おるがにすと・クロニクル Chronicle of an Organist

momokokubu.exblog.jp
ブログトップ

ことしの初演奏会 | The first recital of this year

035.gifIn English below035.gif

ことしは、ブログも、楽しく、短く、気軽に書こう、

と思うんですが結局長くなったり写真貼り出したらいろいろやりたくなって大変になったり、まあ、なかなかまともに続けられないのですが、特にダメ因子となっているのは、



練習しだすと「書くアタマ」じゃなくなるということ。

パソコンの「鍵盤」を見ても

字を書こお〜っと

と脳内ニューロンがつながってくれない。

(のではないか、と推察するのですが)

シャルル=マリー・ヴィドールでも弾こうかな、と思っていたのが、ひょんなことから知りもしない1番をやり始めたからもう練習が止まらず、昨日ことしの最初の「月曜日コンサート」で弾かせていただきました(やってみたら7楽章中、3楽章だけ大昔に弾いた記憶が)。


こういう、1856年のロレ製の楽器で十年弾いて来て、いまヴィドールの1番というのを弾いてみたら

「なんてロマンチックなんだろう」

と改めて発見しました。

カヴァイエ・コル以前、という感じがありありと出ている。
現代初頭、という華麗さがまだなくて、まるでこの音はレメンス先生ではないですか(ヴィドールの師はベルギー人だったのだ)060.gif


(うんしかしさいごのフーガは難解だね練習時間切れで今回は終わる前に死ぬかと思った)
上記はかっこつきの感想なので読み飛ばして下さい048.gif



話は飛びますがというかもとに戻りますが、ブログを書けなくなる新しい理由の一つなのかどうかわかりませんが、両親がベルギーに滞在中にも、何にも書く事を思いつかなかったのです。わたしは普段、特に身内に向けて書いていると言う意識はないのですが…まあすぐそこにいろいろその日のことを喋る相手がいるために満足してもう書かないのか?

一行だけ「きょうはこんなところに行った」とか写真付きで書いたって良いのにね。

なぜなんだ。

などと思いを巡らしながら、さてきょうは午後独りで時間を過ごせたし練習は休んだので、早速ブログを書いてみました。

ということで本日書きたかった事はこれです。

昨日のコンサートの聴衆に小説家の男性がいて、「感想」をメールですぐさま送って来たのが、

「音楽を聴くだけで、ここまで伝わって理解してもらえたら幸せ」

と思うような内容だったので、今年一年もそういう気持ちを持ち続けて勇気に変えられるように、ここに書いときます012.gif 

自分をさらけ出して音楽はやるものだけど、改めていろいろ言ってもらえると本当にはずかしいぐらいのことではあります。ちょこっと調節して、恥ずかしくないとこだけ、かっこいい所だけ出して弾くというのは存在しない(と、自分は思う)。

そういえば、小説家という職業も、きっと恥ずかしい思いとかすべて乗り越えて書いているんだろうなあ。

(ところでなんで英語でも書いているかと言えば日本語を自動翻訳して読む友人が可哀想だからです。昨年自分の文章をやってみたら、ほんとにすごいことになってました。喋り言葉で書いているし。いくらなんでも、と思い、少なくとも私は自分が言いたかった事を知っている唯一のヒトなので翻訳とは言えないようなものでも英語で書いておこう、と。自分の英語なんてただのベーシックだけど、わかる?わかるでしょ?と強迫してあります。)


にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村



035.gif

I have been aming to write these pages of the blog with a kind of 'light-heartedness' for a while.

A short, compact, nice, fun, etc...

But when I start sorting the photos or when things get in details, … my attitude is no more light and by the weight of it the blog will not be written daily.

The worst element it seems, above all, is my practising.

I took Charles-Marie Widor to start the year, and by coincidence, I began practising his entire first organ symphony. I remember vaguely knowing the third mouvement but there were seven mouvements in all...

So I could not stop practising, during when I do that, the keyboard of my laptop does not appear to me to be an instrument to write. It just doen't connect my word -brain-neurons (if that existes… I suppose).

As I have been playing on the Loret organ of 1856 for ten years, I was really looking at the first Widor with different eyes. It's so Romatic - it's the sound of 'before Covaillé-Coll'.

It sounds like Lemmens by times (Yes the Belgian was his teacher!), not yet brilliant like the beginning of the twentieth century.



[But: the last fugue, it's killing, I thought I was dead before the end lacking time to really finish learning it - very complex.]
So was my inner voice entre parenthèses048.gif



Change of subject, or rather, coming back to what I was saying.

The reason was newly added, of not being capable to write the blog every so often.
In fact, it was impossible to write the blog during my parent's staying at home. I whould have never thought that I was writing for my close families though... simply, I got satisfaction from telling them all things which happend on the day and it might left me nothing to write?


I was wondering when I just restarted to write the blog today, having spent the whole afternoon alone with no practice.


The thing I just wanted to say today.


Is that a novelist from yesterday's concert listeners sent me an e-mail, putting down what makes me believe this:

' A good news - only through listening, it is possible to get all sorts of things right.'

That will give me an energy to continue, when I will need it again during the whole year, so I am writing it here not to forget.

Reading that kind of remarks from listeners makes me feel slightly 'revealed' and I turn red inside myself, but it seems to me impossible to do music half heartedly.

It must be something to do with getting over the self-consciousness, being a novelist, too.

(By the way, I am only writing in English so that some of my European and American friends would not have to use the automatic translation program. I tryed to translate one of my blog into English sometime last year and I just could not believe my eyes.

I said to myself

'At least I know what I was meaning in my Japanese - even if it's rather 'incomplete' in spoken way - then I will do it myself, all the same.'

My English is BASIC. But I hope you follow me?! Yes?013.gif)












035.gif
[PR]
by momoyokokubu | 2011-01-19 07:21 | 鍵盤楽器