おるがにすと・クロニクル Chronicle of an Organist

momokokubu.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:コンサート予習用( 3 )

4/15予習編その5(最終回)

4月15日の演奏会の後半の作品はバッハ以外の作曲家の作品です。
前半は私が弾きますが、ここからはグザヴィエが弾きます。


まず5曲目。バッハがいいなあ〜とあこがれていた、ディートリッヒ・ブクステフーデのトッカータニ短調です。ブクステフーデさんは、そういう名前の街がデンマークにあり、ドイツの北の国境に近いため、ドイツはリュベックのオルガニストでしたが、ご先祖はスカンジナビアの人だということが言われています。

かたや、中央ドイツ、アルンシュタットのオルガニストだった20歳のバッハさんは、なんと

「修行のため、リュベックにブクステフーデ大先生の即興演奏を聴きに行って参ります。つきましては、徒歩で行きますんで4週間の休暇を下さい」

と教会に言い残して出掛け、4週間どころか3ヶ月の間、メールも携帯メッセージも送らずに、何の音沙汰もないまま帰って来なかった!というのですから、無責任じゃあありませんか。

と、いうのはもちろん冗談ですが、教会から随分叱られてしまったらしいです。ちょうどいい機会とばかりに、「いつもわけのわからない和音をつけて伴奏をするのも良くない」し、「どこの馬の骨ともわからない女性を合唱で歌わせた」などと批判されて、片道400キロの徒歩旅行からやっと帰ったと思ったら、ふんだりけったり、の目にあったバッハ。

実はこの歌わせた女性が、後の奥さんになるマリア・バルバラだったということや、リュベックでは素晴らしい即興を堪能して、ブクステフーデ大先生にもお目見えする機会を得て、演奏を聴いてもらってすっかり気に入られ、彼の後継者になることを持ちかけられたのに、その条件が「自分の娘と結婚すること」だったことが(バッハより10歳年上の女性)ネックになったのか、そのまま帰って来た…など、…

300年後にウィキペディアなどというものによってそんなプライベートな話を世界中に吹聴されるなどということを20歳のバッハが知っていたら、一体どういう気持ちになったでしょうか015.gif

そんな逸話のある大ブクステフーデのトッカータ、昨日のバッハのトッカータの記事で触れたように、自由な部分とかっちりした部分が互い違いに出て来る即興の様式で書かれ、

「あれ?この出だし、バッハもこの作品の影響受けてるんだなあ〜」

とピンと来るような部分もあります。

続いて6曲目はロマン派の作曲家、メンデルスゾーンのオルガンソナタ第6番。フェリックス・メンデルスゾーンは、裕福なユダヤ人家庭に生まれましたが、ドイツの文化により溶け込んで音楽のキャリアを積めるように、メンデルスゾーン父の決断でユダヤ教から改宗し、キリスト教徒としての教育を受けました。プロテスタントの賛美歌の「主の祈り」をテーマに繰り広げられる、ヴァリエーション形式の作品です。メンデルスゾーンは、お姉さんのファニーさんと共に、おそろしく音楽の才能が幼少から顕著だったらしく、14歳のクリスマスプレゼントに、おばあさんから、バッハの「マタイ受難曲」の総スコア楽譜をもらったというから驚きです。

この「マタイ」は、ものすごく長い、合唱ふたつ、オーケストラふたつが、イエスの受難を「マタイの福音書」の視点で物語る「巨大カンタータ」というようなドラマチックな作品で、楽譜の量は半端じゃないのですが、もちろんスキャンしてコピーするだけで何時間もかかっちゃったはずです。というのは冗談で、なんと手書きの写しだったらしいです(と、いうか、もちろんそうするほかにはないのでした)。

そんなものを手に入れたおばあちゃんはすごい。いや、可愛い孫のフェリックスのためならなんでもするという、祖母の溺愛はいつの時代も変わらず、というところでしょうか。

と、いうわけで、メンデルスゾーンは若い頃からバッハの「マスターピース」に親しみ、1829年3月11日、20歳の時にベルリンでマタイ受難曲の「公開演奏会」を自らの指揮で行ったのですが(1000人聴きに来たというからすごい)、バッハの死後、みんなから忘れられていた「マタイ」の、初めての再演だったそうです。既に楽器がバッハ当時とは違っていて違う楽器で代わりに演奏したパートがあったり、長過ぎるので割愛して縮めたりしたらしいです。こうしてバッハ復興の幕は切って落とされたのでした。

さきほどのバッハの徒歩旅行といい、20歳の天才の方々、ほんとに何をやりだすかわかりませんね。

メンデルスゾーン君によって始まったバッハ復興は、19世紀にはベルギーのレメンス先生、20世紀フランス初頭にはヴィドール先生によって引き継がれ、これまた天才オルガン即興家で作曲家だったマルセル・デュプレによって、ゆるぎのない「オルガニストのバッハ信仰」(特にフランス語圏)を確立するに至りました。


e0203829_2593274.jpg


デュプレは「エンサイクロペディア」を編集するような熱意を持ってバッハのオルガン作品全てと取り組み、そのひとつひとつに「正しい」指使いとペダルの足記号(かかととつま先のどちらを使うかという表示で、○がかかと、⋀がつま先の印。私はドイツ式で、かかとは∪マークを使っていますが)を書き入れ、演奏上の注意も指示したバッハのオルガン作品全集を出版しました。

バッハの賛美歌=コラール前奏曲を模倣して、デュプレも前出のアルンシュタットの教会の人が聴いたらそれこそ卒倒しそうな現代的な和声付けの「コラール前奏曲集」も残しましたが、彼の真骨頂はやはり自由な様式の作品。

1931年2月13日、ベルギーの王立音楽院で行われた「十字架の道」演奏会は、詩人ポール・クローデルの詩に、当時45歳のデュプレが即興でオルガンをつけて行くという形式で行われました。カトリック教会に行くと、左右の壁に、十字架に向かうイエスの14の場面の絵が架かっていることが多くあります。あれを、詩と、音楽で表現したもので、全部演奏するとオルガンの部分だけで軽く一時間を超えるのですから、詩の朗読を入れたら一体どのぐらい時間がかかったことでしょうか。それを、デュプレは家に戻ってから、記憶と録音をたよりに、譜面におこして、発行したのですから、本当に素晴らしく働き者です。でも、この写真でもわかるように、アメリカを中心に世界中を回って、2000回のオルガンコンサートを弾いた、という人ですから、現代から見てもなかなかこれほどの働き者オルガニストはめったにいないでしょう。

前置きが長くなりましたが、7曲目に、このデュプレの長大な「十字架の道」から3曲抜粋で、「20世紀のフランス式即興」の世界に触れていただき、8曲目に、現代の即興演奏家でもある夫のグザヴィエが復活のグレゴリオ聖歌、「Victimae Paschali Laudes」のメロディーに乗せて即興して演奏会をしめくくります。先ほど、メンデルスゾーンとバッハの20歳の冒険に触れましたが、「十字架の道」を即興したデュプレが45歳ならグザヴィエも今45歳です。

これは全くの偶然ですが、即興の出来る夫にすら(わたしは演奏会レベルでは出来ません)、

「即興は即興では出来ない」

ということらしいので、武蔵野の演奏会は「45歳の冒険」ということで、頑張ってもらいたいと思います。

長い文章をさいごまで読んで下さって有り難うございました!

15日に武蔵野市民文化会館でお会いしましょう!!


060.gif060.gif060.gif

本日のまとめ

武蔵野のコンサートの後半の曲は、

ディートリッヒ・ブクステフーデ/トッカータニ短調BuxWV155
フェリックス・メンデルスゾーン/オルガン・ソナタ第6番二短調op65
マルセル・デュプレ/「十字架の道」op29より第2、11、12留
グザヴィエ・ドゥプレ/「Victimae Paschali Laudes」による即興


です。

本日の聴いとこう

バッハ/マタイ受難曲
(ここに書いておいて何ですが、15日の演奏会の前までに全部聴くのは長くて無理かと思いますので、演奏会のあとにでも、聴いたことのない方はいつか全曲聴いてみて下さい)
・その1:バッハの譜面通りのオリジナル・ヴァージョン(いろいろな録音があります)
・その2:メンデルスゾーンが演奏したときのヴァージョン(私の知っている限りではロジャー・ノーリントンがメンデルスゾーンのメモなどから再構築したものが録音されています)
























にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村



035.gif

035.gif
[PR]
by momoyokokubu | 2013-04-12 03:00 | コンサート予習用

4/15予習編その2

きょうは、その1にひきつづき、4月15日(月)の「ニ短調d-Mollをめぐるオルガン・デュオ・リサイタル」で演奏する第2曲目について書きます。


イタリア風パストラーレのあと2曲目は、

オルガンのための協奏曲ニ短調(ヴィヴァルディ作品バッハ編曲)BWV596
・アレグロ
・グラーヴェ
・フーガ
・ラルゴ・エ・スピッカート
・アレグロ 
です。

バッハは中央ドイツのアイゼナッハという村の出身(1685年生まれ)ですが、アルンシュタットという街で働いたあとは
1。ワイマール
2。ケーテン
3。ライプチヒ
の3つの大きな都市で音楽の仕事を得、オルガンを弾いたり作曲をしたり生徒を教えたりして家族を養いました。

その最初の赴任地、ワイマール(1708−1717)は、「ザックス=ヴァイマール」という貴族が治めていたのですが、その公爵の弟ヨハン・エルンスト君が音楽に秀でており、バッハは、チャペル付きオルガニスト&お抱え作曲家&音楽師の仕事のほかに、彼に個人的にレッスンをしてあげていました。

当時のヨーロッパでは、1678年生まれで「赤毛の司祭」としても有名だった作曲家・ヴァイオリニスト、アントニオ・ヴィヴァルディの弦楽作品が大流行していました。ヴィヴァルディみたいなものを書きたい、と思ったヨハン・エルンスト君は、バッハに習いながら、ヴァイオリン・ソロと弦楽オーケストラの協奏曲を書きました。そしてさらに、その中からよくできたものを、オルガン用に編曲するようにバッハに頼んだ…のかどうかはわかりませんが、バッハは、ヨハン・エルンスト作と、ヴィヴァルディ作の、イタリア風の協奏曲をオルガン用にアレンジしたのです。

e0203829_2342080.jpg


(画像はこのサイトからお借りしました)

当時は気軽なコピー機もないし、楽譜が必要なときは写本するしか手元に残す方法はなかったので、バッハは実に「まめ」に他人の作品を手で書き写しており、このワイマール時代の協奏曲書き写し編曲楽譜もチェンバロ用のものを含めるとかなりの数に上ります。

また、ヴァイマールには、いとこのヨハン・ゴッドフリード・ヴァルター(1684生まれ、ほぼバッハと同い年!)もオルガニストとして生活していたのですが、彼も協奏曲のオルガン用編曲が大好きで、何曲も編曲を書き残しました。ふたりで競争して書いていたのではないかと思うぐらいで、みなさんイタリアンスタイルに「はまって」しまったのに違いありません。

オルガン用の協奏曲は、オリジナルのオケ楽譜に近づけようと、「両手いっぱい、もうぎりぎり、これ以上手が届かないでしょう!」というところまで音符を書き込んである部分もあり、普通のオルガン曲より(オルガン的でない、という意味で)技術的に難度が高いことと、「ここは4フィートのストップで弾くこと」など、バッハにしては珍しくレジストレーションの表示を言葉で併記してあること(4フィートのストップを使うと、書いてあるより1オクターブ上の音が出ます)、譜面が最終的にウィルヘルム・フリーデマン・バッハ君(バッハの長男)の持ち物になっていたこと、そして最初に上げたように生徒のリクエストで書いたらしいことから、またしても第一のモチベーションは「レッスン用の教材」?!という気もします。しかし、レッスン用だからと言って手を抜くどころか、ばりばりの最高レベルで仕事をしてくれるバッハ大先生。


バッハの譜面を勉強していると、自分が生徒に教えるような年になっても
「気軽に弾こうなんて甘い。しっかり練習するように」
と叱咤されている気持ちになります。
どこまで良い先生なんでしょうね…。

と、いう感慨は弾いている人のもので、聴いている人は、オルガンらしくない、その弦楽協奏曲の楽しさに心が躍ること、間違いなしです!

060.gif060.gif060.gif

本日のまとめ


武蔵野のコンサートの2曲目は、ヴィヴァルディ原曲のニ短調協奏曲、バッハによるオルガン編曲ヴァージョン、BWV596。演奏会のテーマである、ニ短調は「教会っぽい調」でもあるのですが、まずは親しみやすいイタリア風弦楽スタイルの作品を、5楽章構成で聴いていただきます。ニ短調の活気と「オラオラ的な押しの強さ」を楽しんでいただければ嬉しいです。


本日の聴いとこう!


ヴィヴァルディ/協奏曲二短調
(これが原曲の方。詳しい題名は"Estro Armonico" Op.3,No.11,RV656)
と、
バッハ/オルガン用協奏曲二短調BWV596


060.gif060.gif060.gif

にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村



035.gif

035.gif
[PR]
by momoyokokubu | 2013-03-20 02:35 | コンサート予習用

4/15予習編その1

ドイツ語でニ短調のことを

デー・モール

と言います。バッハのオルガン・トリオ・ソナタ第3番の調、d-Mollにちなみ、2013年春の演奏会ではこのニ短調の作品を中心に据えました。

「トリオソナタクラブ会報第10号」でお知らせした通り、今日からすこしづつ、4月15日(月)武蔵野市民文化会館での演奏会、「ニ短調d-Mollをめぐるオルガン・デュオ・リサイタル」のプログラム内容を予習…というと学校みたいですが、前もって知っておくと当日もっと楽しめるかな、と思うことをつらつらと書いて行きたいと思います。

プログラム最初の曲はバッハの「パストラーレBWV590」から、最初の1楽章です。
「パストラーレ」とは田園風景のこと。6分の8拍子(「んーチャチャ・んチャチャ」)のリズムがめんめんと続く感じから、私は「川の水の流れ」や、「草原に風がわたり草がなびく様子」、鳥の声、風の音…などをイメージしています。それも、その細部の描写ではなく、目の前にひろびろと開けた全体の風景から、「あ〜気持ち良い!」という要素をピックアップした感じです。

「パストラーレ」音楽は、イタリアのローマ周辺で「ピッフェラーリ」と呼ばれた「羊飼い音楽家」の演奏に由来しているらしいです。ピッフェロ(リード管のついた笛で、大きくて低い音のものや子供が吹く小さくて高い音のもの有り)と伴奏担当のザンポーニャ(バグパイプのような楽器)に歌もつけて、クリスマス近くなると山から街の中に下りて来てマリア像のあるところで演奏したそうな。

e0203829_1836481.jpg


(注:このサイトを参考にし、画像をお借りしました)

絵では、一番前のおじいさんがザンポーニャを吹き、真ん中の子供と若者がピッフェロを、左の陰にいるお姉さんが歌を担当していると思われますが、若者はお姉さんの歌声にぼーっとして、ちゃんと弾いてないみたいにも見えますね。(または「あんた、繰り返し有りって言ったでしょ?!」とお姉さんに鋭く非難のまなざしで見られて弾けなくなってしまったか、どっちか)

パストラーレは、一般にヘ長調の作品が非常に多いのですが、それはこの素朴なザンポーニャやフィッファーレがファの音を主音にして調整されていたからだと思われます。そして3度(ドを弾いたときならミの音)と6度(ドを弾いた時ならラの音)でメロディーが平行して移動する特徴がありますが、この楽器編成で、さらに演奏しているのも羊飼いの人々ということで、耳に心地よく、易しくつけやすい「3度−6度」のハーモニーが多用されたのではないかと思います。

ではなぜファの音を中心にした楽器になったのか?
教会ではレを中心にした旋律(ドリアン旋法と呼ばれる)が大きな祭典の日のためのミサで使われた伝統があります。
それに比較すると、3度高いので、重厚さが取り払われて軽さ、明るさが加味されます。
上の絵のような若い娘が戸外で歌うなら高いファは小鳥のようによく響いたかもしれません(ミサでは旋律を歌うのはテノールの男性だったことも比較すると)。

「教会旋法(教会モードともいう。これは服装のことではありません)」が臨時記号(シャープやフラット)を「臨時」にしか使わなかった長い時代を経て、バッハは「調性」というものを確立させた音楽理論家の顔も持っています。時代がそれを可能にした=時が熟したのだ、というのも事実ですが、バッハが「平均率」作品集を書き上げた時点で、「『ドレミファソラシド』はハ長調で臨時記号はなし」「『レミファソラシbドレ』はニ短調でフラット1個つける」というように「西洋クラシック音楽の『調性』の理論」が「デフォルト」化した、ということは実はものすごい音楽の歴史の転換だったと思います。

その調性のしくみの中において、パストラーレのヘ長調は、今回の演奏会の本題であるニ短調の「平行調」と呼ばれ、音階を構成する7つの音が全て同じことから「同じ家族」とみなされます。ヘ長調でもニ短調でも、用いる音のうちレ、ミ、ファ、ソ、ラ、ドの6つはピアノでいうと白鍵で、シの音だけはその左側にある黒鍵、シのフラットだからです。

話が専門的になってしまいました!

では!このへんで今日のまとめ、行きます。


060.gif060.gif060.gif

本日のまとめ

武蔵野のコンサートの前半は、私がバッハの作品のみを演奏します。
コンサートの最初の曲は、そのバッハの「パストラーレ、ヘ長調BWV590」。
(ちなみにBWVというのは、バッハの作品の目録番号で、Bach-Werke-Verzeichnisの略です)
演奏会のテーマであるニ短調の家族の調なので、ニ短調を引き立てる導入として選曲しました。
イタリア風の牧歌的な音楽です。


本日の聴いとこう!

バッハのパストラーレBWV590の1楽章


060.gif060.gif060.gif

追伸。
明日のブログアップ時に、音源をMySpaceMusic経由でアップロードしてみたいと思います。
本当は今すぐできたら良いのですが、長い間使わないうちにダウンロードがしににくくなってしまったようです。FileDenを用いる方法が紹介されていたのでやってみたいと思うのですが、今から練習のため今日は時間が足りずできません…

桃代のMySpaceMusicで、以前ダウンロードしたものはそのまま聴けるようになっているのでそれでも聴きながらお待ち下さいね…


(技術的な説明)このMySpaceMusicページでは、YouTube(mp3データ)よりも良い音で聴くことができるので(waveデータ)、私は個人的には利用し続けたいと思っていますが、iTunesなどのサイトで商品として紹介されていて、一部試聴できるようになっているものとはまた違う音楽データなので、CDに落として鑑賞するほどの音源ではないと思われます。今週から発売になる「バッハとニ短調」を購入して下さった方は、そのCDの1曲目を聴いていただくのが最も音質は良いです。

このページで紹介されています。
タワーレコードなどでも購入できるようです。

e0203829_21404376.jpg


↑全ての作品で用いたストップの組み合わせ表と、詳しいオルガン的解説付き。日本での発売限定の説明書になっています。


















にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村
[PR]
by momoyokokubu | 2013-03-10 20:34 | コンサート予習用