おるがにすと・クロニクル Chronicle of an Organist

momokokubu.exblog.jp
ブログトップ

春の「ニ短調を巡るオルガン・デュオ・リサイタル」

(最新画像に差し替え、文章の書き足しをしました:1月9日)


e0203829_381115.jpg


e0203829_315418.jpg



2013年4月15日(月)、東京都武蔵野市民文化会館小ホールで自主企画しているオルガン演奏会のちらしが出来ました。小ホールには400席強の座席がありますが、今回は中央の200席のみの販売になります。マネージメントはCDの流通もお願いしているマーキュリーさんです。

(追記)
武蔵野市民文化会館でのチケット販売は窓口に出向かれての購入のみになりますので、電話その他でのご予約はマーキュリーさんの方でお願いします。
電話:03ー5276ー6803、メール:info@mercury-coo.com


前半に新しいCD「バッハとニ短調」から、ポピュラーな「小フーガト短調」や「トッカータとフーガ二短調」を弾きますが、後半には、バッハに影響を与えた、当時の即興演奏スーパースターのブクステフーデの作品や、バッハに影響を受けてオルガン曲を書いたメンデルスゾーンとマルセル・デュプレの作品を弾きます。第一教会旋法「ドリアン」の流れを汲む「ニ短調」という同じテーマでも、時代によって様式や趣味がこんなに違う、という点を味わっていただきつつ、最後にそれを総括するようなかたちで即興演奏を楽しんでもらおう、という趣向です。

現在ブリュッセル大聖堂の第1オルガニストで、即興と作曲の仕事もしている夫のグザヴィエが後半を弾く、という部分は、毎年来日していない夫にはチャレンジでもあり楽しみでもあるのです。わたしは即興を聴くとき、限りなくその人の世界が広がるのが楽しく面白く、今回はぜひ即興で締めよう!と提案したのでした。

即興を弾くのは難しいが、聴くのは本当に面白い。そのことにわくわくしつつ、前半を弾くわたしは、「よし、すっごく楽しい前座にするからね!トークもついて、後半を聴くまでにみんなでもりあがりましょう!!!!」と、いう気分に、すでになっています。

自分たちはたまたま夫婦ですが、夏に、夫の同僚のもうひとりのブリュッセル大聖堂のオルガニスト、バルト・ヤーコブさんが、夫とふたりで前半後半を弾いた演奏会を聴いた時も、タッチの違いや、ノリの違い、レジストレーションの違いや大曲が次から次へと出て来たりやる気てんこもりな様子(ふたりで半分ずつ弾くので勢いがすごかった)がすごく楽しくて、

「ジョイントコンサートはすごい!」

とすっかりおすすめムードになってしまったのです。

師走の中、春の行事のおすすめになってしまいましたが、この冬、たっぷりエネルギーやアイディアを仕込みつつ準備して行きますので、興味のある方はぜひ!聴きにいらしてくださいね!






にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村



035.gif

035.gif
[PR]
by momoyokokubu | 2012-12-21 00:59 | 鍵盤楽器