おるがにすと・クロニクル Chronicle of an Organist

momokokubu.exblog.jp
ブログトップ

ブルーベルの森サイト | Forest of Bluebell

035.gifIn English below035.gif

ブルーベルの森サイトをご紹介します。

ブルーベルの森

今回の夏の帰国で7月16日に弾かせていただく演奏会の企画をして下さっている関幸子さんのサイトです。

オルガンの好きな人の輪!

を広げるための企画を考えていらっしゃるということで、なかでも

「お届けコンサート」

はスゴいアイディアだと思います。

なにしろ学校とか病院とか老人ホーム?とかに「オルガンコンサートをお届け」しちゃうんですから、一体どうやるのでしょうか!!!

そこはわたしもとっても注目しています。

ウェッブマガジン第一号の「オルガニストの輪」のインタビューに答えることになって、
「やってみたいことはなんですか?」という質問に
「移動式のオルガンをオルガンのないところに持って行って演奏したい!」と答えていた私。
それは突然「ぽっ!」と頭に浮かんだからそう答えたのですけれど、

私と関さんとまるでテレパシーでつながっていたとしか言いようがありません。

「そういう答えを出せ!」というエネルギーが関さんから発せられていたとしか思えない017.gif

今回はまだわたしは移動式コンサートは予定していないのですが。。。

(そういえば、ここで、久々に顔マークが出ました053.gifそうなるといっぱい使いたくなりますね001.gif

ブルーベルの森は、実際にベルギーにある森のことで、春に1週間ぐらいだけ見ることの出来る幻想の世界です。一度行くと一生忘れないぐらいの不思議な雰囲気のある森です。フォーンのタムナスさんとか出て来そうな…(下半身が馬の人ってなんて言うのでしたっけね…)

ベルギーに3年間住んでいらっしゃった関さんファミリーとは、ブリュッセルの日本人学校補習校で餅つき委員(私)&保護者会委員長様(関さん)という関係で知り合い、同学年の子供と、音楽もからめたおつきあいが始まりました。

関さんはオルガンがとても上手です。
アマチュアとはいえ、オルガンの心がわかる、演奏家だと思います。
否、アマチュア、の意味は「それを心から愛している」ということ060.gif
アマチュアの方にはプロも顔負けの熱意があるものです。

ブリュッセルでは、いろんなオルガンでレッスンもしました。

他の日本人のオルガンの生徒さんと一緒に、各家庭によって微妙に作り方が違って美味しい持ち寄り餃子パーティーもしました。ものすごい数の餃子を食べましたね003.gif(子供たちが「餃子をおなかいっぱい食べたいよう!」と言ったのでしたよね)

そして、関さん家族がベルギーから帰国するとき、うちでお別れ会をして、旦那様や息子さんもそれぞれ楽器を持ち、夫や娘も一緒にみんなで「ラ・フォリア」変奏曲を弾いたこと。だんだん合うようになって、最後は「もっとやろうもっとやろう!」という感じだったのにお別れでしたね。

だけどいろいろなことがひとめぐりして、「また何か一緒にやりましょう!!!」
と心がぴぴぴっ!!と繋がったので、コンサートを出来ることになったのだと思います。
その中で、震災のことなども分かち合える機会になっている。

松本記念音楽迎賓館では、ベルギーの、小さいけれど素敵なオルガンとチェンバロで演奏会をします。ベルギーの名産のものもチャリティー販売したりすることになっています。

このブログでも、ゆっくり順番に、その日に登場するものをご紹介していきたいと思います。

なんだかだんだん楽しみになってきました!!!!!










にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村



035.gif

This is a website of "Forst of Bluebell".

Bluebell-no-mori
035.gif

Unfortunately written only in Japanese for the moment, Yukiko Seki has started the site and hopefully she will include pages in English soon.

She has lived in Brussels for three years with her family and that was how I met her.
My daughter and her second son were in the same class at the Japanese School in Brussels, taking lessons on the Saturday mornings.

As she had been learning organ in Japan, she started taking lessons with me until they moved to Japan and we stayed in contact. Since this year, she has started an activity to organise organ related events in Japan.
As an objective, "Familialising with the pipe organs", a great challenge, as the organ is still not so well known as an instrument.

I have answered the "organist's interview" vol.1 on the website, and she is planifying my recitals in Tokyo this summer.

If you happen to be in Tokyo, you are sincerely welcome : I will speak about the programme during the concert in English as well.

Here sre the details:

Date: 16 July 2011 (Saturday)
Time: 14:00~ and 16:30~ (two identical recitals)
Venue: Matsumoto Kinen Ongaku Geihinkan
Address: 2-32-15 Okamoto, Setagaya-ku, Tokyo ("Seijo-Gakuen" station of Odakyu-line)
Theme: All Bach Recital around the works in c minor
Ticket: 2500 yen
Contacts:
*Matsumoto Kinen Ongaku Geihinkan : tel. 03-5276-6823
or its site: http://ongakugeihinkan.jp/
*Bluebell no Mori by e-mail : info@blubelle-no-mori.org


060.gif060.gif060.gif060.gif060.gif060.gif

Invitation to "All Bach recital around the works in c-minor"


I was grown up in Tokyo and studied music in London to become an organist. I am now making it a life time work to do interpretation of organ music by visiting the historical organs and playing them elsewhere in Europe.

I will come to Japan in July this year to perform two concerts at The Matsumoto Memorial Guesthouse in Tokyo. The programme will include the pieces around Bach's organ trio sonata in c-minor. On this occasion, I am happy to be able to release a CD of the above title which will be the second issue in a series.

There will be a mini-charity sale after each concert to raise the fund for the victims in northeast earthquake in Japan. The homemade Speculoos, the popular Belgian cookies, will be sold on the spot.

Simultaneously with this event, one of twelve oil paintings in a series entitled "A parable of Jesus Christ" by the Belgian painter and stained glass artist, Jan Goris will be on exhibit and available for sale as well as a set of twelve reproduced picture postcards on the paintings.

Also exhibited will be some of the photographies entitled "the Fifth Season" by Louise Harvey, the Canadian photographer living in Brussels. She has chosen subjects of Japanese scenes. The framed photographies and sets of 15 reproduced picture postcards will also be on sale.

All of the above settings in the event are arranged by my friends in Belgium and Japan in collaboration with the different organisers who wish to support the charity.

The concert begins at two o'clock and at half past four on Saturday afternoon of the 16th July in the cosy hall of a capacity of 50 seats each time. I sincerely hope that you will enjoy the afternoon listening to the music played on a Belgian-made organ, and a cembalo by a Japanese builder.

Momoyo Kokubu

e0203829_22564348.jpg

e0203829_2257281.jpg

[PR]
by momoyokokubu | 2011-05-09 17:08 | 鍵盤楽器