おるがにすと・クロニクル Chronicle of an Organist

momokokubu.exblog.jp
ブログトップ

オランダ語初授業 | The First Flemish lesson

035.gifIn English below035.gif

自宅から歩いて2分のところに、巨大なガラスのエレベーターがあって、ブリュッセルを遠くまで見渡しながら最高裁判所の前のポエラート広場に昇れます。

夕方、縞の肩掛けバッグに筆箱とノートを入れ、最短距離と思われるこのエレベーターのルートで近所の小学校へ。夜間は英語やオランダ語、フランス語などの語学学校に使われています。


先々週フライングしたけど今日はついに本当の授業日でした。
一番初級のオランダ語のクラスへ行ってみると。

教室に入ったら30人ぐらい生徒がいました。

先生はものすごく声が大きくて、発音の隅々まで聞こえます。

私は眼鏡をかけていたので(コンタクトだともっとよく見えるんだけど)前の方に座ったら、耳栓をしたいぐらい大きい声でした。でもその声の大きさは超インパクトがあって、フレーズを覚えやすいかもしれない。

初回からどんどん会話の練習が入り、となりの人などとダイアローグをみんなの前で言わなくてはいけないので、みんなの顔を見たり名前を何回も聞いたりできました。

休憩の後、出身地と何語を喋りますか?という質問と答えがあり、生徒はそれぞれ

フランス、スペイン、ポルトガル、中国、日本、ルーマニア、モロッコ、カメルーン、イタリー、スイス、チェコ

の出身であることが判明。すごい005.gif
ベルギー人はさすがに(特にブリュッセル)小学校からオランダ語必修のため皆無でした。

フランス人は4人いましたが全員トゥーロン出身者!それもふたりを除いては偶然ということで、休憩時間に結構盛り上がっていたみたいです。ふたり一緒に来ているトゥーロン出身者は音楽の学生っぽい雰囲気でひとりは首に痣があったので、ブリュッセルのフラマン系音楽院の学生だろうと思ったらやっぱりヴァイオリンを隠し持っていました(隠してないか)。

わたしのとなりはモロッコ人のエリアス君。メンデルスゾーンのオラトリオにちなみ(密かに)一気に名前を暗記。少しオランダ語が既に出来るようなので頼れる若者。私の名前はエリアス君も先生もなかなか覚えられませんでした。アフリカ人の名前みたいだもんね。それで日本人だからギャップが…(選挙のときアフリカ人候補者から"ミスターコクブ”宛にお手紙が来ちゃうくらいアフリカっぽい名字らしい)

間違えて冬のクラスの授業に来てしまった2週間前、この同じクラスには6人しか生徒がいなかったけれど、このクラスは最後まで30人で持つのでしょうか?

はたしてわたしは最後までちゃんといけるのかっっっっ!?

6時15分から8時55分、
ながいなあ〜と思っていたら今日は8時40分に終わりました。
うっれし〜(早くもやる気が…)

2時間を週2回ってまるでベルギーの音楽院のソルフェージュみたいです。
先生も同じぐらい声張り上げてるし…

Dag!
Tot ziens...

さよなら
またね。


にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村



035.gif

By going up in the glass escalator at two minutes walk from my home, I can look through the whole Brussels and reach the top where Place Poelaert opens in front of the Justice Palace.

The school for the evening classes is situated quite close to the place.

The first Dutch class has started and I met the teacher with about 30 students.

The teacher is a woman of a certain age but energetic with such a big voice.
Because of my view with my old glasses (I had no contact lenses yesterday) I sat in the front row.

I thought I needed earplugs...

But at the end it was good to be able to hear every detail of the pronounciation, thanks to her huge voice.

We had to conversate from the beginning, telling names and where we lived, in front of everybody, two by two.

A good way to remember names of the collegues!

My neighbour is called Elias, I memorised quickly recalling Mendelssohn's oratorio.
But memorising my name was not an easy job for him, nor for the teacher!
I have an African name, in the Belgian standard (?).
I receive electoral letters from african candidates, politely addressed to "Mr. Kokubu".

After the pauze, the exercice was to say which country were we from.

It came up that France, Spain, Portugal, China, Japan, Romania, Morocco, Cameroon, Italy, Switzerland, Czech, are the countries of our origines005.gif

Four Frenches were all from Toulon, but only two of them knew each other before.
They seem to discuss hot during the pauze.

Those two Toulonais looked like musicians.
Students of the Flemish part of the Brussels Conservatory?
One of them had a mark on the left of her neck.
No doute, I saw she had hid her violin under the table (not really hiding, in fact).

When I came to the class two weeks too early by accident, I saw the class being attended only by six students.

May we last in whole till the end?
Am I going to dure …?

Started at 6:15, the end was supposed to be at 8:55.
But it ended at 8:40, when I started to feel "Pffff it's long...".
Saved... !!

Two hours twice a week … makes me think of the days I had to attend the Sofège à la Belge at the Conservatory.
The laud voices of the professors are the commun point too.

Dag!
Tot ziens...

(Nice day,
See you soon...)





035.gif
[PR]
by momoyokokubu | 2011-02-01 08:06 | ひとりごと