おるがにすと・クロニクル Chronicle of an Organist

momokokubu.exblog.jp
ブログトップ

7月16日のプログラム・ノート|The program note for 16/7/11

035.gifIn English below035.gif

7月16日(土)、東京の松本記念音楽迎賓館の入り口ホールと、2回のリサイタルで使用したシューマッハーオルガンと安達クラヴサンの写真に、当日のプログラムと、解説です。

e0203829_2491843.jpg


e0203829_250535.jpg


e0203829_2502137.jpg

~プログラム~

ヨハン=セバスチャン・バッハ
Johann Sebastien Bach
(1685-1750)

1)幻想曲 BWV542
Fantasia in g-moll BWV542

2)フランス風序曲より舞曲 BWV831a(バッハ初稿ハ短調版)
序曲、クーラント、パスピエ、サラバンド、エコー
Französische Ouvertüre BWV831a (1e Version in c-moll)
Ouverture, Courante, Passepied I, Sarabande & Echo

3)トリオソナタ第2番ハ短調 BWV526
ヴィヴァーチェ、ラルゴ、アレグロ
Triosonate II BWV526
Vivace, Largo, Allegro

4) パッサカリアとフーガハ短調BWV582
Passacaglia un Fuge in c-moll / BWV582

5)コラール前奏曲BWV654「装いせよ、わが魂よ」
"Schmücke dich, o liebe Seele" BWV654

6)幻想曲とフーガハ短調BWV537
Fantasia und Fuge in c-moll / BWV537

(解説)
松本記念音楽迎賓館のオルガンは、ベルギーのドイツ語圏にアトリエを構えるシューマッハー社の製作で、ストップリストはドイツ・バロック様式の小型オルガンです。シューマッハー社は、ベルギー・リエージュの聖ヤコブ教会(Eglise St. Jacques)の、当時のオルガンケースを見事に蘇らせた非常に美しい16世紀のオルガンの修復などで知られています。

また、本日「フランス風序曲」で使用するチェンバロは、日本のクラヴサン工房アダチ社製作の、フランス様式2段鍵盤の楽器です。

さて、今回、何故チェンバロも使用することになったかを少し説明したいと思います。以前に、チェンバロで「フランス風序曲」ロ短調を演奏したあとでバッハ初稿のハ短調版を弾いてみると、「これはロ短調より、ハ短調の性格がやはり一番合っているのではないか。ロ短調で弾いたときよりしっくり来る。」と感じ、難解なところのあるトリオソナタ第2番ハ短調を勉強していたときに、「フランス風序曲」のことが頭に浮かびました。

そんなわけで昨年この「バッハとハ短調」のCDを録音する時に、「フランス風序曲」の抜粋も入れることになり、ストラスブルグの教会にフランス様式のチェンバロを運び込む、という案も出ました。結局、オルガンで「フランス風序曲」を弾いてみたら、音響もクリアなストラスブルグのトマ・オルガンは細かい所まできれいに響かせてくれたので、全部オルガンで録音することになりました。しかし、もともとはチェンバロで演奏するための作品なので、オルガンとチェンバロが両方備わっている松本記念館では、それが可能になったのです。

では、ハ短調の性格とは何でしょうか?
この演奏会のテーマである、「ハ短調」について少し説明します。

本日発売になるCDの、日本語付録解説にも少し触れてありますが、ヨハン・マッテゾンというバッハと同時代の音楽学者によれば、ハ短調という調の特徴として、「優しく魅力的だが、ややもすればそれに気を取られて眠気を誘う調になることがある。しかし、『眠り』『休息』がメインテーマならば、自然にまかせて演奏するのがよい。」と、演奏者の心構えについて語っています。古くから、「眠り」という言葉は「永遠の休息」をも意味する言葉として(死、という言葉を避けるために)用いられてきました。例えば、バッハの「マタイ受難曲」は最初から最後まで様々な調を使ったアリアやレシタティーヴォが組み合わされていますが、長い長い受難劇の最終曲がハ短調になっています。現在でも、ハ短調の曲はお葬式や、受難週によく用いられます。

なぜ「ハ短調」がそのような特質を持つに至ったのか。私なりの解釈をしてみました。さかのぼれば、調性が確立する以前、教会旋法(グレゴリオ聖歌など)の時代に、一番普遍的な旋法として多用されたのは「ドリアン」という旋法です。現在のニ短調の先祖ですが、シのフラットは基本的に用いず、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ(ナチュラル)、ド、のピアノで言えば白鍵のみの7つの音で成り立っている音階です。この音階が人間の声の音域に近くて、最も歌い易いものであったということであれば、その一音も下に位置し、さらに少なくとも二つのフラットをつける必要があるド、レ、ミ(フラット)、ファ、ソ、ラ(フラット)、シ、の音階はかなり低めで複雑な音域となります。自然な「生気」や「覇気」から一段階低く遠いところ。歴史的に考えても、三つのフラットが付くハ短調の調は、ハ長調、ヘ長調、ト長調といった平明でどんな楽器にも用いやすい調からは遠い調として、平均律のピアノが発展する近代以前は、多用されてきた調とはいえません。

詳しく言えば、調律の関係で、鍵盤上では同じ鍵にあたる「ラのフラット」を、「ソのシャープ」としてきれいに響かせることを優先される場合が多いのです。ソのシャープはイ短調の導音という、平明な調にとってとても重要な音だからです。ソの半音うえにあるその鍵を「ソのシャープ」として調律してしまった場合、「ラのフラット」としては使用できなくなってしまうような調律法が昔は主流でした。

ハ短調には、「眠りの特質」以前に「葛藤」があることにも気がつきました。フラット3つ分の魅力とでもいうべき、ハ短調特有な旋律とハーモニー。それは「そう簡単に眠りにはつけないのだ」とでもいうような葛藤の物語なのでしょうか。最終曲、はるかなる楽園の道に到達するかのような「幻想曲ハ短調」まで、波瀾万丈の物語をゆっくりお楽しみ下さい。
(国分桃代)


にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村



035.gif

(They are the photos of the entrance hall to the Tokyo Matsumoto Memorial Hall for the Music Lovers, the Shumacher organ, and the Adachi Harpsichord. The the program note follows...)

The organ of the Matsumoto Memorial Guest House for Music lovers, is built by the German speaking Belgian organ builder, Shumacher, in the German Baroque style. The builder's principal master work is the restauration of the 16th century organ with its beautifully restaured organ case, in the Church of St Jacques in Liège, Belgium.

The harpsichord used today for the "French Overture" is in French style with two keyboards, built by the Japanese builder, the Adachi Atelier of Clavecin.

I must explain why I have chosen to use the harpsichord during this organ recital. When I had the chance to play the French Overture in the original key of c-minor, I prefered it to the generally played second version in b-minor. It made more sense.
As I was straggling to get the character of the second trio sonate in the same key later on, it came to my mind the c-minor version of the French Overture, and the comparison helped me.

That was why I took the extracts of the French Overture to be included in my CD with the second trio sonate of Bach. First I thought of bringing a harpsichord into the church, but the church where I recorded the CD permited a very good acoustic for the details played on the organ, so I kept the whole CD to the organ. But I am happy to be able to use the harrpsichord today, as the Overture is written for it.

Now, what about the c-minor?
What is the character of this tonality?

As I have cited in the program note of the newly released CD sold after the concert today, it was Johann Mattheson, the music theorist of the time of Bach, who wrote about the key : Sweet and charming, but it can overwork to sleepiness. But if it is the intention, let it be so, naturally.

The word "sleep" eventually meant the "eternal rest", to avoid the word "death". The Passion according to St Matthieu of Bach starts in the key of e-minor and travels into all sort of keys before ending massively in c-minor symphonia. We often play pieces in c-minor durng the offices of funeral and the Passion tide.

I have made my own version of explanation why the c-minor became the key of the "sleep".

They had been using the Dorien mode since the sixth century as "easy to sing" key. the Dorien mode consists of the following notes : d,e,f,g,a,b, and c, without the b flat.

If that was the natural and confortable key, the whole one note deeper key of c-minor with two flats minimum could be rather too low and complicated for the voice. The c-minor consists of the following notes : c,d,e(flat),f,g,a(flat), and b.
Historically, this key with three flats has been rather rare, as far from the easy keys like C-major, G-major or F-major, until the modern piano got developped, with the equal temperament.

The Baroque temperament meant that G sharp was far more important than the A flat, as the G sharp is the leading note for the a-minor, which is near from the C-major or other frequently used tonalities. The problem is, the A flat and the G sharp are the same note. It was obligatory to choose between tuning the note higher or lower to get either A flat or G sharp.

Beside the fact that it suggests "low and deep = sleepy", the c-minor also has the air of "troublesomeness". The c-minor melody line and the harmony with three flats can be telling us "You would not be able to go to sleep so easily". I wish you a pleasent listening till the last "Fantaisie in c-moll" possibly inviting us to the way leading to the "Eternal Paradise". (Momoyo Kokubu)


035.gif
[PR]
by momoyokokubu | 2011-07-26 02:52 | 鍵盤楽器