おるがにすと・クロニクル Chronicle of an Organist

momokokubu.exblog.jp
ブログトップ

ものごいのひとたち | Beggers

035.gifIn English below!!!035.gif

数年前から教会の前に必ずいる「ものごい」のおばさんに、オペラばりの「お願いします、めぐんでくださいまし」アタックを何回されても、わたしは小銭もすぐ出せる所にないし、そこはしょっちゅう通らなくてはいけないのにそんないつもは無理だからと思い、一度も親切にしてあげたことはない。

去年あたりからわたしがミサに急いで歩いていたり地面にポスターを並べはいつくばって月曜日コンサートの立て看板を準備したりプログラムの束を持って走り回っているのを見て、なんとなく気の毒に思い始めたのかはわからないけれど、私の目をじっと見て、「めぐんでください」は言わずに「こんにちは。」と言うようになった。でも見ていると他の人にはしっかりアタックしている。

わたしもいつの間にかお互いにすれ違う時(彼女がじっと見るものだからつい)じっと目を見て「ボンジュール。」と言うようになった。

きょうも月曜日だったので自転車で白い息を吐きながら到着して、両手をこごえさせながら急いで通り過ぎようとしたら、彼女が

「こんにちは。あなたいい人ですよね。神様のご加護がありますように。」

教会の外で、それもものごいの人の祝福を受けた幸せな私。

*****

コンサートと会合のあと、夕方雨が降って来たので地下鉄に乗っていたら白いアコーディオンのお父さんとタンバリンの5歳ぐらいの息子がツィガーヌの音楽を弾き始めた。始まったとたん車両内のみんなは目を見張ってしまった。子供のタンバリンが見事だったから。タンバリンを右手で持ち、強拍は左の手の平に当てる。弱拍は複雑なリズムで手首に当てる。そのスピードたるや、出だしから「アッチェレランド」か、というようなせわしない速さなのに、強拍が「はしょる」パパのアコーディオンにすいついたように、息子のタンバリンは離れない。

顔を見ているとけっこうぼーとした顔つきのまま幼いなりに「ぼくの仕事」という感じで淡々と弾いている。向こうから背の高いおじさんが来て、

「ぼうず。なんか買ってもらうんだぞ。」

と子供の頭に手を置いて一瞬「祝福」を与えるようなしぐさをする。父親にいくらかのお金を握らせる。こどもがタンバリンを裏返してそこにいたほかの客の間を回ると思わずみんな財布から小銭をつまみだして中に入れてしまう。ちいさな直径15センチぐらいしかないタンバリンにお金が落ちると、そのたびに「しゃん。」とふちどりについているこれまた小さなシンバルが音をたてる。

何語か全くわからない言語で会話しながら、親子は中継の大きな駅で降りて行ってしまった。


にほんブログ村 クラシックブログ 鍵盤楽器へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村


035.gif

The woman begging in front of the church sings her phrases operaticly to ask money.
I am too often there to be able to give coins each time, nor have coins in easy reach.
She has been there since already some years, and she knows that I would not be giving her anything.

Now when she sees me, she says 'Bonjour Madame.'
I will say bonjour too in return, fixing each other's eyes (because she has this way of fixing me in the eyes!).

Today I arrived before the Lundi d'Orgue concert by bicycle and was nearly running to escape the chilliness in the street.

For some reason, she started ' Bonjours Madame! Vous êtes gentille. Que Dieu bénisse.'
First time to receive a blessing in the street...

*******

A boy of around five years and his father were playing Tzigane in the metro.
When the white accordeon and the little tambouring started to play, we all the passangers were gazing at them, stupefied!

The young boy's tambour, using the palm of the left hand for the beat and the wrist for the off beat, was so exellent that never stopped to stick to the music of his father, which was rapide, accelerating all the time, and strong beat hitting slightly too early.

A tool man approached them and said to the father
'Please buy him something.'
and he put his hand on the head of the boy for a second, as if to give him a blessing.
He gave some money in the hand of the father.

Young boy turned his tambour up and started to pass around between the passangers.
We all gave some money - the mini tambour of only about 15 cm diameter, with tiny cimbals around it, gave a little 'shunck' each time some coins dropped inside.

They were exchanging words in the language that I have no idea what it was, and got off at the Art-Lois station in the middle of cloud.

Music Blogs - Blog Rankings

035.gif
[PR]
by momoyokokubu | 2010-11-09 07:37 | ひとりごと