おるがにすと・クロニクル Chronicle of an Organist

momokokubu.exblog.jp
ブログトップ

絵日記6日目 | the 6th day

035.gifIn English below035.gif


e0203829_074360.jpg


7月4日(月)晴れ。晴れ。晴れ。3回言いたくなるぐらいよく晴れていて、「本当に」暑くなって来た。

月曜日といえば、普通は自分の教会でランチタイムコンサートがあるので、日曜日の夜良く寝て、翌朝ぱっと起きたら
「昼のコンサートだから…」
という前提でいろいろ考える癖がついているのですが、きょう目覚めると
「あっ!きょうは『よその教会』のランチタイムコンサートのリハーサルなんだな!」
と心が軽かった。責任を感じないというと極端ですが、
「教会で聴いている人たちの荷物が盗まれたりしないように」
とか
「外で楽器を弾いている人たちがいたら少し離れた所に移動してもらえるかきいてみないと」
とか
「工事中だったら演奏会の間45分間を食事にあててもらえないか午前中のうちに談判!」
とか、自分の教会のコンサートがある時は、頭の中は「気をつける事項、チェック機能」がオンになっているものです。

しかし今日は渋谷から東急東横線に乗って祐天寺の、聖公会聖ポール教会で練習。

生まれて初めて、日本人オルガン製作家の楽器を触りました。
日本のオルガン建造の草分け、現在は工房は閉鎖されていますが、「辻オルガン工房」によるオルガンです。

e0203829_0303265.jpg

駅から教会堂までの道は、初めて来たのに「思い出の道」のような懐かしい雰囲気があり、堂内は周囲の緑が透明の窓ガラスをグリーンのステンドグラスにしていました。
e0203829_030764.jpg


このオルガンは、風圧と、タッチと、音色のバランスを「合わせる」のが本当に難しい繊細な楽器でした。扇風機に涼ませてもらいながら2時間練習しましたが、トリオソナタ2番を弾きながら「ここで弾くのには最もチャレンジ精神が必要な作品」を選んでしまったのかもしれないと思い知りました。けれども、今回の旅はこのトリオソナタをちゃんと弾いてくるという大きな目標があったので、これも何かの縁である、と密かに「真っ向から対決」しました。

一緒に着いて来て、写真を撮ったり本を読んだりしていた娘が、練習が終わってモーターを切った私に
「悪戦苦闘だね。これは。」
と言ったので、
「あ、わかった?」
と答えながら「金曜日の本番はお客さんにはそうわからないように弾かなければ…」
と内心焦った。

すっかりおなかがすいたけれどもう4時近いので、まだランチをやっていそうな渋谷まで出ると、東急プラザの9階に上がり、冷や麺の見本がおいしそうにショウウィンドウに出ているお店に入る。おなかが減っていると渋谷の街を知らないのにすぐに美味しそうなものが見つかるものだなあと感心しながらつるつる食べる。

ところがそのあとまったく土地勘がないため、適当に入った店はどこも
「大セール!大セール中ですぅぅぅぅ!」
「どうぞごらんくださあい。おやすくなってますうう」
と、高倍音のみを強調するように調教されたのではないかと思われるような女の子たちの声が、呼び込み合戦をしている。「ここでひとりだけ超低音のビロードのような声の子がいたらその店入るんだけど」などとわけのわからないことを思うばかりでお買い物をする雰囲気ではない。

ほとんど逃げるようにあっちこっち行ってみるのですが、見たいようなお店は見つけられず、
「東急ハンズってどこかなあ…」
「『オルガン』っていう名前の革カバン工房近かったよね…」
とうろつき、さっきの祐天寺のたたずまいに戻りたくなる。

ちゃんと地図を持ってくれば良かった。と言いながら冷たいコーヒーを飲んで、結局なんにもショッピングしてないのにぐたぐたに疲労して中央線に乗ればそれはまあラッシュアワーになりましょう。「わたしのバカ!なんでこんな時間に帰る事にしてるわけ…」娘は乗った電車のドア横のすきまに「ここ座っていい?」とか言うし「おねえさんそれだけはよしてくださいよここはとうきょうなのよ〜」とわたしも泣きそうになりながらぎゅうぎゅう詰めの中なんとかありついたつり革にぶら下がるというかしがみつく(ホラ混んでるときしかつかまらないような高過ぎるつり革ありますよね…)。

また国立に車で来てくれた母に「お母様ありがとうございますうう」と救いの神のように感謝した。
夜、寝る前に思ったのは「練習2時間」だけの一日の割に、丸一日山登りしたぐらい足が筋肉痛になった。ということです。


Monday the 4th July
very Sunny and getting really hot.

Getting up on Monday morning means "OK, get ready for the lunch time concert" to me normally. But today it was for "another lunch time concert", for which I was going to go and practise. So much less responsibility, no need to worry about noises or thieves in the church during the concert etc...

Light hearted, I took Chuo-line and Toyoko-line to get to the Yutenji station with my daughter who wanted to come and see Shibuya.

The streets near the church of St Paul's welcomed us with the warmth of déjà-vu. The church is surrounded by trees which made the stained glass effect through large transparent windows.

It was my first time to play the Japanese organ, build by the Tsuji organ builders.
Very sensitive to get the wind pressure, the touch and the sound balanced, I spend two hours trying to get the grip of what I want to do on this difficult organ. Having put the second trio sonate of Bach in the program started to appear as a super challenge. It was one of my main aimes, in any case, to play that sonate decently in Japan...

When I was turning off the organ, my daughter who was taking photos and reading books, just said
"Seems a struggle, this organ?"
I answered her,
"Oh do you hear that?"
thinking: my God, they should not hear that, on Friday.

It was already four o'clock, and we went straight to Shibuya in search for a place which serves late lunch. Directly up on the 9th floor of Tokyu Plaza, we found a restaurant with cool noodle displays in front of it. Without knowing where to eat, the emply stomach seemed to have read us to what it fancied.

Once stomachs filled, we lost all our sense of direction and we were perpetually in the flow of fimale voices with high harmonics which could not be natural but specially trained for the purpose : Summer sale! Good buy! Come and look!!!!

If only one lower harmonic voice with velvet like timbre called "Come!"..., I could have gone to see the shop..., I imagined, running away from shop to shop.

"Where is Tokyu Hands?"
"And the leather bag shop called Organ, that could not be far...,"
No way to find a shop interesting to shop without a map, we took an iced coffee and returned to take a train back home.

The rush hour being started, we were in the middle of another flow of people of course.
I hated myself to have organised just to be exactly on this time of the day to take a train.
My daughter asked me if she could sit down there, pointing the small space next to the train door, and I had to beg her not to do that, "Remember, you are in Tokyo!". I was just hanging onto my last hope, the strap too high on mormal times but saves lives when you are packed between people of divers hight.

My mother who came to pick us up again at the Kunitachi station looked to us like a saviour.
My legs ached when I went to bed, as if I had done a whole day of mountain walk, although all what I did was two hours of rehearsal.





















にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村



035.gif

035.gif
[PR]
by momoyokokubu | 2011-08-09 01:08 | 鍵盤楽器