おるがにすと・クロニクル Chronicle of an Organist

momokokubu.exblog.jp
ブログトップ

光の祭り |Chandeleur

035.gifIn English below035.gif

今日の夕方、「光のお祭り,Chandeleur」と言われるミサで奏楽しました。

ブリュッセルの近郊から集まった尼僧の方たちの集会で、全員がろうそくを持って入場。
ベルギーの大司教レオナール司祭がドメニコ派修道院で行ったもので、始めはどうしてそこのオルガニストではない私にお鉢が回って来たのかな。と思っていたのですが、弾き終わった時に、

「女性のオルガニストが伴奏してくれて嬉しかったです!」

と言ってくれた尼僧の多かったこと。

男でも女でも全然関係ないようなのに。
だってもしわたしが隠れたオルガン台で弾いていたら気がつかないで済んでしまうのだから。

逆に今まで、何度と無く、
「あら!男のオルガニストじゃないの?」
と、「女性の」合唱団員や教会員にがっかりされて15年。

ベルギーでは女性のオルガニストも少なくないはずなのに、やっぱり女の子は…と、(それも主に)女性に言われてしまうところをみると、男性に頼りたい、しっかりした人雰囲気の人がいないと心配。というような気分があるのでしょうか。また、単に素敵な男性に弾いてもらうのが楽しみだったりして054.gifそれで女性オルガニストが来たらそりゃあびっくり、がっかりしちゃうでしょうね。

ところで本日は終わった後、
「わざわざ、女のオルガニストに頼もうかな〜と思ったのですか?」
とわたしを雇った神父さんに訊いたら
「もちろんそうだよ!まずももよに頼もう、って思ったからね!」

そうか。。。

ここでわたしは悟った。

何が理由でも、頼もう、と思ってもらえるうちが華だと。
男とか女とか言われてももう気にせずに、仕事できるうちが幸せよと思う事にします。

明日の昼には自分の弾いている教会での光のミサ。

その日はみんなクレープを食べる習慣があって、教会に行かない人もクレープをみんな焼くみたいです。明日(もう?!)水曜日、自宅にピアノに来る若い人たちのために、朝クレープの種を作って冷蔵庫に入れておき、自分たちで焼いてもらうことにしました。そしてミサから帰ったら私の分も一枚ぐらいあるかもしれないから019.gif

でも今夜はそれにヒントを得て?和風クレープ?ということで、お好み焼きを食べました011.gif

それにしてもどうしてクレープなんだろう…
ほんとなら種まきの日ですよね…


にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村



035.gif

035.gif
[PR]
by momoyokokubu | 2011-02-02 08:05 | 鍵盤楽器