おるがにすと・クロニクル Chronicle of an Organist

momokokubu.exblog.jp
ブログトップ

オルガンを「漕ぐ」| "row" an organ

035.gifIn English below035.gif

e0203829_1144597.jpg


月曜日オルガンランチタイムコンサートで、「寄せ書き」を提案した、本田雅子さんは、ベルギーのアントワープ在住のオルガニストです。先週は私が両手が怒りに震えながらなんとか演奏しましたが、今週は本田さんが、今年生誕150周年にあたるエンリコ・ボッシというイタリアのロマン派時代の作曲家の知られざるレパートリーを演奏して下さり、わたしと樋笠理絵子さんのふたりで、怒濤のアシスタントを務めさせてもらいました。

45分のリサイタルは樋笠さんが3月初めに演奏したヴィドールに勝るとも劣らない、変化に富んだレジストレーションだったので、ここにうまくその音色の楽しさを表現出来ないのが残念です。お客さんもとても楽しかったことと思います。

このプログラムを本田さんが選択した当初には、冒頭が華やかなファンファーレ風で、明るい始まりという予定だったのだと思いますが、こうして『東日本大震災の寄せ書きと募金・第2弾コンサート』という形で演奏することになり、阪神大震災時に神戸在住であった本田さんの胸の中はどのようなものだったか推し量ることもできませんが、彼女はいつものように、言葉少なに「大変ですぅ〜」と言いながら、本当にがっちりと演奏して下さいました。

楽しい曲も入った、予定通りのプログラムをあえて、本田さんが魂を込めてしっかり弾いたことで、本当に聴くものの心を打つコンサートになったと思います。この日のように、一曲も聴いたことがない、というようなプログラムの時は、終わったとき少し遠慮がちに拍手が始まることが多いのですが、ボッシの変奏曲の最後のフーガがババーン!と終わったとき、拍手がぱあーっと湧いて、アシスタントに汗を流したわたしと理絵子さんもやんやの拍手に加わっていました。自分たちが弾いた訳でもないのに、アシスタントも一緒に、何か同じ乗り物を一緒に漕いで、乗り切ったような気分でした。オルガンを、漕いで、なにかをどこかに届けたというような。

e0203829_1123649.jpg


写真は、はじめの2枚は先週のもの。1枚目の写真で手前左右に銀色に見えるのはオルガンのパイプです。演奏台から先週のアシ(夫)が撮りました。
(リュックポジティフはうちはフェイクだけど)
2枚目ではターコイズブルーの募金箱の横で、みんなが寄せ書きをしているところです。
(この日撮った写真はすべてブレていた。なんでだ。)

本田雅子さん。Masako Honda
e0203829_1122367.jpg


「本日のスタッフ」に囲まれた本田さんと、ロレ・オルガンの演奏台。
Masako and assistants at the console.
オルガン、「本日もご苦労様」。
e0203829_184160.jpg




にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村



035.gif

Masako Honda has made the good proposition of Yosegaki for Japan at the Lundi d'Orgue concert for five weeks of this Spring.
Yosegaki is a Japanese tradition of collecting the words of encouragement and the signatures for a specific occasion.
Masako is an organist living in Antwerp and she played the concert of last Monday with all-Enrico Bossi program to celebrate the 150 years of his birth.
Last week, I was at the organ with my two arms heavy with anger affected by the catastrof in my country, this week I was at the side of Masako to do the assistant, together with Rieko Higasa, our organ scholar.

The registration was as elaborated as
the Widor played by Rieko in the beginning of March, the assitants had a good work to accomplish.
But the result was beautiful contrast of sounds and colourful changes.
Hard to describe but the audiences must have enjoyed it.

Starting with a great fanfare movement, the initial idea of cheerful beginning, must have been hard to carry now that the concert is dedicated to the thoughts for Japan.
Especially Masako herself was in Kobe when they had the also huge earthquake of Kansai, 16 years ago, and she knows what is like. But she proceded calmly and firmly as usual, just telling us " It IS hard.", and played a great concert.

She did well not to exchange the fun pieces against anything else, but just to play them in convincing way. We heard that she really put her soul in it, and when the last bars of the big fugue ended with full chords, the applause rose at once, which is unusual at the end of such unknown compositions. We, the assistants bursted in clapping with them as well, full of joy on our faces. I actually felt as if I was rowing a kind of boat, the boat of music, with Masako and Rieko. The organ was the boat, to carry something to somewhere.

The first two photos are taken last week.
The very first one is the view from the organ loft, and we can see organ (fake) pipes on the two sides of its frame.
In the second photo, they are signing the Yosegaki in front of the big blue charity box.
(All the photos taken last week were unfocused. Why?)

After the photo of Masako, we sat together for a souvenir, and I said in my heart:
"Well done again and thank you, Loret Organ".





035.gif
[PR]
by momoyokokubu | 2011-04-02 01:48 | 鍵盤楽器