おるがにすと・クロニクル Chronicle of an Organist

momokokubu.exblog.jp
ブログトップ

絵日記7日目 | the 7th day

035.gifIn English below035.gif

7月5日(火)晴れ

朝8時45分にKさんが車のナビをつけて迎えに来て下さり、西東京教会へ、涼しい車内でわいわいお喋りしながら余裕で到着。

Kさんは緊張しながら運転して下さっていたのですが「無事に着きましたね!初めて車で来たのでうまく着けて感動です!」とおっしゃりながらも心は今日レッスンで弾く「バビロンのほとりで」に向いているらしく教会堂に座って心を落ち着けていらっしゃる。

そのあいだわたしはちょこっとオルガンを触らせていただく。
昨日の楽器で弾く体の記憶になったままなので、それを解除するというか、ここの楽器に少し合わせる。こうして弾いていると身体というのはあちこちにネジがあってそれぞれの関節の回転具合を変えながら人間は動いているんだなあと感じる。

e0203829_2042958.jpg


今日は教会を貸していただいて、実は全員「個人レッスン」の日。
他の人のレッスンを聴きたい人は聴くという形だったのですが、朝10時から昼食をはさんで午後4時までみなさん残って「勉強」されていてすごいと思った。

レパートリーは、全員バッハ。

トッカータへ長調
バビロンのほとりで(コラール前奏曲)、+スカルラッティのソナタ
トッカータ、アダージョとフーガハ長調
トッカータトフーガニ短調(あの!)

このプログラムを見れば皆さんどれだけ「まじ」かがわかるという。
わたしもつい本気になって、写真を見ると、「自分が乗ってもいない車でも運転してるみたい」に見えます。レッスンというのは、生徒が弾いているオルガンで、先生も一緒に音楽を運転しようとしているようなところがあるのだと思いました。

e0203829_204565.jpg


基本的に、みなさん一致して勉強したのは、「構築する」ということです。

音が落ちる時間、というものが、ミシンの針目のように、つぎつぎと明確にわかる演奏を基本にするとすれば、時間を取る(=より時間をかける)所は、全体のなかで、「何故そうしているのか」という意味が生まれます。

だから、意味なく時間の隙間を作らない。柱がちょっと曲がった家、壁に隙間のある家みたいな演奏は構築がよく見えない。それだと聴いていて一緒にドライブできない。聴く人がついてこられるように弾くのが演奏家の仕事の第1歩だからです。(と私は思う)

生徒さんもみんな頑張りを見せて良い時間を持つ事ができました。
良いレッスンではみんな「まじ」なのでもちろん「せめぎあい」がたくさん生まれます。
それでもこの短い1時間ごとの間にちゃんと成果が出るようにわたしは攻めたい。
このような大きな曲を弾く場合、誰でも「こうすることで最後まで弾ける」というふうに個人個人で「つじつま合わせ」をしているところがあります。それを、わざわざ「ほどいて」、言い替えればその人のやり方を少し「壊して」行くので、まず弾けなくなってしまいます。それから違うやり方で弾けるようにしていくので、少し「改築仕事」に似ています。でも、個人のテクニックを変える時間はないので、これから、一年間自分で練習して行く中で、「これが課題、こういう音を目指す」と振り返って思い出せるように、「あっ!それです、できたできた」ということが一瞬でもあれば良いな、と思います。

どの方も「ここが腑に落ちない」ということを意識していらっしゃったり、長いトッカータの最後が辛いとか集中力が落ちるとか、悩みを吐露して下さったので、細かいところの「改築工事」を通じて難所を突破して難所ではなくし、無駄な体力を使わないようにして、最後まで無事にエネルギーを配分するのだ、ということも勉強しました。これは弾くたびに毎回そういうふうに持って行かなければいけないので、大きい意味では「一日の最後まで元気に生活する」ということと同じ心がけであるともいえます。

毎週会っている生徒さんでも、こうした点における上達はゆっくりです。年に一度お会い出来るか出来ないかぐらいのこの生徒さんたちには、気長に頑張ってもらえたらと思います。

教会の近所を散歩する時間はなかったので、「写真レポート」係からの数枚を。

e0203829_2018472.jpg

e0203829_20462773.jpg

e0203829_20445879.jpg

e0203829_2044434.jpg


松模様というのか、このコンクリ壁の埋め込み、本当に日本らしいです。
こういうものを普段見ていない目で見ると「日本って独特だなあ〜」と感動するものです。
あと、写真係の娘はこの郵便ポストが可愛くて好きらしい。

帰りも送っていただいて、本当に音楽にだけ集中出来たので、幸せで充実した一日でした。
「譜面などいろいろ荷物を運んで」「電車に乗ったりいろいろ乗り換えたり迷ったりしながら」オルガンのある場所にまず行ってから、「やっとオルガンと音楽をする」そしてまた帰って来る、ことの繰り返しの毎日であることを思うと、今日のように「送り迎え」付きでオルガンも予約してあって会場も冷房が効いていて…夢のように感じました。お昼ご飯の時間も含め、牧師さんご一家、生徒さんの皆さんも、心を尽くして下さったことを感謝します。


さて、夕食の後には、ベルギーマーケット・プロジェクトの更なる目玉、スペキュロースクッキーの試し焼き。
ベルギーのような「どす黒い(!?)」黒砂糖がないので、色と味はどうなるのか?!私はそれを早く知りたかった。沖縄の黒砂糖を買って来て、ベルギーから持って来たスペキュロース用スパイスを使って作りました。

e0203829_20533882.jpg

e0203829_2053549.jpg

e0203829_20542223.jpg


この時は夜でしたが、それでも「ん?種が柔らかいかも…」という、気温の差による「べたつき具合」に気付きました。これからこれは悩みの種になりそうですが、まずは、鉄板一枚分うまく焼け、味見もおいしくできました。ベルギーは7月でも18度ぐらいの気温の日も多いので、こちらは10度から20度も高い。クッキーを焼くにしても、話は全然違うんだなあ、と今さらながら実感しました。

もう眠くならないから時差ぼけは大丈夫。
そうなるのにきっかり一週間かかった。

にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村


035.gif

Tuesday the 5th July, Brilliant summer day

A friend of my childhood and today a church organinst, Mrs.K came to pick us up by car at 8:45. We left for the Nishi Tokyo church for a day of organ lessons. So comfortable to just sit in an air conditioned car, chat pleasantly, and find myself in front of the church on time!

Once arrived safely, Mrs.K sat in the calm church and started prepare her concentration.
I was warming up on the organ as my body was still used to the particular organ, that I practised yesterday. To get used to the organ, it is like a "rehabilitation" each time. I felt the "screws" in each part of my joints move and turn.

Today I was going to give private lesson of one hour to four students.
And they could stay and listen the others' lessons.
And all of them stayed the whole session from 10:00 to 4:00. Impressive!

Program was all Bach;

Am Wasserflüssen Babylon
Toccata in F-Dur
Toccata, Adagio und Fuga in C-Dur
Toccata und Fuge in d-moll

…and all big works!

They were "serious" organists trying to play serious organ works : it meant that I got really serious too. In the second photo, I look as if I am in a car driving. A teacher might be driving the "music" together with the student, who is sitting on the driving seat.

We worked mainly on the "construction" of its interpretation.

There is the way to play "regularly", where the notes to be played are expected to fall where it should be, in the image of the sawing machine. If there is a "taking of time", meaning delaying the fall of a note, it shows an intention of something, a meaning.

So we should not take time meanlessly.
A performance (or interpretaion) "irregular" without meaning, is similar to a house with a wound pole or window which is not straight : the structure is not clear. The audience will not understand what is happening if such irregularity occurs without reason. Then they can't follow the "speech", or the "drive".

The first step of a good performance is, to let the audience come with it, to be "followable".
In my opinion, anyway.

As we were serious, in another word "professional" in our attitude, there were conflicts.
Quite sure enough, to perform a big work, we make some "inconvinient" parts negociated in our ways. There were things which had been "sorted out" in their ways, but not in the best ways. I wished, even if I had only one hour with each of them, to get those problems sorted.

Or to let them realise - or, let them accept that it was not ideal.

So I had to break some of what they do and rework the part in a new way.
It's a kind of "restauration".

Of course, I would not have time to change their entire technique.
But if I could let them feel something of a tilt, I believe the grip to have touched what really works is going to help them go further.

Each of them also "confessed" their difficulties to reach the end or worris about particular bars preventing them to keep the concentration. We tried to "reserve" our energy for the moments which really need the big concentration, rather than spending too much energy in the place where it does not require. That is something we have to do each time we play! Renewing each time the habit. But it can be said that it is the same thing in the daily life. We must dure till the end of the day, that is, for every day and for whole year!

But even for my students in Belgium, whom I see every week, the progress on this subject is always gradual.
Never possible to change that attitude in short time.
So I wished them good patience, and told them to aime the change in long term.

The four photos in the middle are the snaps of the environment of the church.
Our journalist - photographer took a little walk during the lesson as I would not have time to go with her. The blok wall with pin shapes, for examle, is so Japanese. A pure beauty! And my daughter, who is the journalist of course, loved the shape of the post box.

I found the day "dream-like" as I could only concentrate to the music and nothing else.
They were very good at organisation, including the lunch time. My day is normally much more labour-like, starting the day by trying to arrive in the church by trains or bus or whatever, carrying heavy musics, etc. Today I was brought there and drove home, with no effort!

After supper, we tried to bake some speculoos.
As there is no same dark sugar here as in Belgium, I just had to know what it gives with the lighter coloured one.

Using Okinawa sugar and the Belgian spices that I brought, we bakes the first lot, with acceptable result. I found them tasty. But the temperature was going to be the unkown element : the doght stuck too easily to the wooden form! I had never that problem in Belgium. If it is now about 18 degrees in Brussels, here in Tokyo records up to 38 degrees … 10 to 20 degrees of differences, can give all the difference in the biscuits' future beauty!

I had no problem of sleepiness.
A week since I am here, and I am tokiote finally.




























035.gif
[PR]
by momoyokokubu | 2011-08-09 20:57 | 鍵盤楽器