おるがにすと・クロニクル Chronicle of an Organist

momokokubu.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:鍵盤楽器( 105 )

ストラスブルグの秋 | Autumn in Strasbourg

金曜日の朝早くブリュッセルを出て、昼過ぎにストラスブルグに着き、教会に直行してオルガンを練習し、夜遅くそこからバスで行ける友達のうちに泊まりに行き、土曜日の昼からまた練習して、夕方の電車に乗るまで町を歩いて写真を撮ったので今は帰宅して夜中を過ぎてしまいました、だから今日は「絵日記」です(はふ〜一息で書いたから息が切れた)006.gif 

秋ですね053.gif


035.gif
Left early Friday morning Brussels and up on an organ bench in Strabourg until the evening, stayed at friend's there and some more work the day after, then a little walk by the water before taking my train back … makes today's picture gallery diary (in one breathe, please!)060.gif




こんにちはオルガン | Hello organ
e0203829_834091.jpg


ベンチ | benches
e0203829_8334049.jpg


このゲムスホルンにまたすぐに会いたい | I want to see him again soon
毎日会いたい | I want to see him everyday
自分のものにしたい | I want him
(恋かな…)| (fell in love with this Gemshorn)
e0203829_833053.jpg



降りてごらんと誘われるような。| ( inviting me to go down)
e0203829_8324452.jpg


印象派、そのもののような紅葉 | A real picture of Impressionism
e0203829_832875.jpg


ビストロは夜7時まで開かない。| The bistro is closed till night
e0203829_8314220.jpg


でも休憩させてもらいました | A pauze
e0203829_8322435.jpg


さて帰りの電車もうすぐ来るかな… | waiting for my train back home
e0203829_835333.jpg


にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村



にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村
[PR]
by momoyokokubu | 2010-10-10 08:58 | 鍵盤楽器

フレスコバルディのカンツォーナ|Frescobaldi's Canzona

035.gifEnglish version below035.gif

ジロラモ・フレスコバルディのカンツォーナのレッスン。

長い音で始まるテーマが、4声それぞれずれながら入ってくる出だし。
でだしがむずかしい。
音が少ないし、一つの音が3秒ぐらい続く所で音楽が行き場を探すように急に停滞しないようにしなければいけない。オルガンは指で押しているだけで音が続くので、途中でふと集中力が途切れ、無目的になるのだ。

休符のところでは「音楽のないところにある音楽」が、その無音の隙間を生き生きと表現しなければいけない。

音がある部分の裏に、強烈な心拍の感覚が隠れている。
楽譜を見ると

どく、どく、どく

脈打っているのが見える。

それを見つけてしまえれば音楽は勝手に流れて行く、流れを止めないように、対位法が勝手に動き出したら、ほとばしり出るように。

ほとばしる音のつぶつぶを手の平が軽く支えて、鍵盤が必要としているだけの重さをそれぞれの指が加え、解き放ち、その連鎖でカンツォーナは歌いだす。

これが
フレスコバルディを弾く秘密だよ!

という1時間のレッスンだったのだけれど

言うのは簡単だけどぉ〜

というようなものではあります025.gif

でも、普通に「きれいに」無機質に全部の音を弾いた時と
上記のポリフォニー奏法で弾いた時と

「ぜんぜんちがう!」

ということはみんな「耳では」わかる。
耳だけが頼れるのだ。
(さらには音を想像できる耳、無音状態でフンフンフ〜ン060.gifとひとりで音楽を思っているときの耳)

音楽は、耳で、耳で、耳で、練習するだけです。
耳が「これでいい」というまで、練習するだけです。

にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村


035.gif035.gif035.gif

A lesson on the Frescobaldi's Canzona on the organ.

A note of long value starts the theme.
Entries by the other voices follow.

The beginning is the most difficult part to play in this kind of music.

How to play the long note ?
On the organ a finger has pressed one note, and it continues... but it sounds lost, if the 'during the note' does not breathe.

And how to play silence ?
Great continuity of heartbeating behind the music makes the silence speak.

All that, supported by a pair of good palms, weighing the just weight of each key, fingers press and release to let the Canzona flow.

It sings!
The end of today's lesson029.gif


Easy to say, difficult to do026.gif?

Then, when I demonstrate two versions:
1. played properly but completely straightforward
2. played delicately in the polyphonic manner

...why EVERYONE knows which one is the good one?

Yes, your ears!
Ears are the secret arm that we possess.
We can only depend on our ears!
(And your inner ears, to go farther...)


Go on, until your ears tell you 'that's good'.


035.gif
[PR]
by momoyokokubu | 2010-10-08 03:19 | 鍵盤楽器

オルガンレッスン | Organ lesson

e0203829_20453222.jpg



10時から午後1時まで教会でレッスン。

生徒の来ない空いた時間に練習。
家を出る時にかばんにちぎれそうなほど楽譜を詰めて持って来たからいろいろなものを練習できました056.gif

練習するとなぜこんなに心が落ち着くのでしょう026.gif
コンサートの事を考えるとぜんぜん落ち着かないけれど…
リハーサルや練習は音楽生活の中心です060.gifやはり。
それにしても時間は飛ぶように過ぎるなあ…

さてついに始まった「小さいオルガン学校」の最初の生徒さんが、庭のくるみの木の収穫を持って来てくれました。
くるみ!
おいしいチーズ、ワインといただく時のために、くるみとクルミ油を使った茶色いパンが焼ける。

(と思ったのに、オルガンに置いて来てしまった…楽譜だけでもよいこらしょという重さだったので、無意識に荷物を軽減してしまったか。くるみだから良かったけれどお魚とかだったら教会に置きっぱなしはまずいですね、いや、さすがに生ものをいただいたことはないですが)

にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村



にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村



035.gif
The first lessons today from 10 o'clock in the church.
Between lessons, practising all I must rehearse.
Music full of my big bag...

It makes me peaceful to face my practice time, not like when I think of coming concerts021.gif

Practising and rehearsing are the greatest moments of the daily life060.gif

By the way my first student has brought me a bagful of walnuts from her garden.
To bake nice breads with walnut oil, to serve with a glass of wine and some good cheese032.gif

(But I forgot to bring them back home 050.gif)
[PR]
by momoyokokubu | 2010-10-05 20:52 | 鍵盤楽器

おるがんラジオ |Organ Radio

035.gifSee below to read in English035.gif



25分!
ラジオで喋らせてあげよう。

と言われたら

できるだけ喋るところを減らそう、
言いたい事は音楽のなかにあるのさ。

と、かっこよく思ってやってみるけれど、やっぱり大きな黒いマイクの目の前で
「しーん。」
とされてしまうと、ちょっとした説明だけでも、言うつもりのない言い回しが口をついて出て、つじつまを合わそうとしているうちに主語が複数だったか女性単数だったか男性単数の過去形だったのか

わけわからなくなることもあります。

それでも上手に切り貼りしてくれる録音技師のポル・エマニュエルのお陰でわたしはこのオルガン・ラジオを5回目まで乗り切った。

ブリュッセルの仏語キリスト教放送局は、ほとんどの友人が
「まったく音波をキャッチできない。」と口を揃える弱音波ラジオ局。

なんとかインターネットラジオで聞いてみたりしていましたが、ついについにこの9月からポッドキャストが発足。

2週間ぐらいの間、「オルガンの月曜日500回記念コンサート」の一部を紹介した第4回放送がポッドキャストで聞けます。

http://www.rcf.be/06-09-10-Orgues-sur-le-Vif-500eme.html
(うまく貼れない…007.gif

日本人のくせに仏語で公共の電波で喋っているというのは。

いいのかね?
ほんとに。
014.gif


しかしよく任せてくれたな。と、思いませんか?
わたしは、思います。

わたしのは「Orgues sur le Vif!!」
(「オルガン、できたてのとこつかまえた!」みたいな感じ)
という名前で、「ライブのオルガンコンサート録音だけ」で作る番組。

他には週ごと同じ時間帯に、オルガンCDを紹介する番組、グレゴリオ聖歌の番組、合唱の番組、全部で4人の担当者が、それぞれ教会関係の音楽プログラムを制作しています。

オルガンCDの紹介作品が「シネマオルガン」だったりすることもあるようですが…041.gif

小学生の頃、「読書感想文」を選ばれて給食時の校内放送で自分で朗読した時の、ひどすぎる放送が、わたしにはトラウマになっていないのか?と自問しないでもないですが044.gif

(「蚊の鳴くような声」、「早送りしたみたいな、か細い早口」←これは友人の発言、今でも忘れない。)

母国語からほど遠いおふらんすごだから、ぺらぺ〜ら!とは喋れず、こういう早口おしゃべり女の「足かせ」になっていてちょうどいいのだ。

と、最後はやっぱり自己肯定的にしめくくりたいと思います。


ちなみに、第1回は「台本」を用意して、ちゃんと「歌詞」暗記するみたいにして喋りました。
でも録り直しになって(何故かは訊かないで下さい)、

録り直した日に(そうですわざわざ2日目も出向いて…)さすがに「台本」に飽きを感じたのかいきなり「マグリット美術館」にそのときの曲(クープラン)と同名の絵があることを思い出して、脱線して、
「第1回、面白かった!」
と言ってもらえるようなのが録れた。

そのあとで台本を書かなくなって
ちょっと修羅場。。。冷や汗。。。

やっぱり台本は作っておいて、脱線する可能性を残すべきなのか?
牧師先生たちはどうやっているのだろう(比較できませんが)039.gif

新しいブログはたくさん写真も載せられるから引っ越したのに、音楽の話題って

おとしかないからしゃしんはなしです!
(↑棒読み、赤ちゃん声で)

この次はト書き入れた台本にするか…
それって、ロマン派以降の楽譜とおんなじかもしれません。んんん。

今日の格言:三つ子の魂百まで
(百って…怖い格言だね)

にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村



にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村




035.gif035.gif035.gif


Oh my God I am speaking French on the public wave!
I have been known as 'a squeeky double speed speaker' since my first appearence at the school radio when I was 11 years old.

Here I make mistakes but I don't speak too fast, and I have a great 'cut and paste' sound engineer, Paul-Emmanuel023.gif... ←Thanks!

In any case, it's the music which speaks here.
My once a month program at the RCF - Radio Christian French speaking - is called
'Orgues sur le Vif!'
http://www.rcf.be/06-09-10-Orgues-sur-le-Vif-500eme.html
(here is the podcast of the 4th program, playing the extracts from the 500th Organ Monday concert) , and uses only live recordings.


But I did prepare my texts the first time.
And for some reason we had to all re-do it, 021.gif
I came back a week after and my brain had enough of my own written out textes, and all of a sudden I started to refer to the paintings of Magrite in relation to a Couperin piece.

They loved it!

I have not prepared the written out texts since, but that's sometimes nerve lacking.

Should I, do like romantic composers, indicating

'pronounce it pomposely ' or 'in a sweet voice...'
so that it will be 'well interpreted' by myself?013.gif

Oh I forgot a photo for the blog...
Or, rather, because I am speaking about music and the radio, we need no images...

035.gif









(
[PR]
by momoyokokubu | 2010-10-02 07:15 | 鍵盤楽器

あたらしいオルガンブログを始めました| Starting new organ blog

みなさんこんにちは…

「晴れた日のオルガン」から引っ越ししました。

これからもよろしくお願いします!

035.gif
Welcome to English readers!
Please read on to the bottom of this page in your language...
035.gif


e0203829_22315172.jpg





新しくオルガン(その他)の学校みたいなものを始めよう!
ということになり、

要項を簡単に作って配布し、

プライベートブログにメールアドレスやレッスン日のカレンダーを用意し、

携帯電話で時間割調整をしたら、あららあっという間に来週10月、開校です001.gif
といってもただのプライベートレッスンが始まるだけ025.gif

音楽は基本が個人レッスンなので、「学校の建物」がない私の場合、まったくヴァーチャルな学校にしかなりません。それに試験もないし019.gif

先生もわたししかいない008.gif

でも生徒さんが12人申し込んでくれました053.gif

ピアノ、チェンバロ、室内楽は自宅で。
極寒の季節まで(11月からは別の教会で)、オルガンは近所の教会(上の写真)で。
遠くから来る人は夕方から教会広場が駐車無料になるらしい。知らなかったです。

e0203829_22352414.jpg



バス&トラム派の人たちにはすぐそばのアールヌーボー風のバス停で降りてもらいます。


e0203829_22363851.jpg




ベルギー旅行中にレッスンしたい方も「ポップ・イン」できます。
1時間から、レッスンチケットの購入出来ます。
そしてその「売り上げ」はミニパイプオルガン(アパート用オルガンと呼ばれる)購入の資金となります。目標3年後…。025.gif

今日の格言:なにごとも始めは楽しい043.gif


にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村



にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村



035.gif
Hi, everyone!
I am starting the new blog.

And a new school(!?) of organ and co.

Here is the photo of the church I give lessons of the organ, until it gets really cold.
Piano, harpsichord, basso continuo, chamber music and liturgical accompagnement pupils come at my home near the church.

Lessons are in any case individual; it will be quite the same as before 026.gif
Oh yes, don't ask me 'where is your school?'

Even virtual, it makes a good start, please call it

The Little Organ School of Brussels!!!!

You are all welcome even for one lesson; write me an e-mail, I am flexible.
See you soon, perhaps 029.gif
[PR]
by momoyokokubu | 2010-09-29 23:47 | 鍵盤楽器