おるがにすと・クロニクル Chronicle of an Organist

momokokubu.exblog.jp
ブログトップ

絵日記11&12日目 | the 11th & 12th day

035.gifIn English below035.gif

7月9日(土)
快晴
9時半起床
2時間ぐらいかかって「収支」ノートをつけ、レシートを整理。
残り10日間の滞在予算を計算し直す。
昼、たこ焼きを食べた。
近所の店を散策した。
晩ご飯はベルギー風Hachis Parmentier。
猫のうち一匹が、そっと寄って行ったら、逃げずに触らせてくれた。
10日目で初めて。
もうひとりのねこはまだ逃げます。
ベルギーに電話。
0時就寝。
夜中なのに、本当にずっと暑い。。。

7月10日(日)
快晴
朝4時に暑くて起きた!
弱く冷房を入れて再び寝た。

8時に起床、9時出発。
10時半、河口湖着!
きょうは富士山家族旅行の日!!
(遠足だから早く目が覚めたのではないと思う…)

富士山先生が顔を見せてくれるかどうかはお天気次第なので、
それはチャンスがあれば、ということで、ほかに

ーラベンダーの咲いている公園を見たい。
ーロープウェイに乗りたい。
ーレストランに行って最後は締める(予約)。

e0203829_19384719.jpg


の3点のみを決定して、車で出かけましたが、富士山は高速の入り口からすでにちら、と姿を見せてくれた。それだけで盛り上がって、車の中で騒ぎながら、現地に到着すれば、信号機に富士山の形が付いているのに娘が気づき、富士山気分満点!

e0203829_19311314.jpg


八木崎公園に到着するころには、目がくらむほどの日照り。日傘を購入。ラベンダーの中を散策するも、強い香りに包まれて、入道雲を眺めていたらくらくらしてきた。

e0203829_19422746.jpg


天上山公園のロープウェイ乗り場に移動し、切符売り場で

「かちかち山と天上山は違う山なのですか?」

と訊いたらおばさんに露骨にいやな顔をされたので

「あ、行ってみればわかるんでしょうねえ〜」

と勘づいてそこから逃げたら、ロープウェイ乗り場の登った所に充分説明が書いてありました。
太宰治が、ここ、天上山を舞台に、昔話「かちかち山」を題材にした小説を書いたのだということでした。

e0203829_19433664.jpg


記念写真を撮った時に、富士山の一部を持って帰ろうとしているみたいな、富士山が少しだけ自分のものになったみたいな、富士山がすごく好きになってしまったような気分でした。

e0203829_19451029.jpg


下に降りてざるそばなどをみんなで食べた。そこにはうちわがたくさん置いてあった。
前だったらこんな暑い日には冷房がきつかっただろうと思う。
うちわをみんなで使いながらおそばを待っていると、本当に早く食べたい、おいしそう〜、という気分が盛り上がるのであった。(一体どういう関係があるんだ。でも無関係とは言えない)

昼食後はガラス工房に行き「びいどろ」のビーズのように穴の開いているものを買った。
どれがいいかな〜と探しているときあまりに色が綺麗で放心状態になりそうだった。
(という様子だったと家族に指摘された。)

e0203829_19462770.jpg


船津体内鍾乳洞という聞いた事も無かった呼称の場所に行き、中に入った。
土の上と土の中の様子の違いに驚く。こんなに「原始のまま」なんだ、と。
ひんやりとして「死の世界」のように静かだった。地面の中なのに天国のようでもあった。

e0203829_19475285.jpg


それから月江寺界隈を散策していたら陽が落ちてきた。
e0203829_19531890.jpg

e0203829_19523045.jpg

e0203829_19543474.jpg


早めの夕食を予約していたレストラン「ルッコラ」に行き、様々なおいしいものを食べた。
コックさんがひとりで全部作っていたのがすごい。

e0203829_1957718.jpg

この前菜の写真を見たら、ドレッシングの香りが一瞬した(気がした)。びっくり。

8時半に静岡を後にし、10時半に帰宅したあと、余り楽しかったので絵はがきを7枚書いた。
1時間ぐらいかかりました。

運転してくれたK君、帰りはきつかったね!どうもありがとう!

富士山さん(?)も最後まで姿を見せてくれてありがとう。

e0203829_19553912.jpg








にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村



035.gif

035.gif
[PR]
by momoyokokubu | 2011-08-31 19:59 | 鍵盤楽器