おるがにすと・クロニクル Chronicle of an Organist

momokokubu.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

色とりどりのブーケ

035.gifIn English below035.gif

4歳で小学校の幼稚科に入ってから、中学まで同じ公立の学校に通っている娘には、小6までふたごのように仲良くしていた女の子がいました。

幼稚園年少組のときから、たまにはケンカしながらも「切磋琢磨」して、クラスのみんなを牽引してますと先生に言われていたふたり、小6まで、ついにクラス替えでも「ふたりを引き離さない方が良い」という学校の好意で常に同じクラスで勉強しました。

2年ごとにクラス替えがあるのに、「そういう教育方針もあるんだ。」とわたしには新鮮でした。

そのお陰か、娘も親友のSちゃんと本当に存分に遊んだり勉強したりけんかしたりしたと思います。
ほかの友達もみんな大事な仲間たちだったとおもうけれど、学校ではたった一人「同志」がいると行くのが楽しくなるものです。行きたくない日でも、Sちゃんに会って元気になる。そういう関係でした。

中学に上がるとき住所が近い子が優先になったので、Sちゃんは違う学校になってしまい、少し疎遠になりましたが、わたしたちも小学校の間中、登下校は保護者同伴だったので、お父さんお母さん、おばあさんとも親しくつきあいが続いていました。


でも、6月14日に、Sちゃんの心臓は急に止まってしまいました。

水泳のクラブ活動中のことでした。

誰も、ご両親も想像もしていなかった出来事でした。

お父さんが、プールサイドから飛び込んで、Sちゃんを引き上げたのだと聞きました。

一体何があったのか?

まだ検査の結果が出ていません。

それを待つ時間も無く、昨日はSちゃんのお葬式でした。

わたしたちの職業では、毎週のようにお葬式の依頼があります。
そして電話が来たら3日後には演奏するということで、曲や典礼を急いで打ち合わせます。
家族や、神父さんとの話し合いが遅れると、当日初めて楽譜をもらって伴奏するものも中にはあります。

でも、近親の家族が幸いにみな元気にしているわたしと夫の場合、Sちゃんのお葬式は今までで一番辛い式でした。こんなに準備するのがつらかったことはありません。

お父さんとお母さんが気丈で、Sちゃんの好きだった曲や、最近ピアノで習って弾いていた曲など、メールや電話で打ち合わせして、オルガンで弾けるように楽譜を準備しました。

金髪で、カラフルな服が大好きだった元気なSちゃんのために、出席者は全員色彩豊かな格好をしていくことになり、トワイライトの「ベラの子守唄」とバッハの3声のシンフォニア・イ短調を練習し、娘と、宮崎駿の映画「耳を澄ませば」のカントリーロードのシーンを20回ぐらい観て音を書き取り、日本語のままの歌とオルガンとヴァイオリンで弾けるようになんとかぎりぎり練習して、当日は土砂降りの中、駅からタクシーで往復してもらってお友達みんなで教会に集まった。色とりどりの衣装。様々な色の花をいくつかのブーケにしたものが、車にも、棺にもつけてありました。


式のことを思い出そうとするとなんだか涙でかすんでしまってよくわからなかった、という感じですが、お父さんもお母さんも最初と最後にしっかりお話をされ、さまざまのお友達も手紙を読み、たくさんの馬に乗った少女たちに先導されてお墓まで長い長い行列をし、お花を捧げ、最後のお祈りが終わった後、彼女の中学校の体育館でサンドイッチと飲み物が出され、みんなで少し喋ってSちゃんの写真のスライドを見ました。



小さい姿の娘とSちゃんは、しょっちゅう一緒に写っていて、もう今では遠い遠い昔の思い出のような、楽しい楽しい時間を追体験しました。



お父さんが、

「この子は、こんなにやりたいことを全部して、楽しい体験をたくさんして、そして一番好きな課外活動をしている最中に天に召された。自分たち、家族は、彼女と共に暮らした毎日、一刻一刻が喜び以外の何ものでもなかった。後悔することはまったくありません。もう一度、この子との人生を最初からやり直すとしたら、一字一句変えずに、「句読点」の位置さえも変えることなく、やり直せます。」

と語った言葉が、今も胸に鐘のように鳴り響いています。

まだ泣きべそをかきながら、娘も、わたしたちも、新しい人生に入ったような気分になる。





にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村



035.gif

035.gif
[PR]
by momoyokokubu | 2011-06-21 22:00 | 家族生活

ベルギーミニマーケットその2| Belgian Market vol.2

035.gifIn English below035.gif

e0203829_19415259.jpg


ブリュッセルの聖ミシェル・聖グデュル大聖堂で、4月15日から5月31日まで展示されていた、ヤン・ゴリス氏の油絵の連作のうちの一枚です。いくつかの「イエスのたとえ話」を題材にしていて、この絵は、「からし種のたとえ」の一枚です。

からしの種は、見たことのある人はわかると思いますが、まん丸くてあまり「種らしく」ありません。ひまわりの種のような、きれいなしましまもついていないし、よく種にあるような、「尖った部分」もないので、種に見えない。からしにもいろいろあるようですが、西洋のマスタードの粒よりもさらに小さい原種のからしは、米粒の100分の1ぐらいの大きさに見えます。

それを蒔くと、良い土に育てば、4メートルを超える大きさに育つ。


聖書の引用。
「また、ほかのたとえを彼らに示して言われた、『天国は、一粒のからし種のようなものである。ある人がそれをとって畑にまくと、それはどんな種よりも小さいが、成長すると、野菜の中でいちばん大きくなり、空の鳥がきて、その枝に宿るほどの木になる』」
(マタイによる福音書13章31- 32節)



また、「最初は小さいものが驚くほど大きくなる」という意味で、からし種のような「信じる気持ち、信仰の深さ」を持ち、育みなさい、という風にたとえられるようになった。

そして、さらに、

しかし主は言われた。「もしあなたがたに、からし種ほどの信仰があったなら、この桑の木に、『根こそぎ海の中に植われ。』と言えば、言いつけどおりになるのです。」
(ルカによる福音書17章6節)

と、いうたとえが出て来るのです。
大げさな!というか、表現力めっちゃ豊かなんですけど、

それを題材にして、根こそぎ海に行っちゃって生えている木を、ゴリスさんは縦2メートルの絵に表現しました。

ゴリスさん本人による連作の説明会があって、私は直接ご当人に会ったことが無かったのですが共通の友人に誘われて参加した時に、この絵を見て、

「津波で生き残った唯一の松を思い出すなあ。」

と、じーんとしていたら、その日は、ゴリスさんのファンの人たちが大勢来ていて、次々に作品を購入している模様。ゴリスさんが、前日の電話で、

「東北のチャリティーのために、一枚寄付したいから、好きなのを選んだらいいよ。」

と言ってくれていたので、この絵がいいなあ、ととっさに思いました。でも、この絵は展覧会で最も高い、2000ユーロぐらいの値(だったかな?細かい数字は忘れました)がついていたのです。

それに、15枚ぐらいある絵の中から一枚と言われても、独断で選んでいいのかなあ…と頭では悩みつつ、この海の青い色にも惹かれてそこにたたずんでいると、

私の目の前で見事お買い上げされました021.gif

と、いうわけで、

5月の展示期間中、「売れなかったものから選ばせてもらいます」ということにして、5月31日に展覧会がクローズになるのを待っていたら、絵画の引き渡しと残った作品の梱包をしてくれた芸術家担当の神父さん、アラン・アルノルド神父が、

「からし種の、鳥がいる方のやつ包んであるから取りに来てよ!」

と教えてくれました。
同じ大きさの、からしの木に鳥が2羽いる絵を、「売れ残りと言わずに、これがからし種関連で良さそうだから、日本用にキープするように」と、ゴリス氏は、売れていないのに赤いステッカーを張っておいてくれたんだそうです。

昨日の、ブリュッセル大聖堂での12時半からの精霊降臨祭のミサでは、クリスティアン・ヴィルヌーヴのミサ曲がベルギー初演され、「こんな前衛的なミサってあり得るのか?!」と、慣れているはずのMesse Festive常連も仰天しました。それを堂々と司式したアルノルド神父は、サクリスティの奥の部屋で赤いペンテコステ用の祭服を着替えながら、わたしに作品の置き場を示してくれました。

その薄暗い石の部屋で、日本に行くのを待っていてくれた、2メートルもある「からし種の木と鳥たちの絵」が、すごく特別な「運命」でそこにあるのだという気がしたのでした。


そちらの写真はまだ撮っていないので、自宅に夫とふたりで大事に運んだら、壁に架けて、写真を撮ります。出発の前日まで壁にかけ、直前に木枠からはずし、巻いてキャンバスだけトランクに入れて日本へ持って行き、帰国したら演奏会の日までにDIYショップで木を購入して枠を再構築する予定です。
そして、7月16日の演奏会で販売します。

演奏会は、おかげさまでチケット完売したそうです。
購入して下さった皆様どうもありがとうございました。

是非この「からしの木」に会うのも楽しみにしていてくださいね。


にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村



035.gif

035.gif
[PR]
by momoyokokubu | 2011-06-13 20:50 | 鍵盤楽器

ベルギーミニマーケットその1| Belgian Market vol.1

035.gifIn English below035.gif

e0203829_4375354.jpg


Louise Harveyさんは、ベルギーに住むカナダ人の女性写真家です。
数年前に家族で日本へ旅行して、特に姫路城などに感動し、そのときの写真の展覧会を準備していたところ、3月11日の地震があったため、急遽展覧会はチャリティーに変更、また、日本大使館の後援を受けることに。

e0203829_4582656.jpg


ブリュッセルの画廊ARTHUS GALLERYも、チャリティーに賛同し、無料で3日間場所を貸してくれることになったそうです。彼女の写真の特徴は、全ての作品で、2枚の写真をスライド用に焼いて、そのまま重ねていることです。

一枚は庭とか、海とか、山道。
二枚目は現代の日本の風景。

その透明度の高い、しかし奥行きのある写真を見ていると、太古のDNAが息づいているかのような錯覚に陥ります。とにかく色がきれい。はっとするような組み合わせの写真がいっぱいあります。

今回はブリュッセルで6月の16、17、18日に展示されますが、この写真展の一部を、東京松本記念音楽迎賓館でのオルガンリサイタル時に開催される「ベルギーチャリティーミニマーケット」でも展示販売することに決まりました。このお知らせ絵はがきのように、額の枠の中にも図柄が配置された中に丸く写真がのぞいている状態で、50センチ角ぐらいの正方形の額入り。全作品の絵はがき集も製作する予定です。

全ての売り上げを日赤を通して東北に寄付するということです。
7月16日の土曜日の午後、演奏会やミニマーケット、ぜひいらして下さいね!

午後2時の部と4時半の部、あと15席ほど残っています。
全席予約制のようなので、お早めにどうぞ!013.gif

e0203829_555112.jpg

e0203829_542279.jpg




にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村



035.gif

Louise Harvey is a Canadian photographer living in Brussels.
She has travelled to Japan with her family some years ago and she was impressed by the whole but specially Himeji castle and its area.
She started to prepare an exibition, and there was the 11th of March...
She decided to make the exposition a charity one, and the Japanese embassy is now giving its patronage.

The Arthus Gallery (rue Simonis 1050 Bruxelles) is also giving their part of charity in letting the place free for three days. All proceeds from the sales of the photographs will go to the Japan Aid.

Her photos are made of two diapositif prints superposed.
One can be the modern Japan, the other can be the scene of the traditional nature.
When I see them it makes me feel an ancient DNA appearing through the depth.
The photos are in fact very transparent yet gives the feel of the 3D.

Thoses photos will be exhibited in Brussels between the 16th and the 18th June, but she decided to leave some of those photos for me to bring them to Japan, so that I can exhibit them during my recitals in the Matsumoto Memorial Guest House in Tokyo.

I will bring them in frames of about 50 cm x 50cm to be on sale, as well as the postcards.
See announcement of the concert here
About 15 places for the 2 o'clock pm and also 15 places for the 4:30 recitals are still avalable.



035.gif
[PR]
by momoyokokubu | 2011-06-05 05:24 | 鍵盤楽器

小さいけれどつながるもの | A little thing that connect

035.gifIn English below035.gif

e0203829_4254470.jpg


水曜日、ピアノの生徒の腕に日本語がちらっと見えた。
チャリティ−で買えるんだそうだ。

小さいことでも、つながっていくことが出来るようなもの。
ゴムの腕輪はメッセージが入るからイヤリングや首飾りと違って意味が分かりやすい。
エイズの募金のための赤いリボンのように、文字が要らない装飾品も存在するけれど、
腕輪なら男の子も女の子も若い子たちはみんなつけている。

東北のこと、自分も今回行くことになる関東のこと、原発のこと、
ベルギーにいても、「誰とでも」その話が会話に上る。
原子力発電事故以来、日本の事故だけれどそれは世界の事故だということがはっきりしたからだ。

ピアノのレッスンの日にも、そうして若い人たちと政治の話をする。

それに、頑張れ、よりも
負けるな、
がすごく共感できます。
ただ頑張って働くよりも、もっと難しく大変なこと。
なんとかして、「最悪よりまし」に向かわなければいけないのだから。




にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村



035.gif

One piano student had a blue bangle, where I saw some Japanese writing.
She told me they sell them for the charity.

Bangles are good, as one can print some messages, unlike earrings or necklaces.
We know the red ribbon for the aids charity, but nowadays boys and girls wear bungles, and it must sell well.

A small thing, but that keeps us connected.

I think of Tohoku, and Kanto area where I am going to this summer, and I can discuss the subject with anybody I meet on the day here in Brussels : the Japanese nuclear problem is now the world problem.
On the piano lesson day too, I discuss about it with young people.

The translation of the red words on the bangle is:

"never give up nippon"

and that is more our feeling than "ganbare"= go on, make it, or work hard :
as we just have to make it less worse.
(I know, it's wrong gramatically, but we say in French moins pire also wrong in grammar - to show how it's already desasterous and hopeless of making it less)
A harder time than just work hard.




035.gif
[PR]
by momoyokokubu | 2011-06-04 05:00 | 家族生活