おるがにすと・クロニクル Chronicle of an Organist

momokokubu.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ブリュッセル( 3 )

祈り | Prayer

035.gifIn English below035.gif

e0203829_3391979.jpg


ブリュッセルから全ての被災者の方に祈りが届きますように。

今日出席したふたつのミサではかならず日本のための祈りがありました。

祈る、ってどういうことなんだろう…
水や、食料品をすぐに持って行くとか、泳いででも人を助けたいとか、
みんな心には性急な何かしたい気持ちが起こっていますが、
誰もがそこに駆けつけられる訳ではない。

日本についての記事がほどんどの新聞の一面を占める毎日、
ブリュッセルでも日本の対応を固唾をのんで見守っている。
ヨーロッパ、世界中が、両手を握りこぶしにするようにして見守っている。


その中には

「自分たちは人種を超えてきょうだいなのである」

という気分がある、

最大級の自然災害を前にした、日本のやりかた

に驚愕している、

そればかりでなく、

ほとんど「日本はさすがだ。そうだとはわかっていたけれど、こんなに我慢強い。賢い。きちんと前を向いている。謙虚なのだ。本当に助け合う事の出来る国民なんだ。」

と、尊敬し、ほとんど「自慢したいぐらいだ」と思っているのではないか、と思われる論調ばかりです。

何故ここで「いけ、頑張れ、日本になら、出来る!」

というような気持ちになってしまうのかわからないのですが、

世界中日本の応援団になってしまったといっても言い過ぎではないと思う。

それは、はからずも、日本人である私自身の、日に日に大きくなって行く「愛国心」でもあります。

ツィッターで読んだ話ですが、

電車の中で「明日から順番に停電だって。」と言った人がいて、それを聞いたあるおばあちゃんが「お国のための停電なんてわたしたちゃ慣れてるんだよ。頭上に爆撃機が来てる訳じゃないんだから、喜んで節電するよ」と答え、周囲しーんとなった

という。「お国」という感覚。そうだ戦争じゃなくても「愛国心」って言葉は使えるんだ。
「戦争を知らない子供たち」であるわたしらには、日の丸も、愛国心も、「禁句」のように感じらてきたけれど。自分の国だけが良ければいい、という争いのための合い言葉であった「愛国心」の用法は超越できるのかもしれない。

日本が世界中から愛されているということを、私は思う。

これからが、これからこそが、またもっと大変だと思います。

何も出来ない自分ですが心は一緒にいます。

それが自分にとっての「祈り」の気持ちです。


日本の家族は無事だったか、と問い合わせてくれる知り合いからの、ものすごい数のメール、携帯メッセージ、電話を受け続ける毎日ですが、その中である人が添付してくれたちいさなお花の写真を、全ての犠牲者の方への祈りに合わせてここに添えます。









にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村



035.gif

I hope the prayers from Brussels will reach the victims in Japan.

During two masses that I assisted today, there were prayers for Japan.

But what is a prayer?
Even if we all want to go and bring food to the centre of refugees, or jump into the water to save whom still on the roofs,
we are not able to get there immediatry to react our urge to do something.

Newspapers are full of articles about Japan on the first pages,
Brussels keeps watch out,
the Europe,
the World is alerted to keep a watch.

In the tone of their articles, I feel their encouragement and admiration throughout, as if we have become real brother and sister.

- Incredible, the way Japanese "helps each other" …
- The diciplined, …
- How they are patient …

And of course the way towns like Tokyo with skyscrapers RESISTED.

It seems the world's shouting
" Go on, you can do it, WE ARE PROUD OF YOU, JAPANESE!"


A Tweet posted by someone tells this :

On the train, one said
- Hey, tomorrow, Tokyo will start three hours' elctric stop by day. (organised by the government to economise the electricity, as there will be not enough for the week)
A 'grandma' woman answered
- Ah! We are used to economise the electiricity for Our Dear Country. (that is, an expression to speak about Japan during the last war, not to name it directly as it was Holy, governed by the emperor as a God) This time, there are no fighter bombers above our heads, no problem! We shall stop the electricity with plesure!
On that words, everyone around on the train just fell silent.


I am one of those who don't know the war.
And the expression "Okuni (Our Dear Country … I don't know if it's adequate as a translation though,)" or "Aikokusin" (The heart who loves her Country) have been the "inhibited" words, like the national flag. Because they remind us the faulty usage of that LOVE, excluding someone else's happiness(of the foreign countries!), and of course because they remind us of the war, devastating and lost.

But it is pricisely the feeling of "Aikokusin" that I have at this moment, reading newspapers and watching images of the catastrof.
We might be able to find the "inhibited" words a new meaning?


I realise Japan is loved by the World at the moment.

It is going to be really hard in Japan, even from now on.

I can't do anything useful for the moment, but my heart is with you.
That is exactly how I pray.
This is my prayer.


Many many many e-mails, mobile messages and calls inondate day by day at home, asking how are my families and friends in Japan.
One of them had attached the photo of this small flower in her message.
I put it here for all the victims of this huge earthquake of ten centuries.












035.gif
[PR]
by momoyokokubu | 2011-03-14 03:39 | ブリュッセル

息抜き!| A break!

035.gifIn English below035.gif

ブリュッセルに住んでいると良い所がひとつあります。
15年以上住んでいても外国旅行中〜な気分になれるところ。
遠く外国に旅行に行かなくても良いのだからほんと手間が省ける。

そういえば母と長電話しながら窓の外を見ていたら、
「あれ、外国人が歩いてるワ」
と思ったことがあります。
外国人って、ベルギーなんだから西洋人がいるのはあたりまえなのに、と気づくのに一瞬かかりました。

自分のうちの中は外国じゃないのか。
だから外を散歩すれば外国!いいねえ。息抜きになるねえ。

ということを、日曜日のミサの仕事のあと、公園に行くたびに考えてしまう私は何なのでしょう。
家の外が外国なら、そういうのは一種のホームシックなのかな?

e0203829_5384664.jpg


e0203829_5444995.jpg


e0203829_545247.jpg


公園をななめに突っ切るとそこはリエージュ方面の高速へ向かうベリヤール通り。
その角を左に曲がればフィリグラン本屋に行けます。
入ったら時間が止まる。

e0203829_5484779.jpg


雑誌と新聞の棚を通って、園芸の棚。次は料理の棚。

e0203829_5494420.jpg


旅行ガイド。地図。文房具。カード。おもちゃ。マンガ、BD。漫画物色中の娘がそこにいたら、ふたりで「日本行きたい…」と小さい声で騒ぐ。

e0203829_5593046.jpg



そして集めた本をよっこらしょとバーまで運び、エスプレッソを買ったら座って、本の中身を確かめる。買うのと買わないの山に分ける。買わない本を棚に戻しに道順逆戻りする。小説を少しひやかす。最後、家族3人の本の山を合わせてとりひきする(「これいくら?じゃあたしこれやめるわ」と譲り合う。きょうは夫は全部立ち読み、一冊も購入せず。いいのか…?)買う時に一割引きになると、かならず嬉しい。わかっていても、ワ!嬉しいと思う。

e0203829_548736.jpg


また公園をこんどは別方向に突っ切って家に帰る。
陽が傾いて目に直撃するのもかまわず、みんなそぞろ歩いている。
寒いのに、目がつぶれそうにまぶしい夕日。

e0203829_65152.jpg


赤ちゃんは乳母車で眠ってしまったのか、不思議な形のベンチに横になってひなたぼっこのカップル。

ブリュッセルは箱庭のようだ。
外国人もベルギー人もみんな旅行者になってひょこひょこ散歩できる。

e0203829_672656.jpg











にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村



035.gif

I sometimes wonder, if I am home sick.
For instance after talking to my mother on the phone, I looked out of my window and thought
"Ah! A foreigner outside!"
(For me, a foreigner is a non-Japanese of course)
But I am in Brussels, that's normal!
I must feel Japan, inside my house.
And outside, I still feel, after years of living here, being a Tourinst.

Walking down the street, I feel travelling abroad!
Easy way of enjoying a stranger's life.

After the masses, we got together and walked through the park, again feeling "nice town to visit, Brussels!"

Then to the Filigranes bookshop.
Magazines, garden books, cooking books...
A pauze in the bar and choosing the books to buy, over a cup of expresso.
We compere the books and we negociates which ones to buy amang three of us, the family.
After returning the books we are not buying, we pay, and always glad to know finally it cost less (as they give 10 % off), and we walk back through another route, in the park.

The bright sunset in the midst of the frosen air spikes into our eyes.

We saw many stroders careless of facing the direct sun, and a couple who was laying side by side on the strange bench : a baby's sleeping in the baggy?

Brussels makes us all strangers in some ways...
We stroll as if lost in the unkown country.



035.gif
[PR]
by momoyokokubu | 2011-03-07 06:10 | ブリュッセル

徒歩のブリュッセル | Brussels by foot

e0203829_2359097.jpg


寒くても空が青く、写真を撮りたくなるような月曜日。
車も自転車もやめて30分歩いて教会へ。
ということで月曜日コンサートの帰りも徒歩。
細い道ばかり選んで歩く。

035.gifGreat blue sky above the still thin chiliness, we prefered to walk half an hour to the church.
After the Lundi d'Orgue concert, we came back home by foot as well, choosing rather little streets.

e0203829_2358843.jpg


市庁舎に用事があってグランプラスの裏から入ると、そこは旅行者もいない静かなコートヤード。
こんなバロック風の建物もブリュッセルなら、

Behind the Grand'Place, we reach the entrance court yard to the Town Hall, where we saw no tourists.
Very Brussels, that Barock architecture.

e0203829_23592717.jpg


いきなり街角に出現する「マンガだまし絵」もまたブリュッセル。だね。
そして夫はベルギー人。

But a sudden appearance of comic strip paint on the wall, makes a typical view of Brussels, too!
And my darling is a Belgian.

にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村
[PR]
by momoyokokubu | 2011-02-12 00:12 | ブリュッセル