おるがにすと・クロニクル Chronicle of an Organist

momokokubu.exblog.jp
ブログトップ

絵日記1日目 | The 1st day in Japan

035.gifIn English below035.gif

e0203829_08568.jpg


6月29日(水)
ブリュッセル=曇り。
服装:半袖に麻のパンタロン。コットンのコート。あったかい靴下にジョギングシューズ。

朝6時に起きて、まだあまり人のいない道を車でうまく進み、飛行場には30分で到着。荷物ぎりぎりで重量パス。チェックインして朝ご飯。夫と別れて娘とふたりで「あの」めんどくさい、身体&持ち物検査へ。時間通りにミラノ・リナーテ空港到着。実はミラノはミラノでも成田行きの飛行場が違う。なんと荷物も自分たちでチェック・アウトしなければいけないということを朝、聞いたので(ブリュッセルー成田の便で購入したのに!)トランクを全部取り直し、教えられた通り、ミラノ・マルペンサ空港への「無料」「ダイレクト・リムジン」乗り場を探しに行く。

しかし少なからぬ疑いを持って臨んだせいか、「ダイレクト」は時間が合わず(2時間に1本しかない)、2本のバスに分けて乗り継ぐ事にする。まずミラノ市内行きのバスのチケットを、もちろん「無料ではない」ので買い、トランクを積み込んで、乗る。奇跡的に(?)時間通りミラノ中央駅に到着、2分の乗り換え時間に間に合って、100メートルほど先の乗り場で待っているリムジンに走り寄り、チケットを買い、トランクを積み、乗り換えてマルペンサ空港へ向かう。

マルペンサ空港にチェックインに間に合って着いた時は、もう東京に着いたかと思うぐらいほっとした。なんでこんなチケットだってことに気がつかなかったんだろう002.gif

何回もパスポートを出したりしまったりチケットを出したりバスのチケットを買ったり、やりながら一番気をつけていたのは娘のヴァイオリンをどっかに置き忘れない事039.gif

ふたりだけで荷物も多かったので、すぐに買い替えられないこういうものだけは失うまいと、最低の注意事項でなんとか乗り切ったが、更に忘れてはいけないのは最後にゲートに入る前にピザレストランに飛び込んでピッツァ・マルガリータをテイクアウトすること。娘は良い子だが、最大の欠点は機内食を見るとゾンビになってしまうことです。11時間何も食べないのも辛いので「飛行機、乗る前に食べさせる」は一家の原則になっている。しかし14歳にもなると、搭乗の列に並びながらピザを食べているというのはさすがに恥ずかしいらしく、わたしの後ろに隠れながら食べていた、その時。

リヨンでお世話になったことのある、オルガニストの伊藤順子さん一家がそこに並んでいるではないですか。16年振りに再会して、順子さんは昔のままなのに、まわりに背も大きい男の子たちや可愛い娘さんが囲んでいる様子は驚きでした。旦那様がサントリー・ホールなどで演奏されるそうで、行けたらいいな、と思う。

機内に入ったら、大きなボーイング777の中で私の席だけ映画がつかなかったので「つけて。」とスチュワードさんに言ったら、「つかない。そこだけ。どうしてだろう?」と逆に聞かれたので困った。たたみかけるように「たくさん乗客がいるんだから誰か観たくない人に変わってもらって下さい」と言われたが、もう乗って3時間ぐらいになるのにそんな変えてとか頼めないです。

そこまで映画も観たくなかったし到着が朝だから、寝よう。と決め、夕方17時を差している腕時計を朝の1時に早まらせる。それを見たら「ああああ〜」とあくびが出て、29日が終わった。


にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村


035.gif

The Wednesday, 29 June
Grey weather in Brussels.
Wearing: short sleeves with a linen pants. A cotton coat, warm socks and jogging shoes

Waking up at six, we arrive at the airport in half an hour without problem in empty streets.
Baggages just allowed for their weights but ok. Breakfast and saying goodbye to my husband, we head for the fassy checking bodies and belongings.

Arriving at the Milano Linate on time, we had to take all our laggages and make our way to the airport of Milano Malpensa. They told me in Zaventem of "free" and "direct" coach in Lenate, but there were no such things. I was rather douting and the bus for Malpensa didn't leave before two hours (it had just left of course) so I bought tickets to the city centre of Milano to change the bus there (of course the bus was not free).

Miracle, we arrive at Milano central station on time and we caught the bus for Malpensa, in two minutes time to change. We ran, with our baggages, the hundred meters at the bus stop.

When we could check in for the second time in Malpensa, I was so releaved that I could feel we arrived at Narita. We just tried not to loose the violin of my daughter. The minimun caution, as there were too much to carry and, in hurry. Last but not least, we jumped in one of the pizza places in the airport to get a slice of Pizza Margarita. My daughter is a sweet girl, but when she is in front of the airplane meal, she becomes a zombie. "Feed her before leave", is the house rule since she was born. At her fourteen years, wisdom seemed to have taught her though that it's awkward galping down a big chunk of pizza in the boarding queue. She hid behind me manching, when I saw Junko Ito, organist, who helped me in Lyon 16 years ago. She was with her entire family. A kind smile like before, she had not changed, but surrounded by two big boys and a young girl impressed me. Her husband was to play one of the recitals at the Suntory Hall. I hope I could go.

Inside the big bowing 777, only my cinema did not work. I asked to put that thing on and the stuward answered me with another question in turn : oh that's only yours which does not function. Why is that? When I was not answering that question, he suggested me to ask the others to exchange places, because "there are so many, and there must be some who does not want to watch films". It had been already three hours since we were settled in the dark here, I was not going to start asking such things.

As we arrive in the morning in Narita, I said to myself I might as well sleep. Changing my watch from 5 o'clock pm to 1 o'clock am ahead, the 29th of June ended with a yawn.




035.gif
[PR]
by momoyokokubu | 2011-07-30 00:09 | 鍵盤楽器