おるがにすと・クロニクル Chronicle of an Organist

momokokubu.exblog.jp
ブログトップ

チャリティーマーケットin Tokyo| Charity Market in Tokyo

035.gifIn English below035.gif

「おそろしく」夏らしかった東京で20日間を過ごし、台風に追い出されるようにして薄曇りのベルギーに舞い戻ってきました。最後のブログの記事を見るとひと月が過ぎていますが、なんだか3ヶ月ぐらいたったような気がしているため、「夏休みの絵日記を書かないでためすぎた8月中旬の小学生の気分」をちょっと味わいながら「クロニクル書き」を再開します。

6月下旬、自分の新しいCDは出発に間に合わない事がわかっていたのですが、松本音楽迎賓館で行うコンサート用の、チャリティーマッケットの商品準備が一気に始まりました。いろいろな人の家を駆け巡って完成した、寄付のための商品を集めました。

写真の額がふたつ。油絵の枠をはずしたもの。絵はがき。皮のポーチ。スペキュロースクッキー用のスパイス。そのほかのこまごましたもの。

そしてもちろん楽譜。衣装。オルガン靴。日本でのCD販売用の文章。コンサートのプログラム用の文章。

出発前にどんどんトランクに詰めて行きました。

その結果、「荷物のほぼ全ては演奏会の日に必要なものばかり!」という前代未聞の旅行カバンになりました。その隙間に、ちょっとだけ服を詰めたりして。

今回の旅のメインテーマは「チャリティーマーケット」だ。と、その時に確信しました。


印刷がぎりぎりに出来上がった「バッハとハ短調」CDは、ベルギーのヤマト運送でなんと3日後に到着したから良かったけれど、もう間に合わないのではないか、演奏会の次の日とかに到着するのではないかとかやきもきしたりするのも、もう商人の心持ちだったし、チャリティーマーケットで販売するための売値と元値の計算の表の作り方を、仕事でよく使っている弟に教わってエクセルで作成したりするのも今までやったことのない仕事でした。

また、スペキュロースクッキーを、この気温の高い日本の台所で作ろうとすれば、バターが柔らかくなり、型にくっついてうまく取れない!ぜんぜんうまく作れない!大汗の仕事になってしまいました…(作って下さったボランティアの皆様有り難うございました!)

油絵の木枠を作成して、飾れるように弟の画家のお嫁さんが作ってくれたのを手伝ったのも初体験。

そして何より、演奏会当日、いろんな人たちが集まって、マーケットの準備をして下さっているのを見たとき、

「ああ、ただの演奏会じゃないんだ!『やりましょうよ!』と簡単に言い出した自分はなんて愚かだったのだろう。こんなに大変な仕事になった。」

e0203829_1382259.jpg

e0203829_1383414.jpg

e0203829_1384177.jpg

e0203829_1385095.jpg




Bluebellの森のYさんがすべてをまとめてくださって、当日を迎える事ができたのです。
忘れ物もなく、いろいろな細部の仕事を乗り越えて。。。

なんとか、10万円強の寄付をすることができたようです。

みなさんありがとうございました!




しかし物を作り、売るという事はなんという大変なことか。それが、身にしみたことが、これからの人生に生きるだろう、という予感がします。このことが、全てを差し置いて第一の収穫であった、東京の20日間でした。

音楽の話は次回に書きます。






にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村



035.gif

It has been such a fulfilling twenty days that it feels like three months were passed in Tokyo.
Now coming back to Belgium and seeing that it has been one month since I have written the blog, I restart wrigting as if a school girl in mid August who has left whole of her summer diary homework too late to fill in...

It was the end of June when I started to go and collect the nice works prepared for our belgian charity market in Tokyo. One after another... my suitcase was full to burst, and I just inserted some thin summer clothes in between.

My music, organ shoes, things important for the concert... almost everything in my baggages were for the D-day of the concert in Matsumoto Memorial hall.

I had a a good impression that "this trip is going to be the charity market trip".

My new CDs to be released on the occasion was "running" late. I knew it and thanks to my husband who stayed behind paied, went and got the CDs in the printing office and sent to Tokyo by Yamato transport from Zaventem : miracle, it arrived three days later (I recommend to everyone who need to know the rapid and reliable post service!!). It felt like being a merchant.

I leant to fill in the Exel tables thanks to my brother who is used to it, to culculate the charity market finances.

The wife of my brother helped me to make the wooden structure of the large oil painting of jan Goris....

Friends who baked the Speculoos biscuits had hard time in boiling Tokyo as the daugh just stuck to the Belgian traditional wooden form and whould not let us bake smoothly...

Many many people helped.

I just saw all those (mainly Japanese organists!) standing behind the charity market marchandises and thought:

-Oh dear I have thought of the market with such a light heart.
But look everyone who is helping...
it's a BIG work...

Thanks to Madame Y of the Forest of Bluebell, it just happened in the way it had to be : a very friendly and enthousiastic time was held during the markets between the two recitals.
It had made 100.000 yen charity recolt to the Red Cross Japan.

Thank you to all who gave the works to be sold or who helped selling them on the day.

The importance of the work behind the "Market" impressed me ever so strongly.

The musical side will be told, in the next blog.

035.gif
[PR]
by momoyokokubu | 2011-07-23 01:40 | 鍵盤楽器