おるがにすと・クロニクル Chronicle of an Organist

momokokubu.exblog.jp
ブログトップ

天の声 | Heaven's Voice

035.gifIn English below035.gif

Voix Célesteというオルガンのストップがあります。
Salicionalという細い弦系の音がするストップといつも一緒にペアで使います。
Voix Célesteは少し高めの音程に調律してSalicionalと微妙にずれるようにしてあるので、

じゅわ〜っ

という感じで音が震えるように聞こえるのです。

「Voix Céleste=天国の声」がこういうふうにトレモロっぽいのは、舞台でスモークをたいているような、絵画では雲がまわりにもくもく描いてあるような、そういう「この世らしくない」効果を出すということ。

でも人間の声でビブラートをかければ、オペラ歌手がオーケストラをバックにしてもなお響き渡るような素晴らしい音響効果を得られます。人間の声は天国の声?

そんなことを朝ご飯のとき夫と喋っていました。フレスコバルディの「エレヴァツィオーネ」という奉献の曲を弾く時、「必ず」ヴォッチェ・ウマナ(Voce Humana)を使うのかどうか?という話で、「なんでイタリアでは天国じゃなくてヒューマン・ヴォイスなんだ?」フレスコバルディのオルガンにはそれついてなかったって話じゃない…などの雑談。

その直後実はお葬式に参列したのですが、その85歳のおばあさんは、わたしたちの3教会ユニットで活発に活動していた、もと舞台女優だった人で、聖書朗読の仕方などをみんなにアドヴァイスしたりしていました。低めのアルトで、とにかく元気な浪々と響く声の人でした。グラン・プラスのそばの聖ニコラ教会は満員で、いつもの教会のメンバーがたくさんいる中で、ジャニンおばあちゃんだけがいない、というのが不思議なくらい、今日だっていないのにどこかに元気に座っているような、存在感がある人でした。また、残念なことに急な最後だったので、信じられないような気持ちでもありました。

ふしぎと悲しいムードにならずに、式は進行して行き、聖餐式の時にアフリカ人のナディンが、神を讃える美しい歌を歌い始めました。ところがジャニンおばあちゃんが好きだったというこの曲の第3番まで来た時に、急に声がブルブル震え始めました。

その震えの幅が、まるで測ったように四分の一音(半音の半分!)ぐらいの大きい「ビブラート」になっていて、まるでオルガンのVoix Célesteのストップを入れたみたいになってしまったのです。

ナディンは泣きながら歌っていました。それでも声量は落とさずに、すごいビブラートのまま最後まで歌い切った。

となりにいた夫と思わず目を見合わせてしまいました。

これだ。

ヴィブラートの起源。
Voix Célesteの(またはイタリアのVoce Humana)の発想。

エモーション。

心の震え。



式の終わりに棺が出て行くとき、参列者の一角から拍手がわきました。
普通お葬式ではあり得ない事です。

「でもジャニンおばあちゃんは女優さんだったから…退場のときは拍手を送らなきゃね。」

拍手は少しづつ広がって行き教会中が静かな拍手に包まれる中、棺はゆっくり外に出て行きました。

…彼女は逝ってしまったんだ。
魂よ、安らかに。
天国に入ってこれからもわたしたちを見守って下さい。




にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村



035.gif

Voix Céleste is an organ stop.
It is designed to be used in combination with a Salicional stop, the narrow string type stop.
The slightly higher tuning of the Voix Céleste against the Salicional makes the effect of "not well in tune" and creates the vibration.

Voix Céleste=Heavenly Voice, this stop is used to express the "unearthliness", perhaps to give same sort of effect as the smoke on the theatre stage at the mystical scene or the clouds around the saints and angels in the Barock paintings.

Not earthly, but then what about the human vibrato which can be more pawerful than the entire orchestra when used by a great operatic singer?

Human voice, is the Heavenly voice?

…We were chatting over the breakfast about the registration for the "Elevatione" of Frescobaldi when we started to wonder why the Italians named the stop Voce Humana where other countries developped the Voix Céleste.

"By the way, is that true Frescobaldi did not have himself the Voce Humana on his organ? Then is it OBLIGATORY to use the Voce Humana in the Elevatione? "

etc...

After that, we left to assist a funeral that morning.

The funeral of a woman who worked a lot in our church unit of the centre of Brussels, deceased at 85 years old. She was actually an actress, and a teacher of the diction. She departed suddenly and it felt rather unreal, that she is not here today with us in the church, as usual.

The ceremony went sereinely, and during the distribution of the Bread, an african singer sang.
A beautiful voice, singing to glorify God... and at the third verse, the voice started to vibrate, as if somebody has pulled the Voix Céleste stop of the organ. The voice vibrated so pricisely, almost of a quarter of a tone (the half of a semi-tone!!).

Nadine, the singer, was crying.
But instead of weakning, she sang in her full voice with a massive vibrato up to the end.

I just looked up to the eyes of my husband sitting next to me: that was it.

The origine of the vibrato!
Invention of Voix Céleste, and Voce Humana!

Of the emotion.
The vibration of the soul…



When the mass ended and the coffin was about to be carried away, an applause surged from a group of women. Very unusual, at a funeral!

"Janine was an actress. She is retiring from the stage, we must applause her."

As the coffin slowly advanced, more and more applause spread in the church like a calm wind.



I felt " She is gone."

Should her spirit rest in peace.
Look over us, from high where you are gone.












035.gif
[PR]
by momoyokokubu | 2011-02-06 08:54 | 鍵盤楽器