おるがにすと・クロニクル Chronicle of an Organist

momokokubu.exblog.jp
ブログトップ

生の音 | Live sound

035.gifIn English below035.gif

新年最初のドライブは、オランダの北部フローニンへ (Groningen) 、英語読みだとグローニンゲン、の周辺へ行き、シュニットガーのオルガンを見学してきました。ブリュッセルからは4時間半ぐらいで着きました。

「オルガンを見学させて下さい」
とお願いして見学を予約して行って見たら
「見るだけです、触らないで下さいね」
と言われたことは一回ありますが(日本で)

オルガンの見学はやはり音を聴きに行く!!
弾きに行くというより、聴きに行く、です。

e0203829_19383692.jpg


e0203829_1939635.jpg


e0203829_19404832.jpg



この古い教会、ノールトブルック(Noordbroek)の教会では鍵盤が一枚はがれていたりペダルの音がひとつ出なかったりしたのですが007.gif

音が!

音がすごい072.gif

戦火も免れた郊外のロケーションも幸いし、シュニットガー時代からあまりいじられていないらしい「生の音」が、ストレートに心に響いて来ます。

耳を通して、というよりもっと体が震えるような音。

こういうのを聴くたびに
「耳からうろこ。」
というような、聴覚が昨日とは違うような、はっ!と覚醒するような気分になります。

e0203829_19424219.jpg


e0203829_19413484.jpg


e0203829_19421171.jpg


e0203829_1943479.jpg


泊まったB&Bには大きなバスタブがあって、ダブル寝室で、キッチンもついていて、サロンも広く、景色も良かったので、また泊まりたいと思いました。

教会が本当に冷えきっていたので、チェックインして最初にしたことは…熱いお風呂につかること!!温泉はないけれど、生き返った001.gif冬のオルガン見学会必需事項?!

朝ご飯もおいしくてたっぷり(ゆでたまご、ハム、フランス風のクロワッサン、焼きたての白い丸パン…コーヒー、オレンジジュース!)。これでふたりで一泊80ユーロなら満足なのではないでしょうか!私は前日の夜にここから予約しました。手軽でとても良かったです


e0203829_20201693.jpg


次はフローニンへ中心地の「魚市広場」にある、アア教会(Aa-Kerk←ここまでシンプルな教会名もめずらしい)の、リュックポジティフがシュニットガー、他のふたつの鍵盤はロマンティックのオルガンを見学しました。バッハやブクステフーデを弾くのにはリュックポジティフだけでは足りないけれど、優しく、よく全体のなじむ整音になっていて、後期の物を弾くのには素敵でした。

e0203829_2015585.jpg


しかし、再び激寒!だったのでなんか毛糸の帽子に重ね着でぬいぐるみのような自分…
暗くて写真もぼけぼけです。
「やだ撮らないでよ!」
と言っているところを撮られた。
でもほかに写真がないのでこれで失礼します…

e0203829_2012549.jpg


すっかり夜遅くなったので、食事をできるところがなくなり、あるカフェで紹介されて行った所は…なんと「カジノ」。びっくりしすぎて写真を撮りそこねましたが、「ホランド・カジノ」では夜中まで暖かいものが食べられます。

老若男女がビンゴゲームなどに興じる横でタイ風チキン・サテなどを食べて楽しかった(昔オランダの植民地だったので、今もタイ料理はおいしいし、店も多い)。
カジノには初めて入った…食事はともかく、ここは見学だけにしときました005.gif

e0203829_19441245.jpg


次の日は散歩。
自転車グッズのお店はおすすめです。
いろいろな店がありました。
後部座席にかちっと留められる、パソコン用の頑丈な(でも軽い)バッグなどを購入。

余談ですが、自転車が多いのは、オランダで一番平均年齢の低い大学町ならではかもしれません。
雨がかなり降っているのに傘をさした人に一人も出会わなかったし、二人乗り用のクッションが売られていたのに驚いていたら確かにみんなきゃっきゃと二人乗りで颯爽と通り過ぎて行く。
夜閉店前にスーパーに入ったら買い物客は若い男の子しかいなかったり(こんなに遅いのに、焼きたての食パンが出たところで、なんと男子たちはそれを投げっこして、仲間のキャディーにほおり入れながら買い物していた。なんなんだこの街は。)…

約束の取り付けられなかった聖母マリア教会は週日閉館なので、入ってみる事もできないと思っていたら、裏門でちょうどお掃除チームがもみの木を運び出して片付けをしているのに遭遇。1分だけ、と頼んで中に入れてもらい、大きなシュニットガーオルガンのお顔を拝むことができました。

e0203829_1945224.jpg


いい音がしそうです!
両脇のペダルパイプは超珍しい26フィート(途中からしかパイプが無い)!
いつか聴いてみたいな〜。








にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村



035.gif

035.gif
[PR]
by momoyokokubu | 2012-01-11 20:14 | 鍵盤楽器