おるがにすと・クロニクル Chronicle of an Organist

momokokubu.exblog.jp
ブログトップ

録音のあと|After the recording

035.gifIn English below035.gif

録音から午前3時に帰った日曜日も、ミサがあったのでなんとか起きてミサと合唱の練習に行き、欠席者が多かったので練習はキャンセルになって帰宅したとき、娘が学校の宿題をひとつストラスブルグに忘れて来た!ということが発覚。

おまけにいろいろ細かい物が見当たらないので、寝ぼけていて発見出来ないのかもしれないとは思ったけれど宿題の件はまずいのですぐにストラスブルグの教会の秘書さんにメール。折り返して「全部で3つ忘れ物発見しました!」という返事。

マドレーヌのうちにも忘れ物があったようなので、マドレーヌが結局月曜の仕事帰りに宿題などを取りに行ってくれて、火曜日には投函してくれました。最後の最後までお世話になってしまった…

e0203829_5523339.jpg



こうして細かに録音の3日間の日記を書き、読み返してみて、どんなにいろいろなひとたちが「生き生きとそこで生きていてくれているか」、そのことにどんなに活力をもらっていることか気がつきました。ただ、私が頼んだことに協力してくれて有難う、ということより、もっとすごく大事なものをもらっている気がします。わたしも自分の出来る事しかやってないのですが、みんな出来る事をかたっぱしから一緒にやってくれて、一緒に笑ったり食べたり泊まったり、…そんな共同の仕事をしながら、自分の人生もきちんと生きているみんなの姿が(本人にすれば当然、と思ってやっているのかもしれないけれど)心に生き生きと映りました。

帰ってすぐまたデュルフレのレクイエムに没頭して、そのコンサートがあり、毎年恒例の、典礼の一年を締めくくる「アーティストのミサ」がカテドラルであり、ランディ・ドルグコンサートのオルガン女性作曲家のプログラムを準備して、そのコンサートがあり、産婦人科のお医者さんに行って、将来の事を話し合い、夫が口内の小さな手術で半日入院したのでつきそって、特別な食べやすいメニューを料理し、大事な友達とお茶を飲みながら会っていままでしたことのないぐらい個人的な話をし、いつも通りオルガンのレッスンもあり、ピアノの課外授業をしている小学校の校長がいきなり「いなくなり」(今のところ状況は不明)、そしてきょうはラジオの収録があったのですが、その合間にはちゃんと熱を出して寝込んだという、信じられない2週間でした。
ハードルを全部飛びきれず、いくつかけり倒したという感じで、レッスン二つと会合をひとつお休みしてしまいました。

まるで雪崩のような毎日、と思っていたら、昨日夕方、ついに初雪。005.gif

今週末はアドヴェントの第一聖日。何があっても「落ち着いて」、感謝を忘れることなく、クリスマスまで準備して行きたいと思います。

にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村



035.gif

After the short night of the return from Strasbourg, we went to the mass and a choir rehearsal, which was canceled. At this point, my daughter realised that one of her homeworks was missing ... and supposed that would have stayed behind.

The secretary of the church of Strasbourg wrote to tell me that indeed she found three lost objects. It was Madeleine who went after her work to collect them and sent us the package on following Tuesday, which we received already on Friday the same week.

I have written the diary of the past three days of the recording, and when I re-read them, I realise how much I love the way people live their lives.

It's not because they 'helped me' in my recording project, but because I had time and chance to share their lives through it. And it's all encouraging, I can't descrive why.

The two weeks which followed this happy experience gave me occasion to concentrate on the concert of Duruflé's Requiem, to assist another impressive 'Messe des Artistes' which marked the end of the liturgical year at the Cathedral, to play the Lundi d'Orgue concert with the female composer's works, to discuss future with my gynecologist, to support my husband who had a little chirurgical operation in his mouth with half a day hospitalisation, to discuss with my close friend a serious subject over a cup of tea, to give organ lessons, to discover the dissappearence of the head master from the school where I organise piano lessons, and to record one radio program.

In between, I manage to fall ill, and missed two lessons and a meeting.

I felt as if I was going through a snow storm which was not irrelevant, as we had our first snowing last evening.005.gif

This week-end sees already the first Advent.

I am telling myself to calm down, not forgetting to thank God whatever happens, to prepare the Chistmas.









035.gif
[PR]
by momoyokokubu | 2010-11-27 06:35 | 鍵盤楽器