おるがにすと・クロニクル Chronicle of an Organist

momokokubu.exblog.jp
ブログトップ

高所から | From high

035.gifIn English below035.gif

今日は絵日記を…
それも高所からの042.gif

階段を80段ぐらい上って、狭い壁の上の通路をたどると、一旦屋根の上に出ます。

e0203829_59497.jpg


鳩小屋みたいな小さな木の扉を開けば、そこはオルガニストのワンダーランド。

e0203829_5104430.jpg


左にちょこっと写っているのが壁に取り付けられた大オルガンの一部。

カテドラルを上から見れば、十字架の形になっている、ちょうど真ん中にある祭壇のすぐ手前に、オーケストラの舞台をしつらえてあります。

e0203829_512112.jpg


ここから見ると遠い遠い。
音もふあーっと舞い上がってくるのでオケの人の手を見ているとちょっとだけ音がずれて聴こえます。

e0203829_5181557.jpg


オルガン演奏台では、もうすぐ出番の、夫がブクステフーデのニ短調トッカータの譜面の前で「弾く前」な顔をしています。目が笑ってない。

アシスタントは高所恐怖症のわりに見下ろすのは嫌いではない。しっかりつかまっているから平気、平気、と思うけれど、「今落ちたら顰蹙よね!最悪よね!きゃあああ」と必ず想像します。

e0203829_5175114.jpg


Sonic Cathedralと題して、室内楽オーケストラMusiques Nouvellesが大聖堂を舞台に普通と違った演奏会を企画しているもので、クラシックあり、民族音楽あり、オルガンあり、グレゴリオ聖歌あり、それが途切れることなくつながって演奏されるので、シャンソンの歌手のあと、あれ?なんとなくいいねこれ?みたいな感じでショスタコヴィッチの弦楽四重奏オーケストラヴァージョンなんかも楽に聴けるように(?)なっています。一緒に来た娘が「これ宮崎駿みたいね。」(の映画の音楽のような?)そ、そうだけど、しかし!「ショスタコの方が先、先!」

(そういうこと、よくあります。このあいだも誰かが「これディズニーの真似みたい。」「違うってば、デュカが先なんだってば!」)



曲調に合わせ、特別な照明を使い、聖堂の一番奥にあたるクワイヤーの部分を幻想的な色合いに変化させる演出をしていましたが、途中で夕陽がかたむき、窓から射してきた光がオレンジ色に燃え始めた瞬間の美しさは、比較にならないくらい圧倒的でした。電気とは違う、濃厚な朱色。なんていう力強い色。

このさき演奏会の夜はまだまだ長いようなので、夫のアシスタントのあと途中で出ましたが、空はすううっと青白くなって、オルガニスト出入り口から見上げた真っ白なブリュッセル大聖堂の外壁も黄金色に染まっていました。

e0203829_5321866.jpg


(写真は娘が撮ったもの)


にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村



035.gif

A picture diary from high today.

Going eighty stairs up, and we can go out onto the roof.
Behind the pigeaon-hole-like wooden door, hidden is the organists' wonderland.

In front of the central alter, they had put the orchestra pit.
Up high, the music sounds slightly later than the hands of the musicians.

Today's organist is parfectly ready in front of Buxtehude's Toccata in D minor, only, his eyes are not quite smiling.

His assistant is an acrophobia, but it doesn't disturb her being curious.
Each time I am here, I can't help myself thinking "If I fall? This moment? Would it be really disastrous."

Entitled Sonic Cathedral,
the chamber orchestraMusiques Nouvellesorganises a series of unusual concerts in Cathedrals.

Classic, folk, chanson française, Gregorien chant and organ ...
Listeners can appreciate a succession of different kind of music, and forget "a priori".

So the people were listening to the orchestra version of the Shostakovich's string quartet with no problem, and my daughter tells me "That reminds me of (the music of the films of) Hayao Miyazaki (Totoro, The floating castle etc... the Japanese Anime-film maker)." … oh, yes, but... "Shostakovich was earlier than Miyazaki!!"

(That happens often. Another day, a friend said to me "That is like Disney, that music." and I had to remind him "No, Disney used Dukas' Music! Dukas was the first!")


A poetic lighting was organised in the choir part of the cathedral suggesting appropriate atomosphere to each pieces.
Suddenly came was the sunset, increasing the intensity of its orange through the high windows. More powerful than humain electricity, it impressed us by the burning depth of the colour.

I and my daughter, who took the photos, left before the end of the pleasure lasting evening.
The white outside walls of the Brussels Cathedral was also painted in gold.

035.gif
[PR]
by momoyokokubu | 2011-05-31 06:30 | 鍵盤楽器