat, warm socks and jogging shoes

Waking up at six, we arrive at the airport in half an hour without problem in empty streets.
Baggages just allowed for their weights but ok. Breakfast and saying goodbye to my husband, we head for the fassy checking bodies and belongings.

Arriving at the Milano Linate on time, we had to take all our laggages and make our way to the airport of Milano Malpensa. They told me in Zaventem of "free" and "direct" coach in Lenate, but there were no such things. I was rather douting and the bus for Malpensa didn't leave before two hours (it had just left of course) so I bought tickets to the city centre of Milano to change the bus there (of course the bus was not free).

Miracle, we arrive at Milano central station on time and we caught the bus for Malpensa, in two minutes time to change. We ran, with our baggages, the hundred meters at the bus stop.

When we could check in for the second time in Malpensa, I was so releaved that I could feel we arrived at Narita. We just tried not to loose the violin of my daughter. The minimun caution, as there were too much to carry and, in hurry. Last but not least, we jumped in one of the pizza places in the airport to get a slice of Pizza Margarita. My daughter is a sweet girl, but when she is in front of the airplane meal, she becomes a zombie. "Feed her before leave", is the house rule since she was born. At her fourteen years, wisdom seemed to have taught her though that it's awkward galping down a big chunk of pizza in the boarding queue. She hid behind me manching, when I saw Junko Ito, organist, who helped me in Lyon 16 years ago. She was with her entire family. A kind smile like before, she had not changed, but surrounded by two big boys and a young girl impressed me. Her husband was to play one of the recitals at the Suntory Hall. I hope I could go.

Inside the big bowing 777, only my cinema did not work. I asked to put that thing on and the stuward answered me with another question in turn : oh that's only yours which does not function. Why is that? When I was not answering that question, he suggested me to ask the others to exchange places, because "there are so many, and there must be some who does not want to watch films". It had been already three hours since we were settled in the dark here, I was not going to start asking such things.

As we arrive in the morning in Narita, I said to myself I might as well sleep. Changing my watch from 5 o'clock pm to 1 o'clock am ahead, the 29th of June ended with a yawn.




035.gif
[PR]
by momoyokokubu | 2011-07-30 00:09 | 鍵盤楽器

7月16日のプログラム・ノート|The program note for 16/7/11

035.gifIn English below035.gif

7月16日(土)、東京の松本記念音楽迎賓館の入り口ホールと、2回のリサイタルで使用したシューマッハーオルガンと安達クラヴサンの写真に、当日のプログラムと、解説です。

e0203829_2491843.jpg


e0203829_250535.jpg


e0203829_2502137.jpg

~プログラム~

ヨハン=セバスチャン・バッハ
Johann Sebastien Bach
(1685-1750)

1)幻想曲 BWV542
Fantasia in g-moll BWV542

2)フランス風序曲より舞曲 BWV831a(バッハ初稿ハ短調版)
序曲、クーラント、パスピエ、サラバンド、エコー
Französische Ouvertüre BWV831a (1e Version in c-moll)
Ouverture, Courante, Passepied I, Sarabande & Echo

3)トリオソナタ第2番ハ短調 BWV526
ヴィヴァーチェ、ラルゴ、アレグロ
Triosonate II BWV526
Vivace, Largo, Allegro

4) パッサカリアとフーガハ短調BWV582
Passacaglia un Fuge in c-moll / BWV582

5)コラール前奏曲BWV654「装いせよ、わが魂よ」
"Schmücke dich, o liebe Seele" BWV654

6)幻想曲とフーガハ短調BWV537
Fantasia und Fuge in c-moll / BWV537

(解説)
松本記念音楽迎賓館のオルガンは、ベルギーのドイツ語圏にアトリエを構えるシューマッハー社の製作で、ストップリストはドイツ・バロック様式の小型オルガンです。シューマッハー社は、ベルギー・リエージュの聖ヤコブ教会(Eglise St. Jacques)の、当時のオルガンケースを見事に蘇らせた非常に美しい16世紀のオルガンの修復などで知られています。

また、本日「フランス風序曲」で使用するチェンバロは、日本のクラヴサン工房アダチ社製作の、フランス様式2段鍵盤の楽器です。

さて、今回、何故チェンバロも使用することになったかを少し説明したいと思います。以前に、チェンバロで「フランス風序曲」ロ短調を演奏したあとでバッハ初稿のハ短調版を弾いてみると、「これはロ短調より、ハ短調の性格がやはり一番合っているのではないか。ロ短調で弾いたときよりしっくり来る。」と感じ、難解なところのあるトリオソナタ第2番ハ短調を勉強していたときに、「フランス風序曲」のことが頭に浮かびました。

そんなわけで昨年この「バッハとハ短調」のCDを録音する時に、「フランス風序曲」の抜粋も入れることになり、ストラスブルグの教会にフランス様式のチェンバロを運び込む、という案も出ました。結局、オルガンで「フランス風序曲」を弾いてみたら、音響もクリアなストラスブルグのトマ・オルガンは細かい所まできれいに響かせてくれたので、全部オルガンで録音することになりました。しかし、もともとはチェンバロで演奏するための作品なので、オルガンとチェンバロが両方備わっている松本記念館では、それが可能になったのです。

では、ハ短調の性格とは何でしょうか?
この演奏会のテーマである、「ハ短調」について少し説明します。

本日発売になるCDの、日本語付録解説にも少し触れてありますが、ヨハン・マッテゾンというバッハと同時代の音楽学者によれば、ハ短調という調の特徴として、「優しく魅力的だが、ややもすればそれに気を取られて眠気を誘う調になることがある。しかし、『眠り』『休息』がメインテーマならば、自然にまかせて演奏するのがよい。」と、演奏者の心構えについて語っています。古くから、「眠り」という言葉は「永遠の休息」をも意味する言葉として(死、という言葉を避けるために)用いられてきました。例えば、バッハの「マタイ受難曲」は最初から最後まで様々な調を使ったアリアやレシタティーヴォが組み合わされていますが、長い長い受難劇の最終曲がハ短調になっています。現在でも、ハ短調の曲はお葬式や、受難週によく用いられます。

なぜ「ハ短調」がそのような特質を持つに至ったのか。私なりの解釈をしてみました。さかのぼれば、調性が確立する以前、教会旋法(グレゴリオ聖歌など)の時代に、一番普遍的な旋法として多用されたのは「ドリアン」という旋法です。現在のニ短調の先祖ですが、シのフラットは基本的に用いず、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ(ナチュラル)、ド、のピアノで言えば白鍵のみの7つの音で成り立っている音階です。この音階が人間の声の音域に近くて、最も歌い易いものであったということであれば、その一音も下に位置し、さらに少なくとも二つのフラットをつける必要があるド、レ、ミ(フラット)、ファ、ソ、ラ(フラット)、シ、の音階はかなり低めで複雑な音域となります。自然な「生気」や「覇気」から一段階低く遠いところ。歴史的に考えても、三つのフラットが付くハ短調の調は、ハ長調、ヘ長調、ト長調といった平明でどんな楽器にも用いやすい調からは遠い調として、平均律のピアノが発展する近代以前は、多用されてきた調とはいえません。

詳しく言えば、調律の関係で、鍵盤上では同じ鍵にあたる「ラのフラット」を、「ソのシャープ」としてきれいに響かせることを優先される場合が多いのです。ソのシャープはイ短調の導音という、平明な調にとってとても重要な音だからです。ソの半音うえにあるその鍵を「ソのシャープ」として調律してしまった場合、「ラのフラット」としては使用できなくなってしまうような調律法が昔は主流でした。

ハ短調には、「眠りの特質」以前に「葛藤」があることにも気がつきました。フラット3つ分の魅力とでもいうべき、ハ短調特有な旋律とハーモニー。それは「そう簡単に眠りにはつけないのだ」とでもいうような葛藤の物語なのでしょうか。最終曲、はるかなる楽園の道に到達するかのような「幻想曲ハ短調」まで、波瀾万丈の物語をゆっくりお楽しみ下さい。
(国分桃代)


にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村



035.gif

(They are the photos of the entrance hall to the Tokyo Matsumoto Memorial Hall for the Music Lovers, the Shumacher organ, and the Adachi Harpsichord. The the program note follows...)

The organ of the Matsumoto Memorial Guest House for Music lovers, is built by the German speaking Belgian organ builder, Shumacher, in the German Baroque style. The builder's principal master work is the restauration of the 16th century organ with its beautifully restaured organ case, in the Church of St Jacques in Liège, Belgium.

The harpsichord used today for the "French Overture" is in French style with two keyboards, built by the Japanese builder, the Adachi Atelier of Clavecin.

I must explain why I have chosen to use the harpsichord during this organ recital. When I had the chance to play the French Overture in the original key of c-minor, I prefered it to the generally played second version in b-minor. It made more sense.
As I was straggling to get the character of the second trio sonate in the same key later on, it came to my mind the c-minor version of the French Overture, and the comparison helped me.

That was why I took the extracts of the French Overture to be included in my CD with the second trio sonate of Bach. First I thought of bringing a harpsichord into the church, but the church where I recorded the CD permited a very good acoustic for the details played on the organ, so I kept the whole CD to the organ. But I am happy to be able to use the harrpsichord today, as the Overture is written for it.

Now, what about the c-minor?
What is the character of this tonality?

As I have cited in the program note of the newly released CD sold after the concert today, it was Johann Mattheson, the music theorist of the time of Bach, who wrote about the key : Sweet and charming, but it can overwork to sleepiness. But if it is the intention, let it be so, naturally.

The word "sleep" eventually meant the "eternal rest", to avoid the word "death". The Passion according to St Matthieu of Bach starts in the key of e-minor and travels into all sort of keys before ending massively in c-minor symphonia. We often play pieces in c-minor durng the offices of funeral and the Passion tide.

I have made my own version of explanation why the c-minor became the key of the "sleep".

They had been using the Dorien mode since the sixth century as "easy to sing" key. the Dorien mode consists of the following notes : d,e,f,g,a,b, and c, without the b flat.

If that was the natural and confortable key, the whole one note deeper key of c-minor with two flats minimum could be rather too low and complicated for the voice. The c-minor consists of the following notes : c,d,e(flat),f,g,a(flat), and b.
Historically, this key with three flats has been rather rare, as far from the easy keys like C-major, G-major or F-major, until the modern piano got developped, with the equal temperament.

The Baroque temperament meant that G sharp was far more important than the A flat, as the G sharp is the leading note for the a-minor, which is near from the C-major or other frequently used tonalities. The problem is, the A flat and the G sharp are the same note. It was obligatory to choose between tuning the note higher or lower to get either A flat or G sharp.

Beside the fact that it suggests "low and deep = sleepy", the c-minor also has the air of "troublesomeness". The c-minor melody line and the harmony with three flats can be telling us "You would not be able to go to sleep so easily". I wish you a pleasent listening till the last "Fantaisie in c-moll" possibly inviting us to the way leading to the "Eternal Paradise". (Momoyo Kokubu)


035.gif
[PR]
by momoyokokubu | 2011-07-26 02:52 | 鍵盤楽器

チャリティーマーケットin Tokyo| Charity Market in Tokyo

035.gifIn English below035.gif

「おそろしく」夏らしかった東京で20日間を過ごし、台風に追い出されるようにして薄曇りのベルギーに舞い戻ってきました。最後のブログの記事を見るとひと月が過ぎていますが、なんだか3ヶ月ぐらいたったような気がしているため、「夏休みの絵日記を書かないでためすぎた8月中旬の小学生の気分」をちょっと味わいながら「クロニクル書き」を再開します。

6月下旬、自分の新しいCDは出発に間に合わない事がわかっていたのですが、松本音楽迎賓館で行うコンサート用の、チャリティーマッケットの商品準備が一気に始まりました。いろいろな人の家を駆け巡って完成した、寄付のための商品を集めました。

写真の額がふたつ。油絵の枠をはずしたもの。絵はがき。皮のポーチ。スペキュロースクッキー用のスパイス。そのほかのこまごましたもの。

そしてもちろん楽譜。衣装。オルガン靴。日本でのCD販売用の文章。コンサートのプログラム用の文章。

出発前にどんどんトランクに詰めて行きました。

その結果、「荷物のほぼ全ては演奏会の日に必要なものばかり!」という前代未聞の旅行カバンになりました。その隙間に、ちょっとだけ服を詰めたりして。

今回の旅のメインテーマは「チャリティーマーケット」だ。と、その時に確信しました。


印刷がぎりぎりに出来上がった「バッハとハ短調」CDは、ベルギーのヤマト運送でなんと3日後に到着したから良かったけれど、もう間に合わないのではないか、演奏会の次の日とかに到着するのではないかとかやきもきしたりするのも、もう商人の心持ちだったし、チャリティーマーケットで販売するための売値と元値の計算の表の作り方を、仕事でよく使っている弟に教わってエクセルで作成したりするのも今までやったことのない仕事でした。

また、スペキュロースクッキーを、この気温の高い日本の台所で作ろうとすれば、バターが柔らかくなり、型にくっついてうまく取れない!ぜんぜんうまく作れない!大汗の仕事になってしまいました…(作って下さったボランティアの皆様有り難うございました!)

油絵の木枠を作成して、飾れるように弟の画家のお嫁さんが作ってくれたのを手伝ったのも初体験。

そして何より、演奏会当日、いろんな人たちが集まって、マーケットの準備をして下さっているのを見たとき、

「ああ、ただの演奏会じゃないんだ!『やりましょうよ!』と簡単に言い出した自分はなんて愚かだったのだろう。こんなに大変な仕事になった。」

e0203829_1382259.jpg

e0203829_1383414.jpg

e0203829_1384177.jpg

e0203829_1385095.jpg




Bluebellの森のYさんがすべてをまとめてくださって、当日を迎える事ができたのです。
忘れ物もなく、いろいろな細部の仕事を乗り越えて。。。

なんとか、10万円強の寄付をすることができたようです。

みなさんありがとうございました!




しかし物を作り、売るという事はなんという大変なことか。それが、身にしみたことが、これからの人生に生きるだろう、という予感がします。このことが、全てを差し置いて第一の収穫であった、東京の20日間でした。

音楽の話は次回に書きます。






にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村



035.gif

It has been such a fulfilling twenty days that it feels like three months were passed in Tokyo.
Now coming back to Belgium and seeing that it has been one month since I have written the blog, I restart wrigting as if a school girl in mid August who has left whole of her summer diary homework too late to fill in...

It was the end of June when I started to go and collect the nice works prepared for our belgian charity market in Tokyo. One after another... my suitcase was full to burst, and I just inserted some thin summer clothes in between.

My music, organ shoes, things important for the concert... almost everything in my baggages were for the D-day of the concert in Matsumoto Memorial hall.

I had a a good impression that "this trip is going to be the charity market trip".

My new CDs to be released on the occasion was "running" late. I knew it and thanks to my husband who stayed behind paied, went and got the CDs in the printing office and sent to Tokyo by Yamato transport from Zaventem : miracle, it arrived three days later (I recommend to everyone who need to know the rapid and reliable post service!!). It felt like being a merchant.

I leant to fill in the Exel tables thanks to my brother who is used to it, to culculate the charity market finances.

The wife of my brother helped me to make the wooden structure of the large oil painting of jan Goris....

Friends who baked the Speculoos biscuits had hard time in boiling Tokyo as the daugh just stuck to the Belgian traditional wooden form and whould not let us bake smoothly...

Many many people helped.

I just saw all those (mainly Japanese organists!) standing behind the charity market marchandises and thought:

-Oh dear I have thought of the market with such a light heart.
But look everyone who is helping...
it's a BIG work...

Thanks to Madame Y of the Forest of Bluebell, it just happened in the way it had to be : a very friendly and enthousiastic time was held during the markets between the two recitals.
It had made 100.000 yen charity recolt to the Red Cross Japan.

Thank you to all who gave the works to be sold or who helped selling them on the day.

The importance of the work behind the "Market" impressed me ever so strongly.

The musical side will be told, in the next blog.

035.gif
[PR]
by momoyokokubu | 2011-07-23 01:40 | 鍵盤楽器